はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがなにか書いています。

はやぽんログ!

【 スマホレビュー】富士通 T-02d レビュー みおふぉんと組み合わせて格安で使うならお得に使える1台

どもー今回は。


iOS 9…使ってみてやっぱりAppleらしくないんですよね。革新的じゃないというか…完全にユーザーアクティビティの熟成に入った感じですよね。

ジョブズのいた頃のイノベーター的要素がなくなった感が凄いです。

そこで今回は、ちょっと懐かしい

富士通 REGZA Phone T-02dをレビューします。

え、iOSの話をしたのになぜAndroid端末にって?まぁ、その時の気分です(笑)

本体背面。クレードル用の端子にカメラ、そして指紋センサーがあります。

カメラ周りの出っ張りとかはない。また、指紋センサーの部分はボタンになっており、ここで画面ロックをかけることもできます。

本体上部にmicro USBコネクターとイヤホンジャック。それにワンセグ用のアンテナがあります。

REGZA Phoneと言えばこの物理キー。
ソフトウェアキーにくらべると遥かに操作感が良く、ハッキリと押した感覚があります。

バッテリーは1800mAとやや心許ないが、取り外しができる面ではバッテリーを複数持って使うこともできます。


当機種はNTT docomoの2012年夏秋モデルになります。

この頃のモデルからXiに対応しており、このT-02dもXi対応になっています。


それでは性能の方をサクッと

SoC Snapdragon S4 Puls (MSM8960) Dual Core 1.5GHz

RAM 1GB

ROM 4GB+SDカード

画面 4.3インチ 960×540 250dpi
AMOREDディスプレイ(有機ELパネル)

カメラ
リア1310万画素
フロント130万画素

バッテリー 1800mA

OS Android 4.0→4.1

他にも、指紋認証ワンセグ、Xi対応。IPX7等級の防水、防塵機能を搭載


この機種はREGZA Phoneブランドの最後の機種であります。
また、端末自体は富士通製…なので富士通REGZAなんて言われ方もします。
富士通なのか東芝なのかよく分からんものです。


他にもREGZA Phoneでは唯一のJB端末でもあり、Google Nowもしっかり使えます。

この機種の良いところ。


・Xi対応

何と言ってもこれですね。3Gの約3倍
(Foma Hi Speadの上限である14Mbps)に当たる50Mbps。早いですよ…3Gに比べれば。



・モバイルレグザエンジン 6.0

これはXperiaにも似たようなもので、
モバイルブラビアエンジンというものがありましたね。
まぁ、発色を東芝製のテレビであるREGZAに近づけるモードと言えますね。

発色はかなりダイナミックな発色ですね。有機ELパネルというのもあって発色はリアル…すぎるかもしれないほど発色が良くなります。


・ドルビーサラウンド モバイル

意外にもスマホで迫力のあるサラウンドが楽しめます。ヘッドホンを付けて映画なんかを見るときにはぴったりです。


・意外にも高い処理能力

Snapdragon S4 Pulsのおかげか比較的SNSなんかは快適です。
ベンチマークを回す限りではSnapdragon 400搭載端末と大差ない性能ですので、過負荷をかけなれば十分動作します。

ゲームもパズドラあたりなら問題無いかと。
スクフェスナナシスは辛うじて。調整が必要な部類ですが、可能です。

デレステに関しては厳しいです。3Dではカクツキが目立つのでオススメはしません。


と言ったことですかね。


それではダメな部分のご紹介です。


・発熱がひどい

富士通製だから仕方ない部分も…あるのでしょう。Snapdragon S4も発熱する部類のSoCというのもあるからでしょう。
そのため、発熱によるクロックダウン→処理落ちというループに陥ります。
ひどい時はフリーズや強制シャットダウンが起こることも…

冬場はホッカイロになるので便利ですよ(笑)


・電池が持たない

先ほどの発熱も関係してきますが、電池は持ちません。容量が同じくらいのXperia acro HDとは大違いです。
なので、外ではモバイルバッテリーは必携になりそうです。
1800mAと心許ない容量というのもありますね。


・ ハードウェアキーが光らない

これは意外にも不便です。静電容量式のキーで光らない初代Androidウォークマンに比べればましですが、やや使いにくいですね。
また、REGZA PhoneはSAMSUNGのGalaxyシリーズと同様で戻るキーが右、メニューキーが左になっています。
なので、最初は間違えますよ。
戻るとメニューを。


・無駄アプリいっぱい…

富士通さんもよく分からんものを入れてきますが、docomoさんはもっといらないものを入れてきます。
しかも、無効化すらできないどうしようもないものです。
まぁ、キャリア端末の宿命ですので仕方ないですかね。



総評


この端末は友人から5000円ほどで購入し、時たまプリペイドSIMで利用していました。基本はWi-Fi運用ですので電池に関してはそこそこって感じです。

一応Android 4.1ですので、Googleサービスは最新のものが使えるのは助かってます。

カメラもSONY製のセンサーであるExmor Rを搭載しているので、同時期のXperia並に写ります。

まぁ、どうしようもない機能がいっぱい付いているのはキャリアスマホなので仕方ないですけどね。


発熱さえなければ結構まともなんですけどね…みおふぉんとかと組み合わせて格安でスマホを使うならいいかも…性能を求めなければ。はい…

中古相場も7000円ほどで落ち着いてますし…まぁ、それより安いこともありますから。

それでは今回はこの辺で(・ω・)ノ