はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがなにか書いています。

はやぽんログ!

【 まとめ】iPhoneのカメラで綺麗な写真を撮るには?機能と撮り方のご紹介

どもー今回はスマートフォンのカメラについての記事です。
実はこの写真もiPhone 5で撮影。ノーズームです。

Apple docomo iPhone6 16GB A1586 シルバー [MG482J/A]

新品価格
¥63,000から
(2015/4/9 13:06時点)



最近はスマートフォンのカメラの性能も向上し、コンデジ並みの性能をもつものも現れ始めました。
そのため、スマートフォンで撮影した画像や映像をSNSに投稿したりすることも私的な経験からも増えてきてると思います。

でも、ここでよく「ちゃんとしたカメラとは比べないでほしい」と言われます。

確かに一眼レフやフィルムカメラとにべると撮れる写真は劣ってきます。フィルム独特の温かみは再現できませんし、デジタルカメラのような細かい描写も比較するとお粗末なものです。
ですが、スマートフォンのカメラにも利点があります。

それは近接撮影に強いことです。

この桜もズームなしで撮影しました。使用端末はiPhone 5です。

これは一眼レフでもピントを合わせるのが難しいと言われます。そして、軽くてコンパクトなスマートフォンの強みです。


なので今回はこのスマートフォンを用いた綺麗に写真が撮れる撮り方です。

第1弾はiPhone編です。

iPhoneは他社のスマートフォンと比べてカメラ性能はかなり高いと思います。
素数こそ800万画素と最新スマホには敵わないですが、撮りやすさという面では素晴らしいです。

iPhoneで綺麗な写真を撮るには…

その1:フォーカスを手動で合わせてみる


綺麗な写真を撮るには被写体へのフォーカスが大切です。iPhoneにはオートフォーカスが搭載されているので、綺麗な写真を撮ることができます。

被写体にカメラがオートフォーカスで合わせてくれた時の写真

もちろん、これだけでも綺麗な写真を撮ることができます。ですが、ここでフォーカスを少しずらしてみます。
iPhoneでは写真のように、カメラ画面で画面内をタップするとそこにフォーカスを当ててくれます。
黄色い四角になってる部分がフォーカスを当てた部分

これを駆使すると同じ被写体でも違った写り方をします。
イヤホンにフォーカスを合わせた時の写真

フォーカスを本体に合わせた時の写真

フォーカスを合わせた位置によって写真の明るさがまるっきり変わってしまいます。これを応用するとぼかしをかけることができます。

端末のロゴにフォーカスを合わせてイヤホンを少しぼかした写真
わかりやすくぼかすとこのようになります。


残念ながら私のPCはノートですのでそこまで性能は高くありません。
このようにフォーカスの当て方で印象の違う写真を撮影することができます。
また、ピンボケの防止にもなります。
これらの操作が誰にでも簡単にできるのがiPhoneの魅力ですね。

ちなみに食べ物を美味しそうに撮影する場合は光の当て方に注意です。
ちなみに被写体は抹茶ビスケットです。

オートフォーカスで撮影

影の部分にフォーカスを当てて撮影

HDR(後述)を用いて撮影

どれが美味しそうに見えるかはあなた次第です。他にも白くぼかしを入れたりするやり方もあります。


やってはいけないのは、フラッシュ(LED)をオンにして撮影するのと、明るいところにフォーカスを向けて撮影することです。料理が暗く写ったり、変に光が入って来なくて不自然な色になったりするからです。

少し暗い店内でしたらHDR(後述)を用いて撮影することをオススメします。

フラッシュが自動になってる場合は、下の写真のような稲妻マークが表示されている。この場合、撮影時に自動的にLEDが光るようになっている。

また、インカメラで人を撮影する場合は顔認識オートフォーカスが作動してくれますので簡単にピントを合わせてくれます。

iOS 8からはセルフタイマーも搭載されたので、大人数での撮影でも大丈夫です。動きの速い被写体も連写すれば綺麗に撮れますよ。

その2:HDRを使ってみる


HDRとはハイダイナミックレンジ合成の略称で、露出の異なる写真を複数枚撮影し、それを一枚に合成することで幅広いダイナミックレンジの写真が撮れるものです。
また、iPhone 4以降のiPhoneの機能となっています。
写真の上にあるHDRとある部分をタップすると、その部分が黄色になります。

つまり、これを使うと夜景といったコントラストの差が大きい被写体を綺麗に撮影することができます。
これが、iPhoneに夜景モードがない理由です。
HDRなし(写真上)とHDRオフ(写真下)との比較。HDRオンの方が顔の周辺が明るく、足回りも少し明るくなり綺麗に写っている。

あとワンポイントですが、夜景を撮影する時はLEDをオフにすることをオススメします。

理由は夜景は街の明かりで元々被写体が明るい上に、明暗の差が激しいものになります。そのため、HDRを使った方がより綺麗に写ります。
スマートフォンのLED程度では近影の暗い被写体を捉えられるのがやっとですし、あの小さなレンズでは集められる光も限られてきますから

