はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【スマホレビュー】過去最高のカメラを持つスマホ Huawei P20 Pro 実機レビュー







このカメラは…

なんと話題の機種の実機を...やってしまいました。


それは




Huawei P20 Pro


この機種はなにもの?


この4月に発表されたHuawe:のフラッグシップモデルになります。


スペックはこんなもん

OS: Android 8.1

SoC: Kirin 970/2.4GHz×4+1.8GHz×4

RAM: 6GB

ROM: 128GB

ディスプレイ:6.1インチ OLED 1,080×2,240

メインカメラ: 約4,000万画素/2,000万画素
インカメラ: 約800万画素

バッテリー容量: 3,900mAh


その他: 指紋認証 防水防塵機能搭載





ツルツルのボディ



端末側面はiPhone Xのような加工になってます。



色々話題のノッチ部 iPhone Xより主張はしてないです。

こんなですが、顔認証もできたりします。




本体下部に指紋センサーを搭載。





大きさの比較に皆さんにもわかりやすいiPhone Xを置いてみました。

一回り大きいですね





Xiaomi Mi MIX 2Sだと同じくらい。




Leica in Side





とりあえず並べてみました。なんとなくサイズ感がわかるかな




こいつは史上最強のカメラを積んだスマホ




この機種...前代未聞のアウト3カメラという変態機だったのです。

しかもHUAWEIのフラッグシップといえばLaicaと共同開発したカメラを搭載


センサー構成は

モノクロ 2000万画素 レンズ f1.6

テレ(望遠3倍)800万画素 レンズ f2.4

メイン 4000万画素 1/1.7インチセンサー レンズ f1.8




なんだこのスペックは。




センサーサイズも1/1.7インチとスマホにしては例の少ない大型のものを使用しています。


このセンサーはカメラ特化スマホの名を知らしめたNokia Lumia 1020と同型のセンサーを使ってるのではなんて声もありました。



今回はLaicaのVARIO SUMMIUX 1.6-2.4/27-80を冠したものになりました。

初の光学3倍ズーム対応というのもあって、よりコンデジに近い仕様となりました。

テレ端はf2.4とメインに比べるとやや暗くはなりますが、短焦点レンズ同様の明るいものとなっています。



というよりもまずは使ってみましょう。




初音さん



商店街の裏路地



1/20 VF1 ロイ・フォッカー隊長機



夕暮れの秋葉原



とあるレストランにて



とある居酒屋にて


感想


しゅごい。いや すごい


スマホでここまで撮れるのかと...脱帽です。




オートモード


標準のモードです。

特に説明することはないでしょう。誰でも綺麗に撮影できます。



渋谷の裏路地にて



秋葉原電気街

80mmの中望遠クラスだと圧縮効果も出せる




夜景モード


こちらは衝撃の機能でした。

なんと言っても シャッタースピード 4〜6秒が手ぶれしないで手持ちで撮れる



ちょっと何を言っているのか自分でもわかりませんが、ホントにそのまんまです。

夜景というのは昼間に比べると光量が少ないため、明るく撮るにはどうしてもシャッタースピードを落とす必要があります。

ISO感度上げは明るく撮れる反面、写真にノイズが乗ってしまう諸刃の剣と言えます。



そのため、長時間の露光が必要なので必然的に三脚が必要となります。

3秒同じ姿勢を保つのは出来るように見えてとても難しいです。


過去に同社のP9で撮影した時は5~7秒ほどの露光が必要でした。もちろん三脚は必須です。




Huawei P9で撮影 シャッタースピード 5秒 ISO 100

新潟市の夜景



しかし、このP20 Proは複数の写真を組み合わせることで最大6秒相当の露光を再現したものが撮れます。


一眼でも手ぶれ補正機能を駆使して手持ちで夜景を撮影できますが、数十万の手ぶれ補正内蔵ボディに

それと同じくらい高価格である手ぶれ補正機構搭載短焦点レンズを組み合わせても、シャッタースピードは2秒が限界です。


そんななかで平気で6秒ので夜景が撮れるというのはある意味すごい事なのです。



渋谷の夜景



辰巳PAからみた臨海エリア



ワイドアパチャーモード


もうHuaweiではおなじみの機能です。

今回もf0.95~16相当まで設定可能。

あとから被写界深度を変えられる機能は今回も健在です。



渋谷の路地裏にて。

モノクロだとまた味が出ますね。




ポートレートモード


これは隠れた強みになりそうです。なぜなら3倍ズームが可能だからです。

過去にポートレートを採用した機種は2倍ズームがせいぜいだったからです。


スマホの場合光学2倍だと平均で50mm相当

P20 Proは光学3倍 実に80mm相当での撮影が可能です。

ポートレートだと35mm換算で 30mm 50mm 85mm 100mmを使うのが一般的かなと思います。


この中でも中望遠にあたる80mm、100mmでは、広角に比べると撮った雰囲気がだいぶ変わってくるため

1つの最適解とも言える結果になっています。



からかい上手の高木さん


ISO 102400の超高感度撮影が可能。


最初、プレスリリースを見た時は12800の誤植かと思いました。

ハイエンドでも6400。

カメラ強化のXperiaですら12800は使えたもののかなりノイジーな結果に

CM1の25600までいける機種で「変態」って言われたこの界隈で10万オーバーは化け物です。ド変態です。


手持ちの一眼より高感度に強いのは素直に笑うことしかできません。

(手持ち機はSONY a7ii a7)


102400だと全くの暗闇で物がわかる。そんなレベルです。



AQUOS R ISO1600

普通のスマホならこれが普通ですね。
肉眼でもこんな感じです。




Huawei P20 Pro ISO102400

バケモノかよ。

 

