はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがなにか書いています。

はやぽんログ!

【スマホゲーム】【ミリシタ】アイドルマスターミリオンライブ シアターデイズ 動作端末検証(Android端末 iPhone iPad)を探してみた

どもーうれしいお知らせです

 


ついにミリオンライブに手を出してくださった



ということで

アイドルマスターミリオンライブ シアターデイズ

通称 ミリシタ の推奨機種をちょいと探してみました。

 


ミリオンライブは良さみ

 



これでも筆者はミリオンのライブは2nd幕張から、ちらちら現地に行くプロデューサーだったりします。

手作りのぶどーかんは良かった。全日程BD購入で半天井までの未来が見えます。


ちなみに私。ミリオンライブは春日未来担当です

かすがみらいちゃをよろしくお願い申し上げます。

担当なのでもう1度いいますね

かすがみらいちゃをよろしくお願い申し上げます。





このゲームのシステムはリズムゲーム



3Dモデルが舞う、踊るという面ではデレステとかぶる部分もあるだろう。

ただアイドル育成の要素も大きく、従来のアイドルマスターシリーズの流れを強く引き継いでいます。


また、765プロのアイドルも登場する事もあってアケや箱からやってるようなプロデューサーさんがとても喜ぶのです。


はいかわいい


私的には手のひらでPS3アイマスをやってるような感覚です。ちょっと違うか



ああああああ!!!!!!!!



スマホでこんな光景が見れるとは!!!バンナムさんありがとうございます!


今なら事前登録ミリオン達成記念でSSR確定ガチャが引けますのでオススメです。



では、推奨デバイスといきましょう

 


ミリシタでは解像度5段階に分かれています。

デレステもリッチモードなるものが追加されたので、こちらも同じような分類になってると思います。


3D高画質

3D標準

3D軽量

3D超軽量

2D


となっています。

基本は3D標準がメイン環境となります。

3D高画質は3D標準にアンチエイリアスとエフェクト等を追加したもの


3D軽量は解像度を落として軽くしてます。

3D超軽量はさらにフレームレートを落としてます。



以下 端末検証になります。


iOS端末

 
 
 

動作要件はiOS 9.0以降

推奨デバイスiPhone 5S以降


ついに32bit SoCデバイスが切られました。

と言ってもiPhone 5Sが今年で4年落ちというのが恐ろしいものです。


こちらは以下のように別れたので記してみます。



iPhone 6S
(Apple A9 RAM2GB)
GPU Power VR GTX7600

こいつは3D標準となりました。これによりA10
A9,A9Xはこの環境になる可能性が高いです。

画面解像度が高くないことと、パワーのあるGPUのおかげで快適にプレイできます。


iPhone 6
(Apple A8 RAM1GB)
GPU Power VR GT6450


iPhone 5S/iPad mini 2
(Apple A7 RAM1GB)
GPU Power VR GT6430


これらのデバイスでは3D軽量と出ました。

A8機には3D標準のオプションが表示されるが、A7機には表示されないという仕様になっている


基本的に推奨環境なら快適と言える。また、iPhone 6で3D標準環境でプレイしたが処理落ち等はなかった。
 



Android端末

 


Android OSのバージョンが4.4以降というのが必須となります。



基本的には、Snapdragon 800世代(2013年秋冬〜2014年春夏モデル)が開発チームが意図する最低クラスなのかなと思います。

もちろん、それより前のモデルでもバージョンアップによって対応してる例もありますが動作的に厳しいと言えるでしょう




Nexus 7 2012 最終アップデートは5.1.1
(Tegra 3のためOPEN GL 3.0非対応 動作せず)


何を基準に推奨環境を分けてるかは不明ですが、だいたい以下のようになりましたのでまとめてみました。



Galaxy S7 edge
(Snapdragon 820 RAM4GB)
GPU Adreno 530

Xperia X Perfomance
(Snapdragon 820 RAM3GB)
GPU Adreno 530

HTC 10
(Snapdragon 820 RAM4GB)
GPU Adreno 530



手持ち機ではこの3台が3D標準となりました。
どれもGPUはAdreno 530を搭載してます。


このAdreno 530のグラフィック性能はPS3Xbox 360以上という化け物です。


基本的にSnapdragon 835,821,820は快適と思われます。
また、GPUが対応していればMali T880MP12のExynos 8890/8895も快適と思われます。