その3:付属品のイヤホンを活用する。


これは付属品のイヤホンが音量を下げるボタン(-ボタン)を押すと、カメラの有線シャッターになってるものです。
これを活用すれば自撮りはもちろんのこと、手ぶれの少ない写真を撮ることもできます。
このようにリモートでシャッターを切ることができる。

まぁ、iPhoneに手ぶれ補正機能が付いていないのも納得です。(iPhone 6 Pulsを除く)

また、iPhoneの音量を調節できるイヤホンならこの機能は利用可能となっています。別に付属品のイヤホンにこだわる必要はありません。

もちろん、本体に付いてる-ボタンもカメラのシャッターになるので、コンデジのような撮影感で撮影することも可能です。

その4:エフェクトや追加機能を使ってみよう


iPhoneには標準カメラに8種類のエフェクトが搭載されています。
エフェクトはモノクロ、ノアール、トランスファーなどとバリエーションも豊富

あまり需要がないようにも感じますが、シェルエットを目立たせたい時にはモノクロは使えます。
被写体はサボテン。写真上は通常撮影。写真下はモノクロエフェクトを用いて撮影。モノクロの方がよりサボテンのトゲがよりはっきりする。

このような用途以外にも、商店街の風景やレトロチックな被写体を撮影するにもぴったりです。

また、パノラマ撮影もできますので360°の広い視野も撮影可能です。
撮り方は少し面倒ですが…撮影者を中心にゆっくりとその場を回るだけです。
これが早すぎたり、ぶれたりすると…

でも、大丈夫。iPhoneのパノラマ撮影はそのようになる前に教えてくれます。
写真のように「ゆっくり」と表示される。あとは矢印からずれないように慎重に慎重に…


スクエアはそのまま…正方形の写真を撮ることができます。SNSプロフィール画像とかにはぴったりですね。

それでも思うような雰囲気にならないなら、App Storeからカメラアプリや画像編集アプリをダウンロードしてみるのもどうでしょう。無料でも楽しめるものが多いので…

その5:ズームは控えめに


私がiPhoneスマートフォンを利用してて、カメラのズーム機能というものをほとんど使わない事に気付きました。
だって…撮った写真をスワイプで拡大すればいいですからね。
むしろ、ズームした状態でピントを合わせる方が難しいです。

最近のスマートフォンは200dpi以上の画面解像度を持つ機種がほとんどです。
なので被写体が遠くてもピントを合わせた状態で撮影し、撮影後に拡大してトリミングをすればズーム写真が作れないこともないです。

その6:動画撮影は容量に注意


iPhoneは機種によりますが、iPhone 4S以降は1080p(Full HD)画質で保存されます。なのでたかが5分の動画くらい…と思っていると、あっという間に容量が一杯になります。また、5Sは120fps 6、6Pulsは240fps(fpsとは1秒間に撮影されるフレーム数のこと。一般的な映像は30fpsで十分であるとされる。)
と撮影時にさらに容量を使ってしまう事になっています。

また、タイムラプスは簡単に言うとスローモーションの逆で、長時間撮影したものを早送り再生する機能だと思っていただければ良い。
まぁ、わかりやすく言えば静止画の連続撮影をしたのをパラパラマンガのようにするものである。

これを使えば雲の動きや、星座の動きなどの動きがゆっくりしたものを撮影し、変化をわかりやすく見ることができます。


それではポイントの解説(みたいなのが)終わったところで私がiOSバイスで撮影した写真を一部ですが見てみましょう。

被写体はユリ


撮影端末 iPhone 5 (800万画素) HDRオフ iOS 8.2[
user_image 67/7b/15a1156dbb74173dfa7ca400e834f0a7.jpg]
撮影端末 iPhone 4 (500万画素) HDRオフ iOS 7.1.2

撮影端末 iPhone 3GS (300万画素) iOS 6.1.6

撮影端末 iPod touch 第四世代 (70万画素) iOS 6.1.6

被写体が均等になっていないのは私の腕不足です。これを見る感じではiPhone 3GSくらいでしたら、まだまだ使えそうにも思えますね。


撮影端末 iPhone 5 HDRオフ

撮影端末 iPhone 4 HDRオン

撮影端末 iPhone 3GS

撮影端末 iPhone 4 HDRオフ

撮影端末 iPhone 5 HDRオフ

撮影端末 iPhone 5 HDRオフ

撮影端末 iPhone 5 HDRオフ

撮影端末 iPhone 3GS

撮影端末 iPhone 5

とまぁ、下手くそな写真を何枚もすみません。1枚目の電車(115系)は個人的には綺麗に撮れたなぁと思いますが…まぁいいでしょう。

余談ですが、当ブログのイヤホンや端末
を撮影した機種は80%がiPhone 5、10%がiPhone 4 、残りの10%がその他のスマートフォンとなっています。残念ながら予算の都合上、一眼レフ等は使用していません。てか、買えません。現在はSHL23で撮影した画像が多いのでこの割合は少しずれてるかもですが…


次回は第2弾 Androidスマートフォン編です。ご期待ください。

も、もちろん端末長期レビューもしっかり続けていきますからね。

それでは今回はこの辺で(・ω・)ノ