はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがなにか書いています。

はやぽんログ!

【 イヤホンレビュー】JVC HA-FXT90 レビュー デュアルドライバーは伊達じゃない



どもー今回は

JVC HA-FXT90をレビューしていきます。

自分のは限定モデルのFXT90L2です。
確か北京オリンピックの限定だったと思います。


上が高音用のカーボンナノチューブ振動板、下が低音用のカーボン振動板と二つのドライバーユニットを搭載しています。スケルトンで見えるあたりがまた、いいですね。また、どちらも口径は5.8mmとかなりコンパクトです。元はFXCシリーズで培ったマイクロドライバー技術の発展型です。

当機のケーブルは限定カラー金色でかっこいいです。
タッチノイズは比較的少なめですが、気になる人はクリップが付属するのでそれを使えばいいでしょう。

ポーチは高級感があります。

そしてこのFXT90ですが世界初のデュアルドライバーを搭載したイヤホンです。それでありながらポータブルでも音量は取りやすいです。2way にこだわらず、ユニットの特性の差で分離感を出すタイプなので不自然さが少ないことが特徴です。

このFXT90L2は全世界5000台限定のイヤホンです。色もジャパンゴールドで通常機より高級感があります。

音質レビュー Neutron Z ALAC~ハイレゾ

音質はデュアルドライバーのいいところが生かされてます。SN比が高く、解像度がかなり高いです。
高音域は鮮明で、中音域には厚みがあり、ヴォーカルは綺麗に再現されます。また、低音域も不足なくしっかりと出る。解像度不足による音が玉になることはないです。
高音域、低音域は変に強調はされていませんが、ドンシャリに感じました。
それでも、バランスはよく音楽を楽しく聞くイヤホンです。
空間表現、分離感は大口径ドライバーやBA型に劣りますがその中間
ある意味いいとこ取りをしたイヤホンといえるでしょう

フィット感は他のデュアルドライバー型のイヤホンに比べればいいです。ストレスなくつけられますよ。

自分には付属イヤーピースが合わず、コンプライを使用してますが、低音が若干強調されるかという感じです。

遮音性は高いです。爆音で鳴らさない限りは音漏れもしませんし。

今ではいろいろ出てきたデュアルドライバー搭載機種ですが、その原点に当たるのがこのFXT90ですね。出た当初はキワモノと言われましたが、現在言えることは
「コストパフォーマンスは高く、誰にでも薦められる」
ですかね。

このL2を新品で探すのは大変だと思いますが、通常版ならAmazonでも6000円程ですのでお買い得ですよ。

後継機のFXT100とFXT200が販売されました。
どちらもライブにいる感覚を謳っている機種です。
そして、限定モデルのFXT200LTDは銀コートOFCケーブルが使用されています。

発展型のライブビートシステム搭載のFXZ100とFXZ200もお忘れなく

それでは今回はこの辺で(・ω・)ノ

追記 
一部ハムスターに噛じられてしまいましたorz