Xperia Z4
(Snapdragon 810 RAM3GB)
GPU Adreno 430


HTC J butterfly 3
(Snapdragon 810 RAM3GB)
GPU Adreno 430


Galaxy Note edge
(Snapdragon 805 RAM3GB)
GPU Adreno 420

Nexus 6
(Snapdragon 805 RAM3GB)
GPU Adreno 420


isai Vivid(LGV32)
(Snapdragon 808 RAM3GB)
GPU Adreno 418


AQUOS Xx2 mini(503SH)
(Snapdragon 808 RAM3GB)
GPU Adreno 418


Nexus 5X
(Snapdragon 808 RAM2GB)
GPU Adreno 418


Xperia Z2 tabret
(Snapdragon 801 RAM3GB)
GPU Adreno 330


Galaxy S5
(Snapdragon 801 RAM2GB)
GPU Adreno 330


Huawei P9
(Kirin 955 RAM3GB)
GPU Mali T880MP4


ELEPHONE S7
(Helio X20 RAM4GB)
GPU Mali T880MP4


FTJ152d(Freetel 極)
(Helio X10 RAM3GB)
GPU Power VR GT6200


ASUS MemoPad 8(AST21)
(Atom Z3580 RAM2GB)
GPU Power VR GT6430


Xperia Z ultra
(Snapdragon 800 RAM2GB)
GPU Adreno 330


Mate 7
(Kirin 925 RAM2GB)
GPU Mali T624MP4


Huawei P9 Lite
(Kirin 650 RAM2GB)
GPU Mali T830MP2


Moto X Play
(Snapdragon 615 RAM2GB)
GPU Adreno 405


Galaxy S4
(Snapdragon 600 RAM2GB)
GPU Adreno 320(第2世代)


Article SHINE Lite
(MediaTec MT6737 RAM2GB)
GPU Mali T720MP



以上のモデルは3D軽量となりました。


デレステでは3D標準分類となるOPEN GL3.1対応GPU搭載モデルもこちらに分類されています。


また、デレステでは非対応のMali T880MP4に対応してることから、MVNOでリリースされているデバイスにも対応が行き届いていると思われます。


Snapdragon 810/808/805デバイスは3D標準にも耐えうる性能を持っています。
(実際に快適でした)

Exynos 7420やKirin 950、Helio X20なども同等と言えます。


Snapdragon 801/800だと譜面によってはやや重くなることがありました。

Kirin 925やHeilo X10のようにGPUがやや非力だと動作が重くなりがちですね。


Snapdragon 600/400番台のGPUはそこまでパワーがあるわけでは無いので、高画質でのプレイは難しいと思われます



Xperia A4
(Snapdragon 801)
GPU Adreno 330


Xperia Z1f
(Snapdragon 800)
GPU Adreno 330


以上のモデルは3D超軽量となりました。
恐らく、影響してるのはGPUスペックではなく画面解像度かと思われます。

また、GPUがOpen GL3.1非対応だとこうなるみたいですね。
(3.1対応のものならHD解像度の機種でも超軽量にはならなかった。)


3D軽量となってるモデルほぼほぼてFHD(1920×1080) 以上の解像度ですので…

逆にHD解像度のこれらのモデルではこのように表示されています。

確かに、ローエンドデバイスはHD解像度の機種も多いのでこの分け方は間違ってないと言えるでしょう。


ただ、ひとつ感じたのが…

 
 
 

日本のキャリアから出てる端末で極端に性能が低いAndroid 4.4機種って無いのでは?



キャリア端末で一番性能が低いAndroid 4.4デバイスは最低でもSnapdragon 400

4.4までアップグレードできる端末で最も古いものは2013年春モデルの Xperia Z(SO-02E Snapdragon S4 Pro)かと思います。

それより古い端末はそもそもOPEN GL3.0非対応のGPUを搭載したものばかりです。

仮にもOSを4.4にできるのはNexus機を除いて、ほぼ全てカスタムROMでのバージョンアップになっています。


海外モデル(途上国向け)では古いSoCで5.0とかを動かしてる例もありますが、日本においてはかなり希な例と言えます。


そのため、日本でリリースされた端末でOpen GL 3.0非対応GPU搭載機でAndroid 4.4以上にアップグレードされた機種はほとんどありません。

例として挙げると

Nexus 7(2012) (Tegra 3)
MediaPad M1 8.0/d-01g /403HW (Kirin 910)
Stream S 302HW (Kirin 910)
P8 lite / 503HW (Kirin 620)


MediaTek SoC機はMT6592より前のモデルになります。俗にいう5番台
(MT6595はPower VR 6を登載してるので3.0には対応してる)

