はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【究極のナチュラルサウンド】TAGOSTUDIO T3-02に惚れてお迎えしたのでレビュー

どうも

 

 

今回は一聴して惚れてしまったイヤホンをご紹介します。



f:id:hayaponlog:20200131225905j:image

TAGOSTUDIO  T3-02 です!

 

何これ?

 

楽家多胡邦夫氏の立ち上げたTAGOSTUDIO TAKASAKI全面監修のイヤホンとなります。

 

このTAGOSTUDIOの名前では、最初にT3-01というオーバーヘッド型のヘッドホンをリリースしています。

 

クセのないナチュラサウンドと、音楽制作にもしっかり使える分解能を備えたモデルとなりました。

 

その音の良さは口コミで広がり「知る人ぞ知る」モデルとなったのはこの筋では有名な話です。

 

T3-01についてはこちら

tagostudio.shop

 

T3-01に関してはバンダイナムコスタジオでも利用されてることから、正式にアイドルマスターシンデレラガールズとのコラボ商品の展開まで決まっています。

 

発表時は名古屋の会場で変な声が出たうちの1人です。

 

 

T3-02はヘッドホンではなく、可搬性を考慮したカナル型のイヤホンとなっています。

また、開発資金調達はクラウドファンディングにて行われ多くのパトロンがついたものでした。

 

サウンドに関してはT3-01の開発チームがそのまま担当。

もちろん多胡氏のフィードバックも入って作られた正に「気軽に持ち運べるT3-01」のような仕上がりとなっています。

 

イヤホンとして

 

イヤホンとしてはダイナミック1発のシンプルな仕様。

 


f:id:hayaponlog:20200131225937j:image

イヤモニライクな筐体となっています。

装着方法は俗に言うシュア掛けです。

 

おかげで遮音性も比較的高いものになっています。


f:id:hayaponlog:20200131225942j:image

スタジオの防音構造にヒントを得たBox in Box構造を採用しています。


f:id:hayaponlog:20200131230018j:image

フェイスプレートには天然の楓材を使用しており、木目などひとつとして同じものはないのだそう。


f:id:hayaponlog:20200131230029j:image

左側だけTAGOSTUDIOの文字があるのもいいですね。

 


f:id:hayaponlog:20200131230039j:image

本体はMMCX対応。

ケーブルコネクタがやや奥まった仕様のため、純正以外のケーブルの使用はあまりお勧めできないですがリケーブルは可能です。

 

また、純正オプションで2.5mmと4.4mmのバランスケーブルも用意されています。 

 

イヤーピースは標準でSpinfitが付属しています。

キャリングケースも付属します。

 

 

聴いてみた

 

今回の試聴曲はこちら

 

アイドルマスターシンデレラガールズより

Needle Light (サイバーグラス)

配信版 256kbps音源を使用

 

この曲のレコーディング、マスタリングにはTAGOSTUDIO T3-01が使用されているとのこと

(作詞作曲編曲を担当されたAJURIKAさん談)

 

曲としては…一聴してAJURIKAさんだろと思ったら案の定AJURIKAさんだったというもの。

まぁ、聴いて。リンク貼っておくから

 

music.apple.com

 

スロウリグレット 田所あずさ

ハイレゾ版 24bit/96KHz音源を使用

 

ハイレゾ版のヴォーカルのマスタリングが素晴らしい。

これだけは私にころあずを勧めてきたラブライブのオタクに感謝せねばならない。 

 

なお、勧めてくれた彼はアイマスのオタクではない。

 

music.apple.com

 

アイドルマスター SideMより

DRAMATIC NONFICTION DRAMATIC STARS

CDリッピング ロスレス音源を使用

 

男性Vo.となるのでイヤホンによっては不得意なところも出てくる曲。

個人的に好きなSideM楽曲のひとつ。

 

music.apple.com

 

Wake Up,Girls!より

ももいろDiary♡  山下七海

配信版 320Kbps音源を使用

 

聴け

 

ももいろDiary♡

ももいろDiary♡

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

 


f:id:hayaponlog:20200131230136j:image

試聴プレイヤーはNW-ZX507にて。

設定はソースダイレクト

 

基本的にアンバランスでの使用です。

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

感想を申しますと

 

一聴して惚れました

 

 

