はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【スマホゲーム】【ミリシタ】アイドルマスターミリオンライブ シアターデイズ 実機端末検証 2周年まとめ!

どもーあっという間にこの時期が来ましたよ。

昨年のガチャでトラウマになった6月末です。えぇということはミリシタの動作検証まとめですね。

 
とりあえず。2周年に間に合いました。
 

はい。いつもの最新端末の動作状況など、1年分の成果としてあげさせていただきます。
とりあえずFESに限定の担当にと立て続けに煽りに煽られてますが生きてます。
 

導入端末

 

はじめにミリシタリリース1周年以降にリリースされたデバイスの導入状況です。 昨年度も端末課金に明け暮れました。

 
BLACKSHARK 
 
ゲーミングスマホジャンルの到来に伴い導入。
現状かなり高い水準でのプレイが可能です。
 
 
SONY Xperia XZ2 Premium
 
ソニーのハイエンドということで導入。 9月ごろには最適化も終わり、かなり快適なプレイが可能です。え?やりやすいか?あの筐体を見ればお察しかと
 
 
 
最新のiPhoneなのでまぁね。あらゆる面でバランスが良く、イベラン勢にもオススメしたい端末の1つです。
 
 
Apple iPad Pro 12.9 3rd Gen.
 
史上最強のiPadです。スペックを見た瞬間に導入を決意しました。一部タッチ切れが報告されているが、かなりやりやすい端末の1つかと

 
 
実機の宣伝にミリシタが使われた異例のスマホ。遅くなりましたが、リリースから半年後に台湾版を導入しました。845端末の中でもかなり最適化されてると感じます。イベランいけます。
 
 
ASUS Zenfone 5Z
 
こちらも遅かれ入手。もとは非常用の端末として購入したが、845でメモリ6GBと国内リリースのSIMフリー機としてはかなりのハイエンド。
ミリシタはタッチ感度がやや難だが、貴重なイヤホンジャック搭載機
 
 
OPPO Find X
 
フルディスプレイデバイス実証動作確認機。なんといっても美しいデザインの端末。ミリシタもしっかり動きました。日本発売後に多少動作が改善された模様。
 
 
 
昨年冬にリリースのハイエンド機。非常によくできているデバイスで、長時間プレイも問題なく可能
 
 
 
3月初めに輸入。Snapdragon 855実験機にしてパンチホールノッチ実証機。ミリシタはなぜか3月の時点で既に対応。まるで誰かがGalaxy A8sなんかの国内未発売機で検証したかのよう。
 
 
Xiaomi Mi9 
 
3月導入。Galaxy S10の保険で導入していたのにまさかのS10が快適に動作。検証と言う意味では場所を失うが、端末としてのコスパは高い。
 
 
Huawei P30 Pro
 
4月導入。Kirin 980実験機。Mate 20 Proを見送ったのは高かったからです...タッチパネルにやや難有、調整必須。
 
 
Google Pixel 3
 
5月導入。Android Q Beta動作確認機
特に意味はあれですが、新元号 令和初の導入端末です。

 
 
6月導入。21:9環境実機確認機 最新バージョンにて最適化を確認。タイミングを考えてもかなり良好。
 

 
 
 

このコンテンツほど私に端末課金させたコンテンツはありません ここに書いた以外にも差分検証として

 
タッチパネルベンダーの違いによるタップタイミングの違い
プロセッサー差分の違い(SAMSUNG機のみ検証)
OSバージョン違いによる検証
32bit OS機の動作検証
 
などよくわからんものもデータとしてはあります。
 
 
 

現在の筆者の検証環境

 
 
1年前よりも実は数自体は減らしています。
 
52人ライブができる程度の数しか保有してません
 
ミリシタやるとスマホが増えるんですよ。
 
 
動作確認したのは貸出機を含めて212機種300機以上となりました。
 
皆様、本当にありがとうございます。
 
手持ちでは過去分も含めまして104機種112機となります。
 
まだまだですね。がんばります!
 

