はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがなにか書いています。

はやぽんログ!

【スマホレビュー】SONY Xperia XZ2 Premium 実機レビュー 4K HDRと初のデュアルカメラ SONYの究極が詰まった1台

どうも今回は




行ってきました。シンデレラ6th ドーム公演



11月は埼玉のメットライフ屋根付屋外球場ドーム



そして行く予定などさらさらなかった12月 ナゴヤドーム




なんてこったぱんなこった!







感想としては控えめに言って素晴らしいものでした



共に現地にはDay1しか行ってないものの、いや素晴らしい





メラドはイノタク氏の曲に殴られる展開が



序盤のRadio Happy!とクレイジークレイジーでやられました。





ナゴドは担当の尊さから見事に序盤から蒸発しました。



ありがとうございました







まぁ、ライブの感想もさておき





ソニーの新型を手に入れてしまいました






この機種とは



ソニーがIFAにて、告知したハイエンドデュアルカメラ搭載のXperia



基本デザインはXperia XZ2を踏襲して、4K液晶に初のデュアルカメラ



あらゆる常識を変えると言われた最強のカメラだったが果たしてその性能とは







Xperia XZ2で大きくデザインが変わったこともあり、評価は賛否両論分かれる結果となっている。


このXperia XZ2 Premiumも例外ではなくラウンドしたデザインとなっています



こいつの強みは


今季のトレンドはカメラ性能です。



各社この部分はかなり力を入れています。


このXperia XZ2 Premiumの強みは

最高感度 静止画ISO51200 動画 ISO12800を達成したカメラモジュールである。


とにかく夜景や暗がりに強いのです。



カメラと言えばかつてはSONYの独断上とも言われた分野。



イメージセンサーからソフトウェアの最適化まで一括で行うことから、製品への搭載がトップクラスで早いです。


4K HDRパネルも強いですね。カメラと合わせて世界初の4K HDRコンテンツの撮影、単体での再生が可能な変態に仕上がってます。

 


また、XZ2シリーズでは初の背面指紋センサーを搭載したことによって、利き手等に関係なく指紋認証によるロック解除が可能になりました。








使ってみて



化け物スペックのカメラ



静止画はISO51200 動画はISO12800まで対応



動画に関しては4K HDR撮影が可能



なにこの化け物。控えめに言っておかしい


センサーがISO感度51200までいける高感度耐性があるので、暗所性能はかなり高いです。


ISO4000くらいまでなら普通に使えます。恐ろしい


ソニーが初めて自社端末につっこんだデュアルカメラ。想像とおりの出来でした。

















見てわかる通り、夜景はかなりのクオリティで撮影できています。

ただ、ややノイジーではありますね。


また、モノクロエフェクトやポートレートもアップデートで使えるようになりました。






スペック



SD845 RAM 6GBと現行機ではかなりハイエンドの領域です。



性能面で困ることはないでしょう





それに4K解像度パネルにステレオスピーカーとエンタメ機能は最強クラスと言えます




しかもこの4KパネルはHDRにも対応。


世界唯一の4K HDRコンテンツを撮影、視聴ができる変態機です。

ただ、その流れのせいかパネルベンダーの関係か競合機種が18:9が主流になるなか、この機種は16:9比率のままとなっています。



ソニーらしい無駄にオーバースペックなところが好きです。







とここまでは文句はありません。









ちょっと惜しいところ




カメラは惜しい。登場がもう少し早ければ

綺麗な画を出せますし、解像感も文句なしです。


この機種は従来のやり方で最強の代物を作った機種と言えます。





ただ、時期が悪かった。





今季最強と言われるHuawei P20 Proが3月に発表

4月には欧州地域で販売されました。


特にP20 Proのスペックは化け物で41MP+20MP+8MPのトリプル構成


夜景モードのAI補正による長時間路光で夜景撮影は異次元の領域までいきました。


センサースペックもISO最大102400にセンサーサイズも1/1.7インチと大型




対してSONYはXZ2シリーズの発表が2月。4月には欧州、欧米地区での発売はできたものの

2月の段階ではデュアルカメラモジュール搭載機は開発中と動作する実機がなかったのです。

(センサースペックとISPのAUBEは公表されていた)



上のスペックを見手の通り、何を取ってもP20 Proが数値的にも

XZ2 Premiumより上なのです。

むしろズームレンズを備えてないXperiaが不利に立つ状況となりました。


さらにはHuaweiのカメラはLaicaの協力もあって絵作りも好評判。

SONYのカメラは良くも悪くもSONY αベース。


色を弄りやすい反面、そのままだと色のりが良くなく初心者に優しくないものが多い




結果として4月にXZ2 Premiumが発表 7月の発売が告知される。

その上で、デュアルカメラエフェクトは事後アップデートで対応という苦肉の策を取らなければならなかったことからも、P20 Proの登場でそうとう焦ったのかと思われます。


