はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【 ヘッドホンレビュー】SONY MDR-7506 最強クラスの汎用性とコストパフォーマンス



どもー今回は

SONY MDR7506をレビューします。

かれこれ使い始めて3年目です。

装着イメージはこんな感じです。

頭頂部にはSTUDIO MONITORの文字が
これはSONYのプロ用ヘッドホンにしかついてない表記です。
現在は MDR-CD900
MDR-CD900ST
MDR-7506
MDR-V6
くらいしか無いと思います。
また、見た目はかの有名な
MDR-CD900STにそっくりです。
そしてこの7506だけがシールが青で
「Professional」とあります。
(900STやV6は赤で「for DEGITAL」とある)

なんかProfessionalの方が響きいいですよね(笑)

アジャスターは12段階に動かせます。
また、アジャスターにコードが露出してあるあたりかっこいいですね。

ケーブルは3.5m カールコード
ステレオプラグとミニプラグ
どちらも金メッキです。
また、ポーチが付属します。

また、本機の特徴として折り畳みができます。これで移動時にかさばることはありません。(これで移動する人は少ないと思いますが…)

1Rとの比較

ポタプロとの比較

MDR-1Rと大きさ、重さは同じくらい
ポタプロに比べれば大きいが
コンパクトになる方です。

ちなみに当機はアメリカに行くとどこのスタジオにも置いてあるそうです。

音質 今回はNeutron Z →E07K ALAC
です。
インピーダンスが63Ωでしたが十分に鳴らしてくれます。
ポータブルで鳴らすにはアンプが欲しいところです。

音質はフラットです。モニターフォンのため解像度は非常に高く
何の楽器がどのようになっているか
また、ごちゃごちゃとするような部分でも音の分離がいいため音が一つ一つ手に取るようにわかります。
若干低音が強調されてる部分がありますが、これのおかげで900STより長く着けても聞き疲れしない音です。

このためリスニングでも使える
両刀のヘッドホンです。
ですが、リスニングメインでは使わない方がいいでしょう。
当機は解像度が高く刺激的な鳴り方です。リスニングメインで使うのなら
MDR-1Rとかの方が幸せになるでしょう。

またフィット感は非常よく、長時間の着用しても痛くならないです。
元々が映像用の(カメラマン等が使う)モニターフォンなので長時間着けることを想定しての設計なのでしょう。

自分はDTMで粗探しとして使ってますが、ミキシングでも使えるかな…と思います。

また、カールコードは取り回しが良く、思ってた以上に使いやすいです。

最後に、これからDTMを始めたい
なんでも使えるヘッドホンが欲しい
スタジオモニター使ってみたい

そんな方にオススメします。
値段も10000円程で買えればお買い得です。
また、予備パーツが900STのを流用できるので保証が切れても問題はないですね。みんなAmazonで売ってますし

それではこの辺で(・ω・)ノ

追記、自分の7506が
サマリウムマグネット、タイ製ということがわかりました。