Apple環境


iPhone Xs MAX

iPhone X

iPhone 8

iPhone 7

iPhone SE

iPhone 6S

iPad Pro 12.9 3rd Gen.

iPad Pro 10.5  

 

iOS機は機種を整理したので、数としてはかなり減らしました。

iOSでは次回のアップデートであるiOS13でサポート外になるチップの検証は3月以降メインストリームでの検証はもう行なっていません。

 

一応環境としてはApple A8/A7搭載の端末自体は保有してますが、3D環境ではカクツキも多く2Dメインのプレイでないと厳しい印象が見受けられます。

 

推奨はApple A11(iPhone 8世代)以降かと思われます。 最低ラインがA10(iPhone 7世代)以降ですね。

 
つい最近発売されたiPod touch 7th Gen.はA10と言えどクロックが落とされ実質的にA9相当の性能となっています。
 
 

Android環境

 
 
SDM855環境
 
Galaxy S10(SDM855)
Xiaomi Mi9
 
 
SDM845環境
 
ASUS Zenfone 5Z
BLACKSHARK
OPPO Find X
Google Pixel 3
SONY Xperia XZ2 Premium
Galaxy Note 9(SDM845)
Galaxy S9(SDM845)
 
 
SD835環境
 
Galaxy Note 8(Exynos 8895)
Galaxy S8(SDM835)
 
 
SD820環境
 
Google Pixel(SD821)
ZTE AXON M(SD821)
Galaxy S7(Exynos 8890)
Galaxy S7 edge(SD820)
Xperia X Performance
 
 
SD810環境
 
Galaxy S6(Exyons 7420)
ARROWS NX F-04G
 
 
ミドル帯環境
 
Xiaomi Mi6X(SD660)
SHARP AQUOS R Compact(SD660)
Moto Z Play(SD625)
Jelly Pro(MT6737T)
 
 
HUAWEI機環境
 
HUAWEI P30 Pro
HUAWEI P20 Pro
HUAWEI P10 Plus
 
 
その他検証機
 
Nexus 9 Tegra K1 64bit
 
 
32bit環境検証機
 
SONY Xperia Z3 Compact(SD801)
 
 
 
現在、メインストリーム検証は64bit SoCにて行っています。
32bitのものでも一部検証は行ってますが、環境によってはカクツキも見られ始めてるのでそろそろ限界かと思います。
 
基本的にSDM845/855搭載モデルを中心に拡張してます。
ひと通り国内リリースモデルでは貸出機なども含めて実機でのプレイはしてます。
また、HUAWEI機のハイエンド帯は64bit環境のみとりあえず揃えております。
 
 
推奨はSD835(MSM8998)以降となります。高画質モードメインならSDM845以降が推奨されますね。
 
 
 

最新環境について

 
主に2019年リリースのSnapdragon 855搭載端末にて検証していただいたものです。
 
 
Galaxy S10シリーズ
Xiaomi Mi9
Lenovo Z5 Pro GT
LG V50 ThinQ
BLACKSHARK 2
VIVO ICOO
OnePlus 7 Pro
 
 
 
実は4月に書いたときに比べて大幅にデータが増えました。ありがとうございます!
今回はその中でも日本でもリリースされる以下のモデルについてピックアップしますね。
 
4月に書いた記事はこちらです。合わせて読んでいただけると助かります。

 Snapdragon 855

 
 
SAMSUNG Galaxy S10シリーズ(SDM855版/Exynos 9820版)
 
パンチホールカメラにはUI調整含めて対応済。画面としはS10e/S10の単眼とS10+/S10 5Gの二眼にも対応Exyons 9820版も問題なく動作するが、タップタイミングなどに多少のズレがある。
 
また、S10 5Gのパンチホールにうまく最適化されてないことが報告されている。
 
Ver 2.000.00にてSDM版は最適化済み。全機イヤホンジャック搭載済みなのでリズムゲームには最適なモデルのひとつ。
 

日本では既にキャリアからS10とS10+がリリース済み 

 

 

 SHARP AQUOS R3 

 

発表の場でUNION!!13人ライブベンチがされていたことで話題に。デュアルノッチにはR2 Compactで対応してたので、同じく対応済。 

120Hz対応の高フレームレート液晶を搭載した意欲的なモデルで、こちらもイヤホンジャック搭載。 日本では楽天モバイルを除くキャリアよりリリース済み 

 

 

 SONY Xperia 1  

 

21:9環境は日本未発売のXperia 10シリーズで動作確認済み。

海外モデルもリリースまもないため、他モデルに比べてデータ少なめ。

 こちらはSONYが送る21:9の変態アスペクト比端末です。SONYらしい良い意味で頭の悪いスマホとなっておりますが、、 残念ながらイヤホンジャックはなし。

 

日本では楽天モバイルを除くキャリアで6月14日にリリース済み。 最新バージョンでの最適化を確認してます。  

 

 

 BLACKSHARK 2 

 

キャリア販売はないものの、日本投入が確定したゲーミングスマホです。

Xiaomiが出資した企業が製造してることもあり、UIはMiUIベースとなっている部分もある。 日本版は最上位のRAM12GBモデルのみの投入。

 筆者的にはゲームするなら現状最強クラスのAndroid端末で間違いはないと思う。

 