あまりに早い登場でXZ2ユーザーにブーイングを食らったりと散々な結果に

(日本ではXZ2発売前だったのでそこまで被害はなかった)









少しいじってやればこのような絵も出せる。センサーのポテンシャルは高い





これをみるとP20 Proの発表前に形になっていれば...惜しい限りです。









物理的に重い





XZ2 Premiumは物理的に重いのです。



重さは236g これ5.8インチのスマホの重さじゃありません



どのくらい重いかというと





6.4インチのXperia Z Ultraより重い(212g)



iPhone SE 2台より重い(1台当たり112g 2台でも224g)





そのため、なぞの凝縮感があります



長時間持ってると疲れてきますね





競合のHuawei P20 Proと比較。

どこかのぼったさを感じます。

 




デザインが微妙





アドビエントフローは微妙でしたね。薄型のトレンドから逆行するのもそうだが





分厚いくせしてイヤホンジャック非搭載



なぜこの位置にある。指紋センサー





これに不満を持った方も多いのではないでしょうか。





特にオーディオには一倍力を入れていたソニーだけにこれは本当に惜しい





70年代のウォークマンで定義し、グローバルにも普及した3.5mmステレオミニ規格がSONYの製品から消えるのは何とも言えない気分です。



SONYさん的にはウォークマンと連動した体験(現AシリーズはBuletoothレシーバー機能有)

を推して行くのでしょうかね。





指紋センサーは本体中央に。すぐ上にカメラがあることからよく間違えてしまう。



また、曲面ボディになったこともあって汎用ケースが使えなくなりました。

(Galaxy S9は上部にセンサーがあるのと、虹彩認証が可能なことからまだ利用できる。)







総評





惜しい。何もかもが惜しい



発売時期さえ悪くなければ覇権スマホなんて言われたかもしれないスペックです。





ほんと...SONYさんが威信をかけたモデルチェンジ機は大体横槍を入れられる



One SONYを掲げたXperia Z1は世界最高のカメラとオーディオ機能を謳いました



コンデジが嫉妬すると言われた20.7MP 1/2.3インチセンサー機で画素数、センサーサイズはコンデジクラス



高画素を生かしたロスレスズームもできました。



オーディオはWalkmanで使われてるVPTやイコライザを本格的採用していました。



イヤホンジャックも初のキャップレス防水となりました。





ところが、日本でこそ出なかったもののNokia Lumia 1020という化け物

(カメラだけなら41MP f2.2 PureViewの化け物。レンズはツァイスライセンス)



オーディオもLG G2がハイレゾ対応を謳ってどちらもSONYより先に市場投入したのです。

(G2は日本でも出たものの、あまりにも売れ行きが良くなく放置状態に)





Z1はこのような化け物の横槍を入れられながらも、他が日本ではこけてくれたり投入されなかったこともあって名器となりました。



おかげさまで「カメラの綺麗なSONY」と言われるまでになりました。





ところが、XZ2 Premiumはそうはいかず



16年リリースのP9よりHuaweiがカメラに力を入れた機種を展開。

日本でのイメージを着実に良いものとしてゆきます。





P20 Proはドコモよりリリース。おまけに価格面でも優遇な上に先発でリリース。



XZ2 Premiumは後発になる上に、どのAndroid機よりも負担額が高い始末。



結果として確固たる地位を築くことができませんでした。





今でこそ投げ売りのようなものも始まりましたが、今だに端末価格の下がらない端末のひとつとなっています。



ただ、惜しい中にも動画撮影に関してはトップクラスです。



4K HDRで撮影できるのはもちろん、ISO 12800という高感度での撮影も可能です。



意外にもスタビライザーと組み合わせて動画用のカメラとしても使うことができるレベルの仕上がりです。





結局これはなんだったのか





私的にはSONYが現状やれる限りを詰め込んだ「エンターテイメントデバイス



という風に捉えています。

 
 
最近は値段も落ちてきて多少なりは購入しやすくなりましたが、コストパフォーマンスは微妙なところです。
 
 
それでも、暗所性能の高さや4K HDRパネルなど他者にない目を見張る点は多くあります。
 
SONYが目指す「究極」を詰め込んだのがこのモデルなのでしょう。
 
それでは今回はこの辺で