はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがなにか書いています。

はやぽんログ!

【ドン勝ちを極めろ】ZTE nubia Red Magic 3 実機レビュー 史上最強のスマホ この身果てても叶えたいものがある全ての人にオススメ

どもー

 
ミリシタ絶賛走ってません…ごめんよ雪歩…
 
今は200位くらいなんだ…許してくれ…
 
 
スマホの検証が間に合わないのだ…みんなの声に応えねば…
 
 
 
 
 
ということで、今回はとあるスマホをご紹介します
 
 
皆さんは
 
この身、果てても叶えたいもの
 
 
 
ってありますか?
 
 
 
もしそれが担当のイベント上位報酬だとしたら…
 
心がBurning heartしても端末が耐えられないのではイヤですよね
 
 
そんなあなたに魔法をかけてあげましょう
 











 
 
 
このスマホは?
 
 
ZTEからリリースされた史上最強のスマートフォン
 
 
nubia REDMAGIC 3
 
となります。
 
 
中華表記は紅魔法3
 
紅魔法ってなんか響きいいですよね。
 
 
日本ではAXON Mとかいう2画面スマホ出してみたり、制裁を受けただのでマイナスや変態なイメージもあるZTEです。
 
こいつはAXONシリーズの他にも本国で展開してるnubiaブランドとなります。
 
それのゲーミングスマホがREDMAGICシリーズとなります。
 
 
 
スペックはこんな感じ
 
SoC Snapdragon 855
 
RAM 8/12GB
 
画面 6.55インチ 18:9 2340×1080 90Hz OLED
 
バッテリー 5000mAh
 
カメラ 48MP
 
 
普通に強いですね。
 
 
 
この身、果てても叶えたいものがあるよ…
 
 
そんな究極を追い求める方に贈る。究極のゲーミングスマホです
 
 
世界唯一の液冷+空冷ファン搭載スマホ
 
この手のゲーミングスマホはほとんどが液冷方式を採用してました。
これだけでもかなり凄いのに
 
 
このREDMAGIC 3はそれに空冷ファンを追加。
 
パフォーマンスが今までのスマホとは桁違いに持続する端末です。
 
ファンの回転数最大で14000rpmだそう。早いこと
 
実際に起動させると確かにモーター音がしますが、そんなに気になるレベルではないですね。静かなところだと気になるくらい。
 
 
ちなみにAntutuベンチは脅威の41万点台をマーク。
通常の855端末が36万前後というのに。恐ろしか…
 
 
試しにミリシタの周年イベントを人並みに走ってみたところ
 
(2.5h連続でプレイ 30分のブーストを含む
獲得Pt 46000 獲得パピヨン 16000)
 
本体設定はパフォーマンスモード 空冷ファン ON
 
 
なんと、SoCの温度が45℃より上がりません。バケモノかよ
 
 
今回のイベントは30分のブーストを理論値でどれだけキープできるかが鍵で、お仕事ブーストの場合は
 
SVを450チケットで平均7.5回回るのが iPhone Xsの理論値です。
 
REDMAGIC 3はなんと平均7.5回。状況によっては8回回ることもできました。ブーストでこの1回追加で回れるかどうかで獲得パピヨン数に約1800個の差が出ますね。
 
 
 
これからの終盤はFlyers!!!をどれだけ回れるかが鍵です。
一応、ブーストで理論値が12回と言ったところですかね。
 
内訳
 
Flyers!!!が約2分15秒+ロード時間の15秒
 
これを12回繰り返して30分
 
最後の1曲は滑り込みで入れるとして、実質的に28分30秒〜29分30秒走ほど走った計算
 
iPhone Xs MAXで2回ほど試しましたが、どちらも11回でした…
噂のペルチェ素子クーラーを使えばもう少し行けるのかな…
 


噂のペルチェ素子クーラーにて検証中の端末
 
※写ってる端末は当機種ではございません。

 
 
