はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【レビュー】腕にディスプレイを巻く。nubia AlphaはAndroidアプリも動く高性能で未来を感じるスマートウォッチだ

どうも

今回は、今更ながら手にしたスマートウォッチのレビューしてみようと思う

 

 

このスマートウォッチはなに?

 

2018年の見本市にて参考展示されたフレキシブルOLEDパネルを積んだ参考モデルは、当時ネットメディアで見たときに驚いたものだ。

 

それから1年。

一般向けに登場したのがこのZTE nubia Alphaとなる。

f:id:hayaponlog:20220328211510j:image

nubiaと聞いてピーんと来ない方も多いかと思うが、日本ではゲーミングスマホのREDMAGICシリーズが展開されているZTEのブランド名だ。

 

www.hayaponlog.site

 

 

nubia Alphaの特徴は本体を見て分かる通り、スマートウォッチとは思えないごつい筐体と手首を覆いつくさんとするフレキシブルディスプレイが特徴のスマートウォッチだ。

 

画面が曲がるのです。フレキシブルに

f:id:hayaponlog:20220328213757j:image
圧倒的に画面の存在感がすごい。これは時計を巻くと言うより、ディスプレイを巻くと表現すべきでしょうか。

f:id:hayaponlog:20220328211626j:image

なにより、普通のスマートウォッチの2倍以上の情報を表示可能なロマンあふれるデバイスだ。横に並べたApple Watch 44mmが小さく見える。

 

プロセッサはSnapdragon Wear 2100を搭載。
時期的には3100あたりを積んで欲しいところではある。

f:id:hayaponlog:20220328211702j:image

スマートウォッチながらカメラが付いているのも面白く、サクッと自撮りできる。
本体はWi-Fi接続が可能で、中国版にはeSIMのオプションもあるようだ。

こんな見た目だが、IP54(防滴)となっている。

f:id:hayaponlog:20220328211853j:image
バンドは本体仕様の関係でメタルバンドのみ。

これはこれでかっこいいが好みは分かれるだろう。

 

実はAndroidアプリも入れられるスマートウォッチなnubia Alpha アプリ導入の手順もざっくりと開設


実はこのnubia AlphaはスマートウォッチでよくあるWear by OSではなく、Android 7.1をベースとした「普通のAndroid OS」が入っている。

 

つまるところ、理論上はAndroidアプリを動かすことが可能だ。

f:id:hayaponlog:20220328211510j:image

通常のスマートウォッチと挙動が異なり、上ボタンがホーム、下ボタンが戻るに割り当てられている。スクリーンショットも撮れるらしいが、よく分からない。

 

もちろん、公式ストアなどはないので、アプリはサイドロードで入れるしかないのだが、なぜかこんなデバイスでも海外の方が簡単にアプリを入れられるパッチファイルが配布されているのです

 

とりあえず、アプリを入れてみた手順でも書いていこうかと思う。

まずはXDAフォーラムで有志の方が用意したパッチファイルをダウンロードしましょう。

forum.xda-developers.com

このリンク先にあるファイルをダウンロード。

未書名の怪しいファイルなのでブラウザのデフォルト設定で弾かれるが、気にしないぜ!と言う方はダウンロード。一応筆者の環境では問題なく利用できた。


リンク先にも手順も書いてあるが、ざっくりこちらでも説明する。

手順

1. nubia Alphaをパソコンに接続
自動的にadbドライバがインストールされます。とってもありがたい。


2.ダウンロードしたファイルを開き、TWRP(カスタムリカバリー)を動かすパッチをクリック
3. しばらくするとTWRPが起動します。

起動したらファイルの項目から全項目をマウントさせます。
4. マウントするとPCでnubia Alphaのストレージが認識されるので、一番上の階層にダウンロードしたファイルにあった「nubia Calender apk」をコピーします。
5. TWRPを時計側で操作。先ほどのnubia Calender apkはSDCardの階層に入っていますので、その階層まで行き該当ファイルをコピーします。
6.nubia Calender apkをSystem/app/nubiacalenderの階層に張り付け
7. nubia Alphaを再起動します。


8. スケジュールアプリが謎のランチャーになればとりあえず成功。引き続きNAIというアプリをパソコン上で起動します。
9. NAI上で端末が認識されれば、入れたいアプリをドラッグアンドドロップしてInstallを押しましょう。
10.しばらくしてsuccessと表示が出ればアプリがインストールされてます。

お疲れ様でした。

 

と手順はこんなところ。

うまくいかなかったら本体を初期化すると良い。

f:id:hayaponlog:20220328212947j:image

謎のランチャーはこんな感じのもの。

これがまたUI被りで使いにくいのなんの。

 

f:id:hayaponlog:20220328212110j:image

さて、問題はこの小さい画面でTWRPを操作するという苦行を強いられること。


アプリによっては辛うじて文字が判別できる程度なので、間違って別の階層にファイルをコピーしないように注意。

 

そもそもnubia Alphaもブートローダーがアンロックされてるのもおかしいし、こんなゲテモノ用のカスタムリカバリーがある時点でも驚くばかりだ。

 

何をしてるかというと、デフォルトのスケジュールアプリを偽装してアプリランチャーに置き換えてしまうというもの。

かなり強引なやり方ではある。

 

