はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【 イヤホンレビュー】Final Audio Desain Adagio Ⅱ レビュー 空気感ある音はライブ音源にピッタリ



どもー今回は

Final Audio Desain Adagio Ⅱをレビューしてゆきます。
カラーは3色 当機はインディゴです。

本体はプラスチック製だが、安物感はないまた、筐体の形がジェットエンジンに似ています。

こういう風に見ると特に(笑)

プラグはL形です。

当機はFADのカナルの中では珍しい
ダイナミックドライバーを使ってます
Adagioシリーズの1番下のモデルでありながら1番個性の強いモデルです。

実はライブの環境を出すのに近い音を探していたのですが、暫くの間はXB90EXで満足だったのですが…


はやぽんのライブ音源用イヤホンの移り変わり

上の写真右から

DENON C551
Pionear SE-CL721
SONY MDR-XB41
Audio Tecnica CKS55
SONY MDR-XB30
SONY MDR-XB90EX
Final Audio Desain Adagio Ⅱ

最初に買ったカナル型がER6iだったので

(ER6iとはEtymotic Resarch社の高性能イヤホン。このイヤホンのBAユニットは日本製であのオバマ大統領も愛用してることで有名 気になった方はレビューを遡っていただければまとめてあります。)

ほぼこれで満足してたのですが、どうしても圧力のある低音が構造上出ないため
ライブ音源やクラブミュージック ロックには合いませんでした。

そこでC551を購入 結果としてクラブミュージックやロックには強かったものの
広い音場を再現するのが苦手なタイプ
その上楽器の少ない弦楽四重奏なんかはものすごく不自然に聞こえてしまうので
別のに切り替え

そこでSE-CL721を購入 こいつは安い癖にハイからローまで出る珍しい機種
クラブ、ライブ向けのサウンドと謳っていながら実は高性能な機種という…別の意味でびっくりしました。確か2010年のVPTで5000円以下の部で銀賞を取ってます。

予想外だったのでクラブハウスの音場を再現したと謳うXB41を購入

結果は概ね満足。ただ、クラシックを聞かなければ良しと言った所です
残念なのはクラブハウスより広くならない音場です。コンサートホール級の音場感は感じられなかったです。

音場感はEX310の方が広く感じたが、結構優等生サウンドのためロックとかはつまらなくなってしまう…

そこでデュアルチャンバーを謳う
オーテクのソリッドベースに目を付けました。CKS90を購入して暫くの間は満足してました。音場感、万能さからいって最強クラスでしたが2年ほどで断線…
そして販売終了…最後に見た時はCKS99より高くなっている始末…

仕方なく安くなっていたCKS55を購入
傾向は近い音だが、低音がぽわついて品がない…映画館の音響に近いかもしれない音なので反響とかが凄い。

そんなかんだで新発売のXB30に目をつけたんですが、XB90はまだ試聴できず
60と30を試聴したのですが、
60は何かつまらない…何でもできちゃう
みたいなタイプだったので却下
30は低音の量ならかつてのXB40に近い部分もあり、思い出半分で購入
エイジングが進むに連れ高音も出たが
XB41より出なかったのは誤算だった
まぁ、懐かしい音だったから良しとしたが

それから半年後…e☆イヤホンでXB90の試聴をしたら…

ピーんと何か出てきました。
CKS90に似てるでもCKS90より自然な繋がり…これだ!と思い即購入
値段も6280円で買えてラッキー
レンジの広い音…そして質のいい低音
まさにドンピシャだったのですが

一つ難点をあげれば横は広いけど縦は狭いと言った感じです。
そのため奥行きが狭いというのがありました。
これは仕方ないと半分諦めてましたが…

ある日ふと寄った電気屋でたまたま安くなっているAdagio Ⅱを試聴…
まず、思ったのが低音が広い
これは横もだが縦にも広い。これにより広い音場感を感じました。
そして中、高音域が埋もれない。

普通、重低音やライブにピッタリという
イヤホンを試聴すると8割は中、高音域を潰してしまう。ましてや、4000円以下では殆んど潰れてしまうのですが、
(潰れないのは当機とFX3Xくらいしか知らないです。)

当機は若干遠いものの、その遠さがリアルでよくホールの最前列の音を謳うのがありますが、それに比べると当機は
ホールの真ん中あたりの音に近いです


長々つまらない話をするわけには…

環境はF885直
X1050+E07K

音質としては
空気感ある低音と音場感
何と言ってもこれです。

他のことは地味に書いたのでそちらを参照に…また、他の機種に関しては何れレビューします。

実際高音やヴォーカルは潰れはしないが
隠れがちな印象です。
遠く感じる原因ですね。

ポタアンを入れるとさらにエネルギッシュな音になります。

フィット感は普通です。また、このイヤホンは付属のイヤーピースで良いバランスを保っているので容易に交換すると音が変わるかもしれません

一本目のイヤホンではまず、オススメしません。イヤホンを複数持ってるとか
ライブに最適なイヤホンと言ったら
オススメします。

それでは今回はこの辺で(・ω・)ノ