なんだろう…T3-01と目指したところは違うのに、同じ系統の音がする。

 

究極のナチュラサウンドとはこれのことなのか…

 

T3-01の凄いところはMDR-CD900STと言ったモニターヘッドホン並みの粒立ちの良い音。あらゆる音が聴こえる解像度を持ちながらも、ほとんど聴き疲れないところです。

 

T3-02は解像度に関してはマルチBA型のイヤモニには劣るものの、ダイナミック型としてはかなり高い方になると思います。

それでいて音量上げても聴き疲れることが少ない。

 

一言で言えばダイナミック版のUltemate Ears Refarence Remasteredでしょうか。

 

www.hayaponlog.site

 

 

Needle Lightを聴いた時はビビりました。

同社のT3-01で聴いた時とほぼ同じ音がするのです。

 

似たようなものに、SONYのMDR-EX800STという同社のMDR-CD900STの音を目指したイヤホンがありました。

 

こいつは凄いもので、ほぼインナーイヤー版900STのようなものになってます。

 

それと同じような感覚になりました。

 

 

スロウリグレットでは破綻のないヴォーカルが心地よいですね。伸びもしっかり出ますし、倍音表現も良いです。

 

このような曲だと少しT3-01とは鳴り方が変わり、T3-02の方がリスニングテイストになってるなと感じます。

 

DRAMATIC NONFICTIONでは一気に表情を変えます。

 

倍音成分の周波数がBA機によってはピークの落ちたところに当たり、やや引っ込んだらする機種がある中T3-02は文句なしの男性ヴォーカルを再現してくれます。

 

ももいろDiary♡はもう山下七海さんの甘い声に癒されてください。

 

聴き忘れた!って方のためにもう1度貼っておきますね。

ももいろDiary♡

ももいろDiary♡

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 

装着感とか

 

装着感は思ったほど悪くは無いですが、イヤーピースの相性には左右されるかと思います。

 

私は標準のSpinfitでは合わず、Final Eタイプを利用しています。

装着感につきましても、本体が大ぶりなことから物理的に合わない方もいらっしゃるかと思います。

 

私の周りでこれを手放した数名の方は装着感が合わなかったという理由でしたので。

(最初期に届いた方はクラウドファンディングだったので試着できなかった方も多かった。)

 

ケーブルは比較的しなやかなものになっており、タッチノイズも少ないものになってます。

 

 

総評

 

知る人ぞ知るではもったいない代物

 

TAGOSTUDIOでもT3-01に続くT3-02は「ブランドを知ってもらうためにクラウドファンディングにした」というくらいのものなので、かねてから要望はあったのだろうと思います。

 

得意不得意はないが、圧倒的な聴きやすさと適度な音の分離感。いつもより少し音量を上げたくなる気持ちよさがこのイヤホンにはあります。

 

何度も言いますが、こいつはダイナミック版のUERRです。

 

 

特に765ASやシンデレラガールズをよく聴かれるアイマスPさんやリスナーさんは即購入しても良いかと思います。

 

実際に同じメーカーの同じチームがチューニングしたヘッドホンで楽曲がマスタリングされていることもあって、楽曲との親和性は非常に高いと感じてます。

 

また、ヘッドホンは定価で6万円となかなか手の届かないものですし、アンプ等の機器も揃えると中々の投資が必要になります。

 

 

このイヤホン。なんと定価は税抜きですが4万以下に抑えられています。

 


f:id:hayaponlog:20200131230221j:image

まぁまぁ、箱はとても4万のイヤホンとは思えないですが。実用一点張りですかね。

12月からは専門店などでの販売もされており、比較的試聴しやすくなりました。

 

 

また、TAGOSTUDIOは名前の通り群馬県高崎市にあり、生産拠点の会社さんは国内にあります。

このイヤホンも例に漏れずMade in Japanの商品となっています。

 

 

 

 

 

最後に

 

究極の持ち運べるナチュラサウンド

 

ということで見事にそのコンセプトを体現したかのようなものになっています。すごいです。

 

この音がある種4万なら破格かと思います。

海外メーカーに押され気味なこの業界

日本メーカーの維持を見せる作品かなと思います。

 

ちょっとでも興味が湧いた方は専門店などで試聴してみてはいかがでしょうか。

 

それでは