 

日本では6月9日にリリース  他にもASUS Zenfone 6(2019)やOPPO Reno 10x ZoomなどのハイエンドSIMフリー端末も国内投入が予想されます。

 

HUAWEI(HiSilicon)Kirin 980 

 

 

こちらはHUAWEIの現行最新チップとなります。Kirin 980搭載のHUAWEIの最新モデルにはミリシタも対応済。 日本でもリリースされたMate 20Proのおかげですね。 

GPU Turboの動作も確認済み。うまく入ると相当のパフォーマンスが出ますが、機種によって差がある模様。 

 

動作報告モデル

P30 Pro/P30Mate 20Pro/Mate 20XHonor Magic 2  

 

また、日本発売機だとP30のみイヤホンジャックが搭載されています 

 

 

その他手持ち検証

 

 

iPhone XでのiOS 13 Betaでの動作確認

Google Pixel及びPixel 3によるAndroid Qの動作確認

SDM845環境におけるメモリ搭載量による安定動作の検証  

 

 

 画面比率によるプレイ環境の差分   

 

現在はiPhone Xをはじめとした18:9比率に近い画面が主流になりつつあります。

 ノッチのような切掛けディスプレイがあっても、基本的には18:9の比率に近いと言えます。

 

 16:9の端末からだとやはり横に広くなった感覚になりますね。

 

 

 譜面的には基本、16:9の端末と同じようにプレイできますが、少し上が狭い印象を受けるでしょう。 結果としてノーツの見える時間が数フレーム単位ですが短いです。  

 

タブレット端末はiPadをはじめとした4:3とAndroid機でよくある16:9がまだまだ主流です。18:9はなかなか出ないですね。

 

 Galaxy S8シリーズが18:9の走りでしたので今年で2年でしょうか。2年であれだけの端末が18:9ベースに移行したのはすごいことです。 これからはXperiaシリーズが21:9というさらに横長にシフトしてるのでどう変わるかは見ものですね。

 

 

  ゲーミングスマホってどう?  

 

 

 昨年あたりからゲームプレイに特化したスマホとして一部では話題になってるものです。

Razer Phoneをはじめとしたゲーミングブランドからのリリースが多く、主な特徴としては

 

・高フレームレートパネルを搭載した画面

・フラッグシップの性能

・反応速度の良いタッチキャブレター

・排熱性の高いボディや液冷方式をはじめとした、協力な冷却機能を備える

・ゲーミング機器のようにやたらと本体が光る 

 

 

などが売りの端末となってます。 

 

現行でリリースされてるのは以下の通り

Razer Phone 2

ASUS ROG Phone

BLACKSHARK/Helo

BLACKSHARK 2

VIVO IQOO

ZTE nubia RedMagic mars

ZTE nubia Red Magic 3   

 

 

うち日本で正規販売されてるのはROG PhoneとBLACKSHARK 2ですね。 

 

 

 HUAWEIではゲームプレイが売りでGPU Turbo搭載の大画面モデルHonor Playシリーズをリリースしてたりしてました。 

 

筆者も、ものの試しに昨年BLACKSHARKを導入しました。

タップの反応の良さはほぼiPhone並みと言えますので、かなり快適にプレイすることが可能です。  特にゲーミングスマホの強みは「長時間安定して使える」ことですね。

 

 BLACKSHARKでミリシタですと、UNION!! 13人ライブで高画質モード。難易度MMで5回くらい連続で走っても処理落ちはほとんどないです。 

 

また、発熱しても冷却スピードが早く、2分ほどで57℃ほどあったものが45℃程度まで下がります。 恐らく、ROGなんかも同じような傾向かと思われます。 個人的にはこの手のゲーミングものもアリだと思いますが、価格も上位グレードなのでここまできたらiPhoneでもいいのでは。と考えさせられますね。ゲーミング以外の性能は結構ダメだったりしますし...  

 

 

 今ミリシタやるならどんな機種がいいの?   

 

 

 

簡潔にまとめるとこんなところです

 

 Apple iOS

 

A12世代

iPad Pro 3rd Gen.

iPhone Xs MAX/ Xs /XR

iPad Air 3 iPad mini 5  

 

 

A11世代

iPhone X(高負荷時発熱あり)

iPhone 8 Plus(高負荷時発熱あり)

iPhone 8(メモリ不足感あり)

 

A10世代

iPad Pro 2nd Gen.

