はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがなにか書いています。

はやぽんログ!

【 イヤホンレビュー】Ultimate Ears UE900 レビュー フラッグシップなデザイン 音は素晴らしきUEサウンド

どもー今回は Ultimate Ears UE900です。



ちなみに今まで買った中で1番高かった…サポートページはこちら

「音楽に狂ってる人に届け」
また、凄いキャッチフレーズですね。
まぁ、この価格帯の機種に手を掛けるのは間違いなく音楽に狂ってる方ばかりです。

内部構造ですね。後でまた、説明します

こちらは付属品ですね。

そして…Logicool ueと書かれた立派な箱その中に…

本体が…うぉぉーかっこいいぞこれ
特に下のケースとか…さすが、フラッグシップ。格が違いますね。

本体

なお、本体の青いプラスチックの部分は透けており写真の通りBAユニットを見ることができます。

このカスタムイヤーみたいなシェルプレートがいいですね
ueのロゴも塗装じゃないのではげて消えることも少なくていいですね。
フェイスプレートは剥げやすいそうですが…気にしない気にしない

10Proと違いちゃんとした豚鼻ではありません…変わりに音響フィルターとバスレフポートがみえます。

もちろんリケーブルもできます。
コネクタはMMCXのため、10Proよりもサードパーティ製のものが多く使えます。

大きさはSE215SPEとあまり変わらない
耳から出っ張る10Proから大きく改善されています。そのため、耳への収まりもいいです。

ケーブルは二本付属
マイク付きの青いケーブルと
通常タイプの黒いケーブル
最初はマイク付きの青いケーブルが本体についています。
どちらもツイストケーブルなので絡まりにくいです。また、長さも同じで1.32m
でL型プラグです。

マイクコントローラ付きケーブルのマイク部です。
マイクの方にはueのロゴも入ってます。
マイクの感度もよく、使いやすいです。

そしてかっこいいケースの中には
標準プラグ Mサイズのイヤーピース
そして、ポーチ。ケースにポーチとは…さすがです。

ん…ポーチの中にも何か入ってるぞ

どうやらイヤーピースです
シリコンが5サイズ
コンプライが3サイズ付いてきます。
まぁ、これで合わない人は少ないですね。そして…

よくわからないアダプターが…
どうやらアッテネーターで抵抗が入ってるみたいです。
恐らく飛行機に乗った時に使うのでしょう。筆者は飛行機に乗らないのであまり意味はありませんが、アッテネーターは使い方次第で音質向上にも使えるので少しラッキーかも。


当機はueの完全新作コンシューマ向けのフラッグシップモデルになります。
クアッドBAで構成は3way4ドライバーとなっています。
位置的には10Proの上位機種
対抗機種はShure SE535LTD Westone W40 オーディオ テクニカIM04辺りになります。

ではさっそくレビューします。
そして、今回から環境を変えます。
Neutron Zは変わらず、音源ファイルをハイレゾ音源にしてみました。

Neutron Z 直刺し 24bit 192kHz音源
で今回はレビューします。

高音は解像度が高いですね。3wayの
独立回路になっているので他の音域に潰されることはありません。
煌びやかさはCK10に劣る部分もあるが、比較的煌びやかな機種です。
(CK10がキラキラした高音に特化してるからそう感じるだけです…普通に乗り換えれば感動ものです)

ヴォーカルはこちらも中音域用のネットワークが組んであるので存在感があります。
同社のSuper fi4ほどヴォーカルは近くないですが、質感はそれに近いものがあります。実際聴き比べてみてもヴォーカル成分は「Super fi4のドライバーを積んでいるのか!」というくらい似ています。
(あくまで偏見です。)

低音はBA型なのであまり期待はしてなかったのですが、10Proの低音に厚みを加え、さらに質重視にした感じです。
デュアルBAのXBA-2に近い感じがありますが、あれとは若干違います。
D型とBA型の中間のような低音です。
沈み込みも再現できますが、D型には劣ると言ったところです。

空間表現はさすがueですね。
広いです。BA独特の狭さを感じさせませんこれはueの機種の多くに言えることなので何とも言えませんが
当機は間違いなくueサウンドです。

比較機種のレビューはこちらから
ATH-CK10 レビュー
Super fi 4 レビュー
XBA-2SL レビュー
音漏れはしてないですね。外遮音性も高いです。
メーカー公表値では-26dbとあるので
まぁまぁある方ですね。
ちなみにSHUREは-37db
エティモは弾丸装着時に-42db
と他のメーカーに比べれば微妙ですが、日常生活においては十分すぎる遮音性です。

タッチノイズはシュア掛けなので皆無ですね。クリップも付属するので気になる人は付けて使用すれば問題ないでしょう

そうですね…初めてこの価格帯の物に手を付けましたが…知ってしまうと怖いですよね…^ ^

ue900を初めて聞いたときは正直
10Proに近い音を想像していた自分から見るとあの個性がなくなって物足りないと感じました。
でも、10Proにない高音の煌びやかさと
質がいい厚みのある低音
これに惹かれました

そして、10Pro用のリケーブルも品薄で値段が高騰してゆく中でMMCXコネクタに切り替えてあった。
リケーブルの汎用性も高いと見て今回、購入に踏み切りました。

正直、このクラスのイヤホンにコスパ云々は無いとおもいますが、音は素晴らしいです。
BA型なので聞き疲れしやすいですが、それだけの解像度を持っています

あと、直刺しで鳴らしきるには火力のあるプレイヤーが必要です。
特に重低音の再生能力が優れているプレイヤーがいいですね。
厚みのある低音を響かせてくれます。
地味にインピーダンス30Ωなので非力なプレイヤーでは厳しいです。
アンプを挟めれば全体的に厚みのある音になります。これはオススメです。
使用したアンプはE07Kです。

E07Kの記事はこちら

オマケ

青いケーブルの使い道が無かったので
SE215SPEに付けました
音は若干まろやかになります。

まぁ、デザイン重視ですかね(笑)

SE215SPEの記事はこちらから

バーンインもまだ終わってないので音が変わるようならまた報告します。

これでスパイラルも止まると思います


4月追記

後継機種のUE900sが5月に発売されるそうです。

ロジクール カナル型イヤホン UE900s

新品価格
¥39,600から
(2014/11/16 18:41時点)



筐体の形、大きさは然程変わりませんが
音に若干のチューニングが加えられているそうです。また、付属品のイヤーピースにも改良が加えられています。

9月追記

UE900sを試聴できたので報告
UE900に比べてドンシャリよりの音になりました。UE900よりバランス重視になりましたね。
そのため、音的には10Proに近づいたと思います。よければ参考程度に

機会があればレビューします。

2015年 8月追記

UE900も音がかなりほぐれてきました。さすがに1年使うとそうなりますね。

スパイラル止めるつもりで買ったのに、気付いたら定価ではUE900の2倍近いWeston UM Pro 50を買ってしまう筆者です。

さすがに止まるかな…

現在はPro 50に付属していたEPCケーブルにリケーブルして利用しています。

若干ながら音に密度が生まれます。

そして残念なことに…

一部剥げてしまいました。まぁ、仕方ないですかね。


それでは今回はこの辺で(・ω・)ノ