ノイズが乗るのは仕方ないとしてもこれはバケモノ。

こんな機能が需要あるかは別として、ここまでの高感度に耐える性能を持ってます。

それだけセンサーのポテンシャルが高いと言うか



AIの精度が初期状態から高い


Mate 10 Proのフィードバックなのかは不明ですが、画像認識精度が高い。

認識パターンは19パターンで500のシュチュエーションから選択

なんかすごい。


夜景はもちろん、花火なんてモードがあったりとかなり充実かつ補正も良好

もちろんお得意の飯テロ画像もなんのその



また、このAIは端末内の最適化も同時に行っています。

使用していないアプリを止めたり、バックグラウンド制御を抑えたりなどして電池寿命を延ばすたり

不要キャッシュを削除したりして動作が重くならないようにしてるとか。


これは先行リリースのMate 10 Proユーザーなら実感してる方もいるのではないでしょうか。



らぁめん(サンマーメン)



使用感


Kirin 970 やっと他社のハイエンドと肩を並べたか


P20 ProはKirin 970を搭載しています。

処理性能は文句なしです。Antutuでは17万点前後のスコアなので、Snapdragon 821などと同じくらいですね。

ただ、GPUはSnapdragon 835などと比較すると弱い印象があります。

Mali G72 MP12と960よりは確実に進化しましたが、まだまだ他社のものに比べると劣る印象があります。

G72の12クラスタータイプの採用で370GFLOPSクラスになりましたが、これではSD820相当となんとも微妙なところ


ただ、NPU(ニューラルプロセッサーユニット)を搭載しているので機械学習を伴うプロセスは高速と謳われています。


恒例のデレステ、ミリシタプレイは問題なく起動しました。

ただ、Android環境でのノッチはまだ対応しておらず、ノッチ部は描写されないものとなりました。


300GFLOPSオーバーですので問題なさげに動きました。



デレステは3Dリッチも動作。ただ、一部重たい楽曲もありました。

ミリシタも3D高画質にて問題なく動作。花ざかりWeekend~❁


どちらもタップずれあり。タイミング調整は必須です。




流行に乗って19:9の画面比にノッチを搭載 だがワンポイントが



ワンポイントはノッチを目立たなくすることができるのです。


iPhone Xを筆頭に生まれたノッチデザイン

先進的なデザインでもあるが、それは賛否両論



このP20 Proはノッチを目立たなくすることが可能。

OLEDディスプレイということもあって、大きな違和感なく利用可能です。

解像度はFHD+なので下手に負荷のかかるものではありません。


その他機能


防水、防塵対応になりました。日本市場を意識したのかAppleSAMSUNGを意識したのかは不明ですが

ありがたい機能です。


指紋センサーは爆速。Huaweiらしいです。

また、この機種は顔認証にも対応。流行りのものはぶち込んでいきますね。


この機種からHuaweiもイヤホンジャックが消えました。どうしてもこの流れになるんですね。



総評



カメラ機能ならこいつで決まり!


と言っても良いレベルの完成度です。



都市の夜景


コンデジが嫉妬する...なんて言ってもよいかと思います。


ハードウェアも1/1.7インチセンサー搭載


カメラに関しては

「例えばキヤノンの5D Mark 3のようなカメラに匹敵するようなモノを作っていきたい」

HuaweiのCEOは語っていました。まさかMark 3とほぼ同等クラスの高感度耐性を持つとは...




関係ない話ですが、転換期のXperiaはいつも他社の化け物が横やりを入れちゃうんですね。

Xperia Z1が20MPのセンサーを積んでコンデジ相当と言われるものを開発するが、それを超える

41MPセンサーで、センサーサイズも大きいLumia 1020のほうが先にリリースされたりと


今回もデュアルカメラでISO 51200で超高感度撮影ができるXperia XZ2 Premiumを発表しましたが、リリースは8月


高感度耐性ならスペック的にもP20 Proが上回ってるのではという前評判です。

XZ2 PのISPであるAUBEちゃんがどこまでの精度を持ってるかでしょうかね。




話は戻って防水防塵機能を備えてAppleSAMSUNGを超えたと強気に出た当機。

カメラ分野では最先端でありたいと述べた発表会


カメラベンチで有名なDxO Mark mobeilでP20 Proは総合109点(静止画114点 動画98点)をマーク

お化けであることは既に実証されているのです。


ちなみに対抗のiPhone Xは総合97点 Galaxy S9+は総合101点なのでずば抜けています。


端末デザインはどことなくライバルに似せてますが...まぁいいでしょう。

あとはお値段が高くなってしまったのはネックですね。




秋葉原電気街 中央線ガード下より

カメラ性能でこいつに勝てるスマホはいない


ほぼ断言出来ます。こう見えて数々使ってきましたが、ここまで凄いのはそういません。

このスマホと張り合えるのはPanasonicDMC-CM1/CM10のみだと思います。



渋谷センター街にて



秋葉原電気街



新潟の料亭にて

写真は全て DMC-CM10にて撮影

 

www.hayaponlog.site

 


それでもとにかく、店頭の機種を触ってみてください。


ドコモからもリリースが決まったP20 Pro

こちらはFeliCa内蔵の日本向けカスタムモデルとなっており、Huaweiの日本市場での本気が見て取れます。

ピンクゴールドと玉虫ことトワイライトはラインナップにありませんが、いずれ国内版も
出たりするのかな

ドコモ版が待てない!欲しい色がないって方はグローバル版を導入してみてはいかがでしょうか。

興味がある方の参考になればうれしいです。



それではこの辺で

※当ブログは技適未取得端末の使用を推奨する意図はありません。使用につきましては自己責任でお願いいたします。