 

とりあえずApple機はこんなところです。主な選定理由としてA12世代は基本的にバケモノです。  

A11世代も実質的にSD845相当の性能があり、普段使いには困らないと思います。

 

ただ、高負荷時に発熱して処理落ちすることがあるので注意。 

 

 A10世代はiPad Pro向けのA10Xくらいがまともに戦えるところでしょうか。GPU性能はA11を超える性能を持ってます。

 

 

 A10端末は解像度を落とすなりの対応をすれば、ゲームプレイ自体は問題なくできます。  そのため、iPhone 7シリーズなどをお使いの方は3D画質の解像度設定を低くするとより快適にプレイできます。

 

Android

 

 

Snapdragon 855世代

Snapdragon 845世代

Snapdragon 835世代※(画面解像度による)

Snapdragon 730世代※(画面解像度による) 

Exynos 9820世代

Exynos 9810世代

Kirin 980世代 

 

 

 とりあえず新しいハイエンドモデルを買うことに越したことはありません。    

 

 

SDM855は今年リリースのハイエンドモデルに搭載されています。使ってみた限りでは極度の発熱は感じません。

 基本的にメモリは6GB以上のモデルがほとんどとなりますね。

日本では今月より搭載機が出揃う印象です。

 

アプリとしてもVer 2.0.000にて国内モデルへの最適化もほぼ終わり、2周年イベント前の駆け込み端末課金にもなんとか間に合いそうです。  

 

SDM845は昨年リリースのハイエンドモデルに搭載されています。機種によっては発熱を感じるものもあります。購入される場合は、発熱対策がなされてるモデルをチョイスすると良いでしょう。 

 

日本でリリースされた端末は4〜6GBのメモリのモデルが多く、OPPO Find Xなどのウルトラハイエンド機には8GBのものもありました。

特にミリシタでパフォーマンスデモプレイが行われたSHARP AQUOS Zeroなんはプロデューサーさんにも記憶に新しいモデルになりますね。 

 この世代からXperiaをはじめ、いくつかの機種でイヤホンジャックがなくなりました。イヤホンを使われる方は変換アダプタをお忘れなく。

 

SD835はそのさらに前のモデルに搭載されていました。比較的発熱は少ないですが、さすがに2年落ちとなりGPU性能など3D画質によっては厳しい部分も見受けられます。 

日本でリリースされた端末はほとんどが4GBのモデルでした。 

ミリシタでは13人ライブの高画質モードを難易度MMで走るには少々厳しいと感じますね。

ただ、この頃のモデルはイヤホンジャック搭載機も多い世代なので、端末の解像度を調整したり、3D標準画質でプレイしてあげれば問題なく使えると思います。 

 

また、解像度はFHD程度までのモデルが好ましいかと思います。2Kクラスだとやや引っかかりを感じました。 Galaxyシリーズのように描写解像度を変更できるモデルは変更が推奨です。

 

SDM730は今季のミドル帯のSoCになります。実性能はSD835相当とのこと。

現状搭載機がRedmi K20/Xiaomi Mi9tくらいしかないのでなんとも言えませんが、SDM730Gと呼ばれるゲーミング最適化済みのものもあるので今後は期待されます。  

 

 

Exyons 9820/9810はそれぞれGalaxy S10/S9世代のものとなります。どちらも欧州版か韓国版での搭載となるので日本ではあまりお目にかかれないものかと思います。

 

ARM Mali GPU系のGPUの対応がやや遅いので最適化には時間がかかる印象がありますね。

 

Kirin 980は今季5HUAWEI機搭載ハイエンドチップとなります。 実性能的にはSD855とSD845の中間程度。Mate 20 ProやP30のリリースのおかげか、ミリシタも対応済みかと思われる。

 

筆者がP30 Proで試した限りでは、タイミングは0(タップ音ズレ有)となった。   

 

 

その他検証結果   

 

 

タップタイミングの突き詰めはかなり難しいです。同じ端末、同じ環境でも若干の差があるため確実にこの数字と断定ができません。  

保護フィルムなんかでもタイミングが若干変わったり、常駐アプリの有無などでかなり変わると見てます。

ノーツ抜けについては端末の個体差も関わる部分なので一概に優劣がつけにくい状態です。  また、ノーツが抜けるからと言って返品交換も難しいものだったりします。 

 

これに関してはある意味運な部分もあるような気がしますね。 対策としては発熱しやすいケースなどは外す。不要なアプリは終了させる等の細かいところからやってみると良いでしょう。   

 

ミドル帯端末   

 

MVNOなどでリリースされることも多い機種です。俗に言う格安スマホですね。 主にSD600やSD400シリーズを搭載してることが多く、高画質環境では厳しい部分が見受けられます。 

また、タッチパネルの感度があまり良くないモデルが見受けられる印象です。

そのため、ミリシタをがっつりプレイされる方には不向きかと思います。

 

