はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがなにか書いています。

はやぽんログ!

【一眼レフカメラもびっくり!?】Xiaomi Mi Note 10 実機レビュー 1億画素のカメラを使ってみた

どうも
 
こんかいは
 


話題の変なスマホが届きました。11/11に買ったやつですね。
 
Xiaomi MiNote 10です











 
こいつは?
 
Xiaomiが満を持してリリースしたカメラ特化スマホです。
 
中国国内ではCC9 Proとしてリリースされています。
 
 
 
そんなメインカメラの構成はこちら
 
標準 1/1.3インチ 108MP f1.7 25mm相当
 
光学2倍 12MP f2.0
 
光学5倍 5MP(アップスケールで8MP相当の出力)f2.0
ロスレス10倍、最大50倍までデジタルズームが可能
 
広角 22MP f2.2 13mm相当
 
 
 
なんと例のないリアカメラが5眼の構成となっています。
 
単純なスペックは
 
SoC Snapdragon 730G
メモリ 6GB
ストレージ 128/256GB
6.47インチ OLED
 
フロントカメラ 32MP
 
バッテリー容量 5200ma/h
 
OS Android 9.0 MiUI 11
 
画面内指紋センサー内蔵
イヤホンジャック有り
 
 
 
まぁ、この辺りはRedmi K20などに近い印象です。
Snapdragon 730Gは通常の730からGPUクロックが1段階引き上げられたモデルとなっております。



 
XiaomiのロゴもHuaweiに寄せてる配列にしてることからもP30 Proの対抗馬。かなり意識して来てると思います。
 
筐体の加工やカメラ配列やCEマークの位置なんてねぇもう。
 
あまりに寄せすぎた結果、画面保護フィルムはP30 Proのものがそのまま使用できます。
 
これだけ積んでてお値段は日本円で約6万円台からと攻めてます。
 
 
世界初リリースの1億画素センサー搭載スマホ
 
 
この機種の目玉はなんと言ってもこれです。
 
XiaomiとSAMSUNG Semiconductorが共同開発した有効画素数が108,000,000画素のセンサーを採用。
 
中版レフの上位機にやっと採用されたレベルの高精細センサーですが、なんとスマホにも積めるようになりました。
 
マーケティングアピールとしても素晴らしいものですね。まぁ、食いつきますよ。
 
スマホの高画素化はズーム機能とともにありましたが、Huawei P20 Proリリース後は再び加速。
 
中華ベンダーの多くがSONYのIMX586(48MP)を採用したことから高画素センサー搭載機が一気に増えました。
 
その後はSAMSUNG Semiconductorから64MPのセンサーがリリースされ、そして今回の108MPセンサーのリリースとなりました。
 
 
ここからはいくつか撮ってみましたので作例を。











 
 
 
うん、悪くない。
 
ここまでフルオートで撮ってますが、普通に撮れています。でも普通ですね。
 




50倍ズームの精度はよく出来てる。P30 Proとほぼ同等レベルと言えるだろう。
 




こちらは108MPモードからクロップしたもの。さすがにそれ相応の解像感ある。
 


マクロ撮影は専用レンズがあるだけあってよく撮れる。ただ、2MPということもあって解像感はあまり感じない。
 


超広角カメラも使いやすい。
 
ここまで使って感じたことがあります。それは
 
 
 
