はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがなにか書いています。

はやぽんログ!

【 イヤホンレビュー】SONY MDR-XB90EX レビュー アタックの強い低音と予想以上の高音域



どもー今回は

SONY MDR-XB90EXをレビュー致します。

本体はABS樹脂とアルミニウム
中々高級感もある。

本体裏 フィティングアシストのゴムが見える

コードはきしめんケーブル
XBシリーズ
XBAシリーズ
でお馴染みですね。
また、当機はコードに溝が入っています。
これにより、タッチノイズが少ないという話です。


当機はXBシリーズの最上位機種です。
低音厨にピッタリの濃密で迫力ある低音かと思います。
再生周波数帯も広く、かなりワイドレンジな音も期待できます。

MDR-EX600との比較

また、当機はSONYの上位機種ではお馴染みの16mmドライバーユニットを搭載しています。(ドライバーユニットの振動板の素材は不明)
また、SONYのイヤホンで90の型番をつけるのは 名器EX90以来だとか…
そしてXB90EXの最後のEX…
ますます期待できる。

まぁ、そんな事抜かしてる暇はない
音質レビューを始めなければ

環境はNeutron Z ALAC 直刺し

高音域はびっくり…低音重視のイヤホンの出す音じゃないってくらいクリアです。質もよく、刺さらない聞きやすい高音です。
このシリーズの上位機種は

XB40…低音命、高音なんかいらね
高音はぼわぼわの低音にもろ埋まる
低音も量で押してくる
低音厨好みの音 低音厨向き

XB41…低音重視、高音も出る
SONYらしくない高音(どちらかと言うとオーテクみたいな)金属的で固い高音
そしてなんか不自然 低音も出るのでヴォーカルが若干埋もれる。
低音は質はまぁまぁ、量は多め
低音好き、高音も欲しい人向き

XB90EX…質重視の低音、高音も自然
広がりもあり、質もよい高音と引き締まった低音のバランスが取れている
低音好き、バランスも欲しい人向き

※XB40及びXB41は生産終了機種ですのでご了承ください。

などとXB90EXは高音も素晴らしいイヤホンです。
XB41も所有しているのでそちらは
後日レビュー致します。

ヴォーカルは低音に押されることもなく綺麗に出てきます。
躍動感も感じられます。

低音は言うまでもなく素晴らしいです

低音重視のため、低音のゴリ押しと思われがちですが
低音はあくまで量より質、広いレンジで勝負といった感じです。

低い所からも出ており、アタックもある低音なので低音厨以外にもオススメできます。

空気感は16mmドライバーなだけはあります。広い所で鳴ってる感じがします。まさにライブハウスくらいの大きさでしょう。

解像度は低音重視のイヤホンの中ではかなり高いです。
普通のD型でも平均以上の解像度はあると思います。

タッチノイズはきしめんケーブルのため少ないですが、気になる人は付属のコードクリップを付ければ問題ないと思います。

フィット感は16mmドライバーを積んでおきながら高いです。
大きさを感じさせません。

遮音性は高いです。
音漏れも少ないです。


耳への収まりもよいです。
左 EX600
真ん中 XB90EX
右 XBA-H1

よく、当機種はEX600とキャラクターが被ると言われます。

両機所有してるため言えることですが

EXと付いてるせいか音の広がり方が似ています。16mmドライバーというのもあるからかな。

それ以外はキャラは異なります。
高音の伸び、全体的な解像度
ヴォーカルの艶
タッチノイズの少なさ
音場の広さ
これらはEX600の方が上です。

やはり、XB90EXは低音の質感はいいのですが…レスポンスは高くなく、低音が続くような曲では団子になる印象です。
この辺は価格差もありますが、

これを踏まえてしまうと
XB90EXのコストパフォーマンスの良さに驚いてしまいます。

正直同じ低音重視のCKS90、CKS99
よりこちらのほうが優れていると思います。

CKS90、99は高音域がオーテクらしいので自然という感じはしない。
CKS99はそれが無駄に強調されるのでなんか変な音になる。

総じてコストパフォーマンスの高い機種です。
今は7000円前後で買えるので

レンジの広い音を体験したい
低音がいいイヤホンが欲しい
バランスの取れてるイヤホンが欲しい

こんな人にオススメします。

ご購入はこちらから

SONY 密閉型インナーイヤーレシーバー XB90EX ブラック MDR-XB90EX/B

新品価格
¥6,458から
(2014/10/29 00:22時点)




それでは今回はこの辺で(・ω・)ノ