 ただ、ミリシタのプレイ自体は可能なモデルも多く、割り切りができる方向けと言えばよいでしょう。   

 

 

とりあえず筆者のオススメな推奨機   

 

 

iPhone Xs/Xs MAX 

 

文句はありません。現状最強レベルです。  

 

Galaxy S10/S10+

 

 最適化が終わったため、快適にプレイできます。デュアルノッチの同世代機であるAQUOS R3も良いですが、余裕のあるメモリ8GB仕様などトータルで見るとこちらが良いかと思います。

 

また、SAMSUNG DeX機能で大画面に映し出せることも踏まえると魅力的なモデルです。 DeXを使えばこんなこともできますよ。

 

 BLACKSHARK 2

現状Android機でこれを超えるのは空冷ファン搭載のnubia Red Magic 3しかないのでは…と思います。日本でちゃんと入手できるモデルとしてはメモリ12GBのオーバースペックにゲーム時のフルタスクキルと言い最強です。  

 

 AQUOS Zero 

デュアルICのおかげで長時間安定してのプレイが可能です。ミリシタがデモで使われた子なだけあってかなり快適です。 

 

ASUS ROG Phone ゲーミングを名乗るだけの性能はあります。オプション空冷クーラーをつけると平面置きができないのが難点。  

 

 iPad Pro 3rd Gen.

iPad Air 3/mini 5 

 

現状タブレットなら無双のAppleさん。とりあえずこの辺のモデルなら確実です。今iPad Pro 10.5を買うなら素直にiPad Air をオススメします

 

 HUAWEI MediaPad M6 

 

先日発表されたモデルになります。日本で発売の可能性もあるタブレット。Kirin 980搭載でAndroid機では数少ない実用レベルスペックのタブレットとなります。  

 

 

 ミリシタのあの1周年イベントからまもなく1年   

 

 

動作環境を考える上では転機となったイベントでした。長時間走るはもとい、端末的にみても持久戦。

さらにはネットの回線速度などゲームとしての単純スペックよりも総合的な環境整備が考えられるようになりました。 私はあくまで端末が専門分野です。  

 

 

回線速度を制するには 

 

 

1.有線環境でやる

 

iPhoneiPadはもちろんAndroidスマホでもアダプタを用いて有線接続が可能です。 1番通信にラグなく、安定してできます。

 

2.ギガビット対応APなどを使用する

 

ルーターやAPを変えると通信速度が向上かもしれません。また、場合によってはルーター等の近くでプレイすると強度が良くなることがあります。 

 

 3.外出時はMNOの回線がオススメ

 

外に出てのプレイが多い方はMVNO(格安スマホ)よりも回線速度が安定しているMNO(大手キャリア)がオススメです。 いわば回線課金です。

 

  とまぁ、雑に説明するとこんな感じです。

 

 端末で言うと 

 

充電しながらのプレイは発熱に直結するためあまりオススメできないこと 

 

通知割り込み時に一気に動作が重くなるため、通知をオフにする などの対策が必要かと思いますね。  思い切って専用端末を仕立てるのもアリかと思います。

 

 

  私としては、武道館公演終わった直後に自分に言ってやりたいです

最高のてづくりの武道館。その最高を超える景色をまた見る事になるぞ」と

 

 

もともとデレステの検証で端末課金はしてました。

ただ、最速検証はせず、基本的に後出で煮詰めるやり方でした。 

 

ミリシタは...なんていうんですかね。運営チームの対応が早いからこっちも躍起になるんですよね。

 

 国内版端末が出る前にSnapdragon 855搭載機の実機レポートしてやる!みたいな感じにね。 結果がこれである

 

 

あとがき

 

 

ミリシタ2周年を迎えついにミリオンスターズ39人全員のコミュとソロ曲が実装されました。
とくにミリオン神戸にて発表されたジュリアの流星群は、衣装をトリガーにギターモーションが組み込まれる変態仕様に。
 
一目見てモーションアクターが愛美さんだとわかったよ!
 
 
いよいよ2周年で全体衣装も発表されました。今年も秋葉原でコラボイベントと騒がしい事になりそうです。
 
 
そもそもミリシタ2周年の日はなんと6th ツアーの福岡公演当日です。
なぜか私も現地です。
 

 

あと、関係ありそうな記事はここに置いておきます。

 

 

関連記事

 

www.hayaponlog.site

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

2周年を迎え、さらに中身に磨きがかかったコンテンツです。

 

あの時言った765プロの未来は…ここにあるのかもしれません。

 

 

それでは、福岡でお会いしましょう。