はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがなにか書いています。

はやぽんログ!

【ライカ画質を持ち歩こう】Huawei P30 レビュー コンパクトなカメラ特化スマホ


どうも

 

 

今回は

 

やってしまいました。

 


f:id:hayaponlog:20200223135759j:image

私は好きなんですね。やっぱり

 

 


f:id:hayaponlog:20200223135824j:image

Huawei P30です

 

 

 

まて?

 

 

おまえ

 

 


f:id:hayaponlog:20200223135848j:image

これは何だ??

 

 

はい。筆者はHuaweiのカメラ機能に惚れ込んでしまい上位モデルであるHuawei P30 Proを2台持っています。

 

そのため、このP30は下位モデルとなります。

 

 

下位モデルと言えどあのど変態のP30 Proの下位なので実力は確かです。

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

www.hayaponlog.site

 

P30 Proに関しては昨年のベストバイスマートフォンに選出するくらい気に入ってます。

 

 

 

 

カメラ特化の標準モデル

 

P30 Proの廉価モデルと言うよりはMate 20 Proの機能を盛り込んだP20 Proみたいなものになっています。

 

 

カメラ構成は

 

超広角 16MP f2.4

広角 41MP f1.8

望遠 8MP f2.4

 

P30 Proと異なるのは以下のスペック

 

大望

 

P30 光学3倍 ロスレス5倍 最大30倍

 

P30 Pro 光学5倍 ロスレス10倍 最大50倍

 

最大ISO感度

 

P30 204800

 

P30 Pro 409600

 

メインレンズのf値

 

P30 f1.8

 

P30 Pro f1.6

 

 

そんなところでカメラ機能は若干の差をつけられてます。

 

 

P30 Proより高い機動力と扱いやすさ

 


f:id:hayaponlog:20200223140003j:image

P30はエッジなしの端末で画面サイズもP30 Proよりひと回り小さくなってます。

 

実はP20 Proよりもさらに一回り小さく、小型ボディのためかなり好感が持てます。

 

 

扱いやすい画角のカメラ

 

P30 Proのカメラは望遠の1発目でいきなり5倍に飛んでしまうのです。

 

この不便さ使ってみると分かります…おそらく唯一の難点です。

 

これを解消したくてXiaomi MiNote 10を買ったところでもあるのですが、結果としては手放してしまいました。

 

P20 Proの3倍が地味に使いやすいものだったので、これは惜しいところだと思いました。

 

 

P30ではP20 Proと同等のズーム率から、P30 Proの画質でP20 Proのような感覚で撮れます。

 

なに言ってるかさっぱりかもしれませんが、要するにより一般の方でも扱いやすい機種となっています。


f:id:hayaponlog:20200217205844j:image

 


f:id:hayaponlog:20200217205856j:image

 


f:id:hayaponlog:20200217205904j:image

 


f:id:hayaponlog:20200217205932j:image

夜景モード


f:id:hayaponlog:20200217210609j:image

 

標準


f:id:hayaponlog:20200217210549j:image

 

5倍ロスレスズーム

 

 

P30 Proと比べてもそこまで差は感じない。

 

もうこれが購入理由と言っていいです。

16-125mmのレンズもあるけど少し使いにくいので、17-80mmのLeicaのレンズを追加で買ったようなものです。

 

あと、Auroraのカラーが良かった。

 

 

端末として

 

 

ディスプレイはエッジなしのものになっております。

 

また、防水等級はIP53に留まりますが、かわりにイヤホンジャックを備えています

 

 

プロセッサはKirin 980 メモリは6GB

 

この辺りの仕様は共通です。そのため、Huaweiではハイエンドの一角となっております。

 

 

 

なかなか値段が崩れない

 

まもなく1年落ちの端末となりますが、なかなか値段が落ちません。

 

価格設定もなかなか高いのもありますが、それを鑑みても未だに5万円台での取引が多い端末です。

 

やはりHuaweiが米国制裁でGoogleの締め出しを受けているのが大きいのかなと思います。

 

最後のGoogle搭載世代ですので。 

 

それでもそれ相応の価値はあるのではと感じます。

 

 

総評

 

カメラ特化のスマホが欲しい方におすすめ

 

やはり誰でもLeicaの絵が撮れると言うのが強いです。

 

また、Mate 20 Pro並のスペックを持ちながら扱いやすいサイズに抑えてあるのも魅力のひとつです。

 

コンパクトカメラスマホをお求めの方には間違いなくオススメと呼べるそんな機種となっています。

 

現在ではMVNOさんの割引で3万円前後で買えることもあるそうです。割引のタイミングで狙ってゆくと良いかもしれませんね。

 

 

さて、Huawei P40シリーズはGoogle非搭載となるため日本での発売は期待できませんが、今回のものを超えるすごいものが出てくるのではないかと期待しています。

 

現在はSAMSUNGのGalaxy S20 Ultraをはじめとしたフラッグシップについては、各社1億画素クラスのスマホを出してくるかと思います。

 

ところが、HuaweiのP40リークでは50MP前後とのものがあります。

 

カメラ画質はセンサーの画素数だけではないので、より広いダイナミックレンジや絵作りなどに期待です。

 

 

それでは