Huawei P30 ProキラーにはなれないMi Note10
 
部分的なスペックではP30 Proを凌駕するMi Note 10ですが、P30 Proキラーまでには至らなかった印象です。
 
 
言ってしまえば、MiNote 10のカメラは
設定を細かく決めてマニュアルで撮るカメラ」です。
 
今のご時世で流行りの「AI識別と最適化で綺麗に撮れるカメラ」ではありません。
 


Xiaomi Mi Note 10
25mm f1.6 SS 16sec ISO 1600 108MPモード RAW撮影


これはMi Note10を三脚を使ってマニュアルで撮ったものです。
 
目で見た明るさに非常に近い仕上がりになっており、ナチュラルなものです。
 
でも、綺麗か?と言われると微妙なところですよね。
 



その写真をフォトレタッチしたのがこちら。
 
つまり、一眼レフカメラなんかと同じで現像して初めて真価の出るカメラなんです。
 
P30 Proがワンタッチで誰でもLeicaの絵が撮れるカメラなだけに、同等レベルをMiNote 10に期待した人は落胆したことでしょう。
 

Huawei P30 Pro
27mm f1.6 SS 0.5sec ISO 204800 RAW撮影

参考までにP30 Proの写真を置いておきます。これが三脚無しの手持ち、かつ無編集で撮れるのは大きいですね。
 
手軽に星空が撮れます。
 
オーバースペックが仇になる。
 
これは逆にP30 Proがいかによく出来ていたか痛感した部分です。
 
言ってしまえば写真を撮る際のレスポンスが良くないです。
 
撮ってから現像に4〜5秒ほど。108MPモードだと10秒ほどかかることもあります。
 
もちろんこれはSoCがハイエンド帯でないからとも言いきれません。
 
Snapdragon 730のISPであるSpectra 350は※シングルカメラだと192MPまでをサポートしています。
ハードウェアに無理をさせているわけでもなさそうです。
 
※Xiaomi Mi Note 10の場合背面に5つのカメラがあるが、それらを同時に使うことは無い。
 
 
P30 Proも夜景モードのようなものは処理に時間がかかることもあるが、さすがに5秒も待たせられたりはしないです。
 
こちらはKirin 980のISPを自社向けにかなり自由に設計していることもあって、AI処理の識別などもかなり早いです。
 
 
ただ、QUALCOMMも最上位のSoCでもないものに型破りな1億画素センサーをつける構成など考えもしなかったと思います。
 
ソフトウェアチューニングとかで改善される可能性はあるので今後に期待と言ったところです。
 
 
Xiaomiとしては高い値段
 
結果として見切り発車みたいな部分で出てきたMi Note 10
 
P30 Proキラーになれなかったもうひとつの理由が価格です。
 
 
ヨーロッパ市場では約6.5万円〜とXiaomiにしてはかなり高い値段設定になっています。
参考までに同社のハイエンドであるMi9は初動価格で5.5万円〜というのを見ても高いと言えます。
 
Xiaomiからすれば「P30 Proよりも定価ベースなら2/3だぞ!これだけ積んでてすごいだろ!!」
 
と言いたいのでしょうが、問題はP30 Proが早い段階で値下げが入ってたことです。
 
実のところ、現在はユーロ圏のAmazonなんかでは630EUR(7.7万円)程度でP30 Proが購入できます。
 
つまり、購買層からすれば
 
「P30 Proよりも1万円安くてカメラ同じ位のMi Note 10」ではなく、「Mi Note 10に1万足せばP30 Pro買えるじゃん!」となるのです。
 
結局これはアジア圏でも同じことが言えてしまい多くのレビューが出た今、P30 Proよりも玄人向けのスマホなど要る?
 
という状態になっています。
 
 
スマホとして
 
ここまでカメラとして書いてきましたが、スマホとしてはよくできていると思います。
 
Snapdragon 730GなのでSnapdragon 835相当と思っていただけるといいですね。普段使いには全く問題ないかと思います。
 
画面はOLEDなだけあって綺麗です。
 
バッテリー容量が5200mA/hと大容量かつ、SoCがミドルハイなこともあって電池持ちはかなり良いです。
 
こればかりはアレですが、P30 Proなどに比べると厚みと重さは感じますね。
 
ミドル帯ながらBand19に対応しています。docomoMVNOなら比較的問題は無いかと思います。
 
もし使うのでしたら、総務省さんに簡単なお手紙を出すと半年間は技適相当端末として使えます。
 
 
 
 
総評
 
 
11/11セールもあってか日本では海外通販を通して初動から5.5万円程度で購入が出来ました。
ハイエンドのMi9やRedmi K20 Proに比べると割高な印象は感じますね。
 
正直ウケるのは諸外国に比べてP30 Proの流通量が極めて少ない日本くらいな気がします。
 
 
ひとつ言えるのは
 
ジェネリックHuaweiではありません。
 
 
これはあくまでXiaomiが作った通話のできるスタイリッシュなデジタルカメラ
 
と思った方が良いかもしれませんね。
 
 
 
P30 Proとの本格的な撮りくらべはまた次回に。
 
 
それでは