注意点は以下の通り


・あほみたいに小さいUIのTWRPでの操作は慎重に
・Snapdragon Wear 2100は32bit SoCであること(64bit ARM-v8ビルドのアプリは動かない)
・NAIで転送する場合、apk名にスペースや全角文字が入っているとインストールできない

なお、廉価モデルのnubia Watchでこの方法が使えるかは不明だ。

 

ちなみにグローバル版でもnubia Alphaのハードウェアは中国版と同等らしく、eSIMの開放もできるそうだ。


肝心のアプリの動作だが、びっくりするほどもっさりしている。
Twitterの起動に10秒

ブラウザー(Firefox)の起動に15秒

デレステの起動(ホーム画面まで)に2分

 

とまぁ、起動してる間にカップラーメンでもできるのか?と言うくらいかかるのだ。これを実用的に使うのは少々無理があるだろう。

 

また、近年リリースのアプリはそもそも32bit版がないので、素直にあきらめましょう。
プロセカもミリシタも原神も動かない。

f:id:hayaponlog:20220328212256j:image

一部アプリを軽量なサードパーティーのものにすれば使えそうな印象だ。まともに動く保証はありませんが…

 

f:id:hayaponlog:20220328212316j:image
デレステはユニット編成画面までたどり着けたが、楽曲のロード中に処理落ちしてしまう感じだ。

コミュは読めたが、ガチャを引くと処理落ちして端末が再起動した。

 

そもそも画面が小さく、仮に動いてもプレイするのは至難の業と言えるでしょう。

 

まぁこれに関してはスペックがSnapdragon Wear 2100(Snapdragon 400みたいなもの)でメモリは1GBしかないのですから、それはそうという感想だ。

 

ちなみにストレージは8GB(実容量4.2GB)となる。

 

そしてこの41:9アスペクト比という画面構成だ。

最適化されてるアプリなどありません。

f:id:hayaponlog:20220328212438j:image

Twitterのタイムラインなどこの有様である。

せっかくの縦長ディスプレイを全く活かせない。

adbコマンドでスケーリングやテキストサイズを変更すれば少しは使いやすくなると思われるが、そもそも今度は文字が読めなくなる。 

 

PayPayも起動できたが、バーコードの幅が狭く、QRコードはあほみたいに小さく表示されるためスマホでは読みとり不可だった。恐らく店頭でも使用できないだろう。

 

デフォルトのキーボードは死ぬほど打ちにくいが、打てないことは無いという仕様。割り切って打てなければ考えたのだが、打ててしまう。もどかしい


実用面で厳しいnubia Alphaは「腕に巻くロマン」だった。

まさに腕に巻くロマン。これ以上の言葉が思いつかない。


もちろんスマートウォッチなので接続用のアプリもある。

ただ、ウォッチフェイスの追加転送をするとフリーズしたり、音楽の転送もうまくいかないなど完成度はお世辞にも良いとは言えない。

 

アップデートもされてないのでどうしてみようやらというところ。

アプリは上記のゲテモノのような方法で別途入れられるが、これらアプリの通信はWi-FIが必須で電池持ちは致命的に悪くなる。
(通常使用で1.5日 アプリがっつり使用で半日くらい)


そして、通知類は本体側から来る始末なのでもはやスマートウォッチなのかスマホなのか分からなくなるのだ。


なお、アプリ使用時(Wi-FI接続時)はスマートフォンとのBuletooth通信が切れる仕様となる。この場合はスマホの通知は来なくなるので注意。

 

つまり画面が曲がる高級スマートバンドとして使うか、腕に巻くスマホのようなサブディスプレイとして使うのがいいでしょう。

 

時計でありながら外圧に弱いと予想できる。
Royole FlexPai2と同じものを感じるもので、耐久性は未知数といえる。

 

www.hayaponlog.site

 


最後に。Nubia Alphaは買いか?


はっきり言います。初心者お断りです。


これを読んでいただいたあなたが近未来系変態ガジェット愛好家でもない限りお勧めしません。

 

フレキシブルディスプレイの未知数な耐久性

接続アプリのポンコツ具合

信頼性のおけない電池持ち

やる気のないメーカーサポート

無駄すぎる拡張機能

もちろん日本語などありません

 

この辺から見てもう初心者お断りのガジェットだ。

 

デザインも時計というよりはガジェットといえるもの。
普通の人には「手首に謎の装置」が付いているように見えるそうで、少なからず言われなければ時計には見えないとか。

 

そして、こんなスマートウォッチを普通の人に与えて使いこなせる気がしません。

 

後継機でカメラ機能を省いたコストダウン機でnubia Watchがありますが、こちらも後継機が出てない。

f:id:hayaponlog:20220328213816j:image

一言でいえば「ありえたかもしれない近未来を体験する。」そんなガジェットだ。

 

スマホが折りたためる時代なのに、なぜスマートウォッチはフル画面で手に巻けないのか?という思想をお持ちの方にははまる端末だと感じる。

 

www.hayaponlog.site

 

www.hayaponlog.site

 

 

あとロマンを求める方、変態ガジェット愛好家の皆様は言うまでもありません。

 

それにしてもこの端末。eSIMが利用できて通話もできるので扱いはスマートフォンにもなるような気がしますが、その場合フォルダブルに分類されるのかどうか。微妙な所だ。


それでは