はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【 イヤホンレビュー】Panasonic RP-HJE150 レビュー 音は価格相当 フィット感が高い部分は素晴らしい



どもー今回は

Panasonic RP-HJE150をレビューします。メーカーページはこちら

Panasonic ステレオインサイドホン 密閉型 ブラック RP-HJE150-K

新品価格
¥665から
(2015/2/6 14:15時点)




ハウジングはプラスチック製
左には突起があるので分かりやすい

プラグはストレートプラグでコードは1.2mのY型ケーブル

バスレフポートも付いている

このイヤホン
Amazonの売れ筋ランキングを見ると
常に上位にあるイヤホンです。
お値段も安いですね
Amazonでは780円
田舎の家電量販店でも980円と
一般的に1000円以上ではあまり売られることのないイヤホンのひとつです。

実は所有イヤホンの中で1番安い機種です。(笑)

このイヤホン自体は友人から譲ってもらったのですが、本来ならゴミになりかねないイヤホンなんか貰わないです。

ですが、ある情報を聞いたので
一応貰っておくことに…

その情報とは…
このイヤホンは付属品を除いたイヤホンで、日本1多く売り上げた機種だと言うのです。

ある統計では
常用するイヤホンに掛けるお金はどのくらい?との質問にその回答が…

付属品…43.2%
1500円以下 30.6%
1500~3000円 18.1%
3000~10000円 6.1%
10000~30000円1.8%
30000円以上 0.2%

全国的に見てみますと…自分みたいな人間は非常に少ないと感じました…結構居そうなきもしますがね…
価格.comや他のブロガーさんなんか見てると、1機10万以上のカスタムイヤーとかを使ってる方もよく見かけます。

3万以上なんか全体の5%はいると思ってましたが…
まぁ、一般論では常用するイヤホンに3万はキチ〇イの領域ですからね、はい…そんなに居ないということです。

まぁ、前置きはさておき言いたいことは

このイヤホンの音=日本人が1番好みであり、コストパフォーマンスも高いイヤホンであると予想…




まぁ、聞いてみないと始まらないですね

環境はiPhone 5
音源ファイルはm4a 256kbps~waveまでを適当に聞きながら

iPhone 5の記事はこちらから

実際に聞いてみた感想として…

音が薄い…平面に近い…もはや平面とまでは言わないが、音を流すと言ったイメージである。これはいつも聞いてるイヤホンの価格帯の1/5程の価格帯でもあるので、何とも言えない部分もあるが、音にこだわる人ならこの選択はないと思います。

高音は潰れてます…最初は音源の問題かと思いましたが、音源を変えても潰れ方が変わるだけで潰れていることに変わりはなかったです。
まぁ、価格相当ってところですかね

ヴォーカルも残念ながら、躍動感や息遣いは再現できません。ただ、声が聞こえてくる感じです。ある意味無難ですが…

低音は出てるけれど質は悪いですね…
薄っぺらいので、何とも言えないですが
聞き疲れはしないです。

空間表現はものによってはBAより劣ってるかと思います。ものすごく耳元で鳴ってる感がありますので、どのジャンルもキツイと思います。

また、プレイヤーをNeutron Z+E07Kにしたところ音に厚みが出てきて、1000円の音には感じませんでした。
ですが、Neutron Z にポタアンで実質
30000円程かけているので これなら間違いなく10000円程のイヤホンを買った方がいいでしょう。

Neutron Zについてはこちらから

E07Kの記事はこちらから

音漏れはカナル型なので基本的にはしないです。外遮音性も高いでしょう

フィット感は高いですね。
てか、ここしか取り柄が無いような気もしますが…小さめなので恐らく多くの人にフィットするでしょう。

そしてなんと、このイヤホン…ステムが楕円形なんです。こんな形のステムは初めて見た…
これでは使えるイヤーピースも制約がありそうです。

何でこのイヤホンが売れるのかよくわかりませんが、まぁ、安くてフィット感がよくてカラーバリエーションが豊富だからでしょうか?また、このイヤホンのレビューで高音質と言ってる方は大体プレイヤー付属品のイヤホンからの乗り換えみたいですね。

所有してる付属品のイヤホンと比べると

昔のApple付属品や安い音楽プレイヤーの付属品よりは良い
今のApple付属品やウォークマン付属品よりは悪い

まぁ、所詮980円と言ってしまえばそこまでですが…

なので、このイヤホンを使ってる方のステップアップとしてオススメのイヤホンを幾つか紹介します。

おおよそ3000円前後の辺りを中心に紹介してゆきます。

まず、低音を浴びたい…なんて方へ

SONY MDR-XB30

JVC HA-FX1

AudioTecnnica ATH-CKS55X

高音寄りの音にしたい方へ

SONY XBA-C10

AudioTecnnica ATH-CKM500

ゼンハイザー CX275

バランスの取れた音にしたい方へ

SONY MDR-EX310

SONY MDR-EX450

JVC HA-FX3

JVC HA-FXC70

フィリップス SHE9710

なんかをオススメします。

このイヤホンで聞いているなら違いに気づけると思います。

まぁ、試聴することを勧めますが…

そうですね…このイヤホンは980円前後ということを考えればコスパは高いかもしれないが、普段いいものを使ってる人があえて買うようなものではないですね

まぁ、利点しては
安いので乱暴に扱える
改造用の実験台に使える
無くしても精神的負担が少ない

ってところですかね。
また、カラーバリエーションも豊富なので自分好みの色を見つけるのもいいですね。これは高級機にはない魅力ですから

それでは、今回はこの辺で(・ω・)ノ