最近の俗にいう格安スマホだと
MediaTek MT6735M/6737Mを搭載するモデルとかになりますかね…

(MT6735/6737のクロックダウンモデル)
GPUはMali T720MP2でOPEN GL3.1には対応してますね。


このゲームがターゲットにしてるAndroid 4.4プリイン端末は2014年春夏モデルのハイエンド機が標準かと思われます。


この頃のハイスペックの条件は以下の通り

フルHD解像度パネル
Snapdragon 800/Exynos 5 Octa搭載
2GB以上のメモリ



そのため標準と軽量はスペックで分けているものの、軽量と超軽量は画面解像度で分けていると思われる。

GPUAPIだけで分類するデレステよりも合理的なスペック分類方法だと思います。


確かにSnapdragon 400シリーズ搭載機種でFHD解像度のものは少ない。

ましてやMT6735/6737はFHD解像度に対応してません。

Snapdragon 615とかに入ってるAdreno 405も性能が低いとは言われてるものの、性能的にはAdreno 320とほぼ同等である。


また、Snapdragon 210搭載機などのエントリー機ではかなりきついと思われる。


デレステ同様諦めるしかないだろう。


まとめ



ゲームとしての完成度は非常に高いです。
デレステまでとはいかないが、楽曲豊富なタイトルなだけあって曲数には困らないかと思います。



このゲームを快適にプレイするには

iOS機ならiPhone 6以降

Android機なら Snapdragon 805以降のハイエンドSoC搭載機


と言えるでしょう。


デレステ同様、GPUの性能が求められます。

そのため、GPU性能の高いQualcommのSoCを搭載したモデルが良いでしょう。

タッチキャブレターの差も極端なものは無いですね。

一般的に反応があまり良くないと言われるIGZO液晶搭載端末でも問題なくプレイできました。

だいたい分けるとこんな感じになりますかね
 


標準環境(高画質推奨)

 
 

Apple A10
Apple A9X
Apple A9

SD 835
SD 821/820
SD 810
SD 805

Exynos 8895/8890
Exynos 7420

Kirin 960

Tegra K1(64bit/32bit)
Tegra X1?
 


3D軽量環境推奨

 

Apple A8X
Apple A8
Apple A7

SD 808
SD 801/800
SD 652/650
SD 625
SD 617/615
SD 600
SD 430(機種ムラ有)

Exynos 5433
Exynos 7870?

Kirin 955/950
Kirin 935/930
Kirin 925/920
Kirin 658/655/650

Heilo X10(MT6795)
Helio P10(MT6755/6750)

Atom Z3590/3580/3560
 
 




現状バンナムさんの方で正常にプレイできないとアナウンスされてる端末

 
 

Nexus 5

Xperia Z1シリーズ

F-01F (4.4アップグレード要)

Xperia Z1はSO-01F,SOL23 D6903等も?
情報少ないですがXperia Z1f
(Z1 Compact/J1 Compact/A2)もなのかな


これらのモデルはSnapdragon 800 RAM2GB FHD液晶
(XperiaのコンパクトモデルはHD液晶)と共通点は多い機種です。

OSバージョン並びに型番等不明ですが、括り一式でダメなのでしょう…

手持ちのXperia Z1/Z1 Compact/Z ultraでは問題なくプレイできましたが、なんとも言えないのでしょうか

SHV31

こちらはVoLTE初対応のAQUOS miniですね。
SD801 FHD液晶のモデルだとは思いますが…
SHL25とかがベースなのでタッチパネルの感度が悪いのかも


503KC
KYV37

ん?京セラさんの端末か…
どちらもSnapdragon 400搭載でHD解像度のモデルになります。

404KC?が動くのに503KCが駄目なのは一体…

d-01G
SH-05G

この2機は一部動作が正常に動作しないとアナウンスされてます。

d-01GはKirin910に起因するスペック不足

SH-05Gはメモリ2GBが起因なのかな?
(SD810搭載機では数少ないRAM2GBモデル)


404KC?(Android 4.4?)
公式ページでは6.0.1とか書いてあるが、404KCは5.0のアップグレードすら来てない。

※404SHの間違えも考えたが、こちらも6.0のアップグレードは来ていない


F-04G(Android 6.0.1)
ZE551ML(Zenfone 2) (Android 5.0)

これらの環境では公式さんも動作確認が取れてるみたいです。



これによって分かるのは

・Snapdragon 400端末でも動作はする?

・画面解像度がqHD(960×540)でも動く?

・例のポンコツアンドロイドでも動く

Intel Atom(GPUがPower VRのもの)なら動く



画面サイズ


5インチクラスが標準と言えるでしょう。4インチクラスだとデレステ同様プレイしにくいことがあります。



それでは今回はこの辺で♪( ´θ`)ノ