はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【5Gがお手ごろ価格に?】Xiaomi Mi MIX3 5G実機レビュー 価格を抑えた5G端末は今後も楽しみ


どうも

 

 

このバカはまた5Gスマホを買いました

 

 

今回は


f:id:hayaponlog:20191231234217j:image

Xiaomi Mi MIX3 5Gです

 


f:id:hayaponlog:20191231234233j:image

 


f:id:hayaponlog:20191231234309j:image

本体はフルディスプレイ


f:id:hayaponlog:20191231234325j:image

 


f:id:hayaponlog:20191231234413j:image

スライド式フロントカメラ

 


f:id:hayaponlog:20191231234424j:image

他の5G端末に比べるとややコンパクト

 

スペックはこちら

 

Snapdragon 855 X50モデム搭載版

 

メモリ 6/8GB

ストレージ 64/128/256GB

 

画面サイズ 6.3インチ OLED

画面解像度 FHD+

 

カメラ 12MP+12MP

フロント 24MP

 

こいつは何?

 

Xiaomiがリリースした「リリース当時世界最安の5G対応スマートフォン」です。

 

今年の4月に韓国と北米を皮切りにスタートした5Gサービス

 

各社から対応機種も出たものの、値段は余裕で10万円オーバーとなかなか高いものでした。

 

そこにXiaomiが投入したモデルになります。

 

 

ベースモデルは昨年発売のMi MIX 3

 

SAMSUNG Galaxy S10 5Gのような既存モデルベースにかなり姿が変わったモデルもある中、Mi MIX 3 5Gは基本仕様はMi MIX3そのままです。

 

Mi MIX3から5Gモデルの変更…

 

SoC Snapdragon 845→Snapdragon 855

バッテリー容量 3200mAh→3800mAh

 

これくらいしかありません。

 

そのため、ほぼMix 3と同仕様です。

 

フルディスプレイ端末

 

ノッチのないフルディスプレイが魅力の1台です。

筆者も昨年Mi Mix 2sという機種を使ってましたが、それ以上に画面が広く感じます。

 

 

www.hayaponlog.site

 

画面占有率が93.4%となっており、ほぼ全画面の印象を与えますね。

 


f:id:hayaponlog:20191231234446j:image

フロントカメラがスライド式になっており、必要に応じてスライドすることで使うことができます。

 

スライド式フロントカメラでしたら過去にOPPO

Find Xも使用したことがありますが、、デザインこそ良かったもののやや使いにくい印象を持ちました。

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

こちらは背面に指紋センサーをそなえており、顔認証のみだったFind Xに比べて使いやすさという面では向上しております。

 


f:id:hayaponlog:20191231234506j:image

 

カメラは2眼タイプです。

 

 

Mix 3と同様なのでMi9のような48MPのセンサーは入ってませんが、AI補正の綺麗な写真も思うのままですね。

 


f:id:hayaponlog:20191231234918j:image

 


f:id:hayaponlog:20191231234959j:image

 

2倍光学ズーム

 


f:id:hayaponlog:20191231234932j:image

 


f:id:hayaponlog:20191231234949j:image

 

 

 

 

2眼と言えどかなり綺麗に撮れます。これは元のMix3の良さが出てますね。

 

 

お手軽5G端末の先を走ったデバイス

 

日本では5Gなんでまだまだ先というアレですが、世界各国にて徐々に花を咲かせ始めました。

 

特に端末はSDM855搭載ということもあって必然的にハイエンド機となってしまったから事から、かなり価格面では高価なものになってしまいました。

 

第1世代ではSAMSUNG Galaxy S10 5GやLG V50 ThinQといった単体価格が10万円をゆうに超えるデバイスたちでした。

 

値段からも普及するとは思えず、その後にリリースの端末は既存モデルの改良型がほとんどのようでした。

 

OPPO Reno 5G

Huawei Mate 20X 5G

Xiaomi Mi MIX3 5G

 

 

その中でもMi MIX 3 5Gは約6万円台の価格設定で5G対応端末としては破格のお値段でのリリースでした。

 

これは、既存デバイスの流用と言ったものが大きいと感じます。

 

2020年はRedmi K30 5Gなど発表されてる限りでもミドル帯5G端末のリリースが予定されてます。

 

より"5G"を身に感じることができる1年になるのではないでしょうか。

 

まるで10年前…4Gの息吹を感じたあの頃を思い出しますね。

 

 

総評

 

現在は3.5万円程で購入ができることから、お手軽5G端末というのはもちろん「安価なハイエンドフルディスプレイデバイス」という新たな価値まで出てきました。

 

普通に買いな気がする端末になりましたね。

 

 

 

それでは。良いお年を