はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【 スマホレビュー】iPhone 3GS レビュー 丸いフォルムがどこか可愛い 5000円くらいなら買い



どもー今回は

iPhone 3GSをレビューします

メーカー公式サポート

アップル SoftBank iPhone 3GS 16GB ブラック

新品価格
¥29,900から
(2014/12/2 09:52時点)


ページはこちら

iPhone 3G Sになってますね

箱を開けてご対面

トップです。フロントカメラは残念ながらありません。

筐体はプラスチック製ですが、安物感は少なめに加工されてます。

本体左側 音量調整ボタンと消音の切り替えスイッチ

本体上部 ロックボタンとイヤホンジャック それとSIMカードスロットがあります。SIMカードは通常SIMです。

本体下部 30pinコネクタとマイク、スピーカーです。また、ネジがプラスドライバーで開けられるようになってます
現在の使用OSはiOS6.1.6です。6.1で動作が改善されたみたいです。

今では懐かしい通知センターからのツイート機能

ロック画面は至って普通です。


当機はiPhoneの三代目の機種に当たり、前機種のiPhone 3Gに比べほぼ全てのレスポンスが2倍以上となっています
また、HD(720p)の動画撮影が可能なカメラやマルチタスキング対応などの新機能も多く入っています。ちなみに3GSの「S」はSpead(速さ)を意味します。ちなみに4Sの「S」はスティーブのSやSiriのSとも言われています。
5Sは指紋認証からSecurityの「S」ではと言われてます。

形状はiPhone 3Gと変わらないため、3G用のアクセサリーが利用可能です。
この形が好きと言う方、意外に多いみたいですよ

新機能

ディスプレイはLG製で疎油性コーティングが施されている

磁気センサー搭載でコンパスが標準装備

ボイスコントロール

アクセシビリティー機能
(色反転やVoice Over)

スペックは

CPU Samsung APL0298C05 600MHz
Exynos 2xxxとも言われる。
(実際は833Mhzをアンダークロックにて運用) Single Core

RAM 256MB

ROM 8,16,32GB

3.5インチTFT液晶 480×320 169dpi

カメラ 300万画素 フロントは無し

GPSや光センサーなどのセンサー類を搭載

OS iOS6.1.6(最終版)


比較機種はiPhone 4,iPhone 5
iPod touch 4Gです。



まずはiPod touch 4Gですが、基本性能がほぼ同じくらいだと言われてます。

Single CoreのA4と256MBのRAMですからね。ですが、A4の方がクロック周波数が高いので高負荷な作業ではiPhone 3GSは劣ってしまいます。
ですが、RAMの有効使用領域はiPhone 3GSの方が多いのです。そのため、クロック周波数には差がありますがそこまで違いは感じませんでした。

iPhone 4と比べるとやはりRAMの容量がものを言いますね。マルチタスクとかをすると差は歴然です。ですが、動作速度となるとiPhone 3GSも負けてはないです。高負荷さえかけなければ…はい

iPhone 5ではもう別次元ですDual Core CPUに1GBのRAMですからね。
基本性能は3~5倍近い差があります。
こいつには3GSでは手の内様がありません。

iPhone 4の記事はこちらから

iPod touch 4Gの記事はこちらから

iPhone 5の記事はこちらから

まぁ、前機種からの進化点は
RAMの容量を倍増
CPUのクロック周波数の向上
カメラの画質向上
24bitカラーレンダリング対応
音声アシスタント搭載

と言ったくらいでしょう

写真は左側が24bitカラーレンダリングiPhone 3GS
右側が18bitカラーレンダリングiPod touch 2Gです。

こう見ると24bitカラーレンダリングiPhone 3GSのほうが発色が良く見えますね。

使用感ですが、iPod touch 2Gに比べるとものすごく早く感じます。でもiPod touch 2GはiPhone 3Gよりも基本性能が高いですからね。iPhone 3Gはそれよりもわるいのですかね。

iPod touch 4Gとブラウジングスピードや処理速度は大きく変わらないと感じました。

現在の環境(iOS6.1.6)でも大きなストレス無しに動きます。処理速度やRAM容量が問われるゲームは一部厳しい部分もありますが、大きく問題はなさそうです。未だに8割以上のアプリやコンテンツがiOS6対応のため、後2年は困らないと思います。まぁ、とてもメイン端末としては使えないですけど

カメラの画質ですが、思ったより綺麗に写ります。300万画素だから画質は悪いということはなくAppleらしい撮ってて楽しいカメラです。

通信については一応SIMフリー化してdocomoのSIMで試してみましたが、3G回線しか使えないのでファイルの読み込み等に時間がかかります。

あと、iPhoneにはアクセサリーが多いのも利点ですね。昔に比べて減りましたが、今でもiPhone 3G用のケースは
Amazonとかで売ってるのでとても助かります。

さて長々説明続きでしたが、この端末が凄いのは何と言ってもこれが2009年の端末なんです。他社のAndroidスマホだとOSはAndroid 1.6が主流。性能ではiPhone 3GSに並ぶが、使い勝手や操作感がかなり悪い。
まだ、Windows mobile6.1(Windows Phone 7の前)の端末とかが普通に売られていた頃の話です。

そんな頃に出た端末がマイナーアップデートを含めると2014年春までOSのアップデートが続けられました。これはとても凄いことで、他社のAndroidスマホだとせいぜいAndroid2.0~2.1のアップデートで限界です。海外版でもAndroid2.3が限界だと言います。
(Android2.3は2012年春モデルくらいまではこのOSの機種が普通に売られてた)

ですが、この機種ではiOS6の機能をフルで使える訳ではなく、Siriは非対応
などの制限も一部あります。
iPhoneの2012年モデルはiPhone 5ですね。時代が変わるのが早いですね。

現在入手される場合は中古くらいしかないですが、購入がオススメかと言われると人それぞれですね。iPod touchとして使うのならオススメですよ。
まぁ、6000円くらいと安いので格安SIMで運用も悪くないと思います。

それでは今回はこの辺で(・ω・)ノ