はやぽんログ!

毎月スマホを買う普通の人がスマホの事とか書いてます。

Galaxy 5G mobile Wi-Fi レビュー Galaxy初の5G対応モバイルルーターはスマホのように使える1台だ

 どうも。今回は話題の機種を買ってきました。f:id:hayaponlog:20210412200151j:image

Galaxy 5G mobile Wi-Fiです。

 

 

画面が大きく見やすいGalaxy初のモバイルルーター


f:id:hayaponlog:20210412200238j:image

 Galaxy 5G mobile Wi-Fi SCR01はauやUQ系のWi-MAX提供会社などで販売されているモバイルルーターだ。auでは税込み22,000円と料金も良心的なものだ。

 

 最大下り2.2Gbpsの5Gにも対応し、4GやWi-MAX網もカバーしたそこそこしっかり使える1台となる。

 

 モバイルルーターと言うポジションながら5.3インチと大画面であり、見やすいUIにまとめられているのが特徴だ。また、操作系も通常のAndroid端末に近く、特別操作性が悪くない。f:id:hayaponlog:20210412200225j:image
本体単体でAPN入力もできる。頻繁にSIMを入れ替えるユーザーにもオススメだ。


キャリア販売ながらSIMロックのない使いやすい仕様

 

 このGalaxy 5G mobile Wi-Fiはキャリア販売のモデルながら、SIMロックはかかっていないモデルとなっている。

 そのため、楽天モバイルの無制限プランやdocomoの5Gギガホなどを入れて使うのも良いだろう。対応バンドもある程度充実しているので、普通に使うぶんには問題はないはずだ。

 

Galaxy 5G mobile Wi-Fiを使ってみて

 基本的に5G回線に繋がれば600Mbpsクラスの高速通信も可能で、かなり実用面も高いと感じました。筆者の環境では普通に100Mbpsほどで通信できたことから、実用面で問題はなさそうだ。

 

 電池持ちも普通に使う分には3台接続して丸一日使用して残りが45%前後。かつてのモバイルルーターよりは若干電池持ちは良くないかと思われるが、実用できる電池持ちだ。

 


f:id:hayaponlog:20210412200259j:image

 操作性はほとんどスマホとなる。従来のモバイルルーターよりもはるかに直感的な操作でわかりやすく、画面も大きくて見やすい。

 

 ただ、画面サイズゆえに本体の画面割れや傷がつきやすいのが怖いものだ。ルーターという特性上、結構雑に使うことも多いのでその辺りが心配と言ったところ。

 

 筆者的に惜しいのはクレードルがない点と、スマホとほとんど同じようなハードウェアのため本体が大きく重量が200gとそこそこある点でしょうかね。


f:id:hayaponlog:20210412200334j:image

クレードルはないが、本体にキックスタンドは備えている。

 

実は遊べるAndroid搭載モバイルルーター

 発表直後から「スマホのようだ」とも言われたこともあって、Twitterなどでは発売後に早速Androidアプリを動かす例などが見られた。

 

 筆者もやってみたがUSBデバッグの設定がどこだか分からず苦戦こそしたが、普通にAndroidアプリを動かすことはできた。

f:id:hayaponlog:20210412201209j:image

昔ながらのAndroid機を触ってるみたいでこれはこれで楽しかった。詳しくは別記事にてまとめます。

www.hayaponlog.site

 

最後に

 

 Galaxyから出てきたのはモバイルルーターというのは意外だった。

 この機種の場合、他社のルーターとは違うスマホライクな使い勝手の良さや、大画面による視認性の良さは差別化できる点だ。

 

 また、遊びの要素もかなり強いことから、ガジェット好きな人なら少しこれで遊んでみるのも良いはずだ。本体一括でも22,000円と安価ですし、割引を使えば本体は5,500円ほどになる。お買い得と言える商品だ。それでは