 
そんな中
 
 
REDMAGIC 3はなんと12回も走ることができました。
 
パピヨン4倍×2倍ブースト×12回で獲得Ptは5万を超えます。
ブーストをふたつ残してれば、理論値で時速10万を叩き出すことも不可能ではありません。
 
ただ、これを可能にするには絶対的なパフォーマンス低下防ぐことが鍵となります。
 
多くのスマホはこのような条件の場合、2Dと言えど8曲目以降は徐々にパフォーマンスが落ち始める傾向にあります。
 
そのパフォーマンスをキープできるのが、やはり空冷ファン搭載の強みかと思います。
 
 
 
リズムゲームのスコアアタックも狙えるハイレベルなタッチパネル
 
 
Android端末のネックな部分がこのタッチパネルです。どうやってもiPhoneには勝てないと言われてきました。
 
ところが、このREDMAGIC3
 
応答速度も早い上に、リフレッシュレートは90HzのOLEDパネルを採用しています。感覚的にはROG Phoneなどに近く、iPhoneにも引けを取らないレベルだと感じます。
 
また、Snapdragon 855端末ながらイヤホンジャックが付いてるのもプラス。
 
日本でもリリースされてるゲーミングスマホ BlackShark 2にはこれがないですからね。
 
 
アナログキー搭載
 
 
使えるコンテンツは限られますが、PUPGなどのゲームでトリガー等に割り当てできるキーが本体側面にあります。
 
こちらのゲームをやる方にもおすすめできる端末です。
 
オプションで拡張コントローラーも付けられます。
 
 
ゲームプレイを支えるソフトウェア
 
ゲーミングモードが搭載されており、スイッチひとつで切り替えることができます。
 
パフォーマンス制御や通知の停止等が一括でできます。
 
これは便利ですよ。
 


このような形で端末の状態をモニタリングすることも可能です。

 
 
 
 
スマホとしては?
 
 
スマホとしては比較的優秀ですね。
 
ゲーミング用途のためかバッテリー容量が大きいのは魅力。
 
ただ、かなり本体が大きいですね。あのクソ長いXperia 1よりもさらに長いです。
 
カメラはやや物足りなさを感じるかもしれないが、必要十分。
 
指紋センサーもしっかりありますので問題なし。
 
 
 
OSはグローバル版のためAOSPベースです。こちらも問題なく
日本語もしっかり入ってます。
 
 
 
なぜか、8K動画が撮れるのですが…オマケ程度な機能です。
 




写真はそこそこですね。
 
 
 
総評
 
 
このスマホ。実はミリシタの周年イベを走る検証をするために当初7/8着の予定だったものをどうにかした結果6/30に都内受け取りが出来ました。
 
いつもお世話になってる香港の某氏とDHLさんには頭が上がりません。
 
 
結果としてミリシタ 周年イベント アイドル内ランキング100位以内を狙うことはこのスマホなら確実に可能です。
iPhoneのハイエンドモデルと同等かそれ以上のレベルで走れる端末です。
 
周年イベントはもちろん、今後のイベントにもしっかり対応のできるやばいスマホとみて良いでしょう。
 
 
お値段も8/128GBモデルなら直輸入で6万円(0.66天井)〜とかなり良心的なお値段です。上位の12/256GBなら7万円前後となってます。
 
そう考えたらゲーム機として買ってもいいのでは?と思ってしまいます。
 
海外通販でなくてもイオシスさんなどのショップにたまに並んでいたりもします。
 
端末課金は裏切りません。
 
努力は惜しまない 大好きは裏切らない
 
 
これと同じです。
 
 
どんな人にオススメ?
 
 
・この身果てても叶えたいものがある方
 
・おとぎ話じゃもう足りない方
 
・全力で頂きを目指したい方
 
・イベント上位を追いかけたい方
 
 
 
今からでも間に合います。悔いのないように端末課金をしましょう。
 




それでは