はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがなにか書いています。

はやぽんログ!

【スマホゲーム】【デレステ】アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ向けの端末検証 (Android機 iPhone iPad)をしてみて

さてさてどーもー。今回は

やっとわかってきました。デレステについてです。


筆者はSSR蘭子さまが出たのでリセマラは終了です。

アニメ連動キャンペーンを行ったりとなかなか華が咲いてきました。

すでに400万以上ダウンロードされ、あっという間にナナシスを追い抜いてしまいました。


今回は前回記事を上げてから、色々わかりすぎてしまったので別記事にします。

前回記事はこちらです。先に見ておくことをオススメします。


まず、推奨の端末です。


Android端末

前回は3D標準推奨がSnapdragon 810、808、805としていましたが、どうやら機種によってムラがあるようです。


Qualcomm

まずはSnapdragon 810端末から

Xperia Z4、Z4 tabletは発熱によってタップ感度が落ちる、カクつくといった症状が確認されました。

Arrows NX(F-04G 別名 ポンコツアンドロイド)ではXperia Z4で報告されたものに追加で、発熱によるアプリの強制終了もありました。

アイマス公式コラボ端末なのにこれじゃね。


AQUOS ZETA(SH-03G)
AQUOS SERIE(SHV32)の2機種は発熱はあるものの意外にも快適だと言う声もあります。

発熱で使い物にならないと言う声もあるので何とも言えません。

個人的にはクロックが抑えられてて本来の性能が出せず、この機種はダメです。


HTC J butterfly(HTV31)は発熱はあるものの、快適に動作。タッチパネルの感度がやや悪くなることがあるくらいに感じました。810機種の中では比較的まともです。

そのため、快適です…とは言えませんが、ある程度は動作するみたいです。


また、今後出るであろうXperia Z5も同じSoCなのであまり期待はできません。


Snapdragon 808

isai Vivid(LGV32)は発熱するものの快適。一部Xperia Z4より快適に動作するとの声もあるので、こちらの方が良いかもしれない。


Snapdragon 805

Galaxy Note edgeは快適。発熱は810端末より控えめなのでパネルが熱くなることはあるが、処理落ちとかは少ない印象があります。


Nexus 6は快適。こちらもパネルが熱くなることはあるが、処理落ちとかは無し。金属筐体でもあるため、冷却効率も良い


808や805は搭載端末が少ないので声もすくないですが、810よりは良いとの声が多いです。


Qualcomm系SoC搭載端末なら現状は805搭載端末が処理も含めて安定してるみたいです。

なので、2ちゃんねるまとめサイトではNexus 6が最も安定していると言われています。


逆を言うと日本の端末がポンコt…なのかもしれません。
発熱するチップを搭載しながら、熱が逃げない防水仕様にしたり


いまいち最適化されてないキャリアアプリと言い…

まさに、「ポンコツアンドロイド」ですよ。(笑)


Exynos系

ExynosはExynos 5 Octa辺りまでは問題ないみたいですが、これもやや微妙ですね。

Galaxy S6やS6 edge、Note 5と言った
Exynos 7420搭載端末なら何の問題もなく動作します。

実際、発熱によるクロックダウンが少ないので快適だと思われます。

Exynos 5 Octa(Exynos 5420)搭載のGalaxy tab Sシリーズも快適との声が多いですね。

海外版のGalaxy S5にはこれとほぼ同型のExynos 5422
または上位のSnapdragon 805を搭載したLTE-Aモデルがあるのでこちらも快適だと思われます。

また、日本版Galaxy S5のSoCは
Snapdragon 801なので悪しからず。


Exynos 5 Hexa(5260)搭載の端末での動作報告はほとんどないです。

下位機種のDualでの声が無いのでよく分かりませんが、HMP対応のヘキサコアなので恐らく快適かと思われます。

追記、3D軽量ならそれなりに快適だそうです。


理由:Exynos 5 Hexa端末が日本未発売のため。
(今のところはGALAXY Note 3 Neoのみしかありません)



日本版Galaxy S5では、ややM@STERクラスの難易度だと厳しいところもあると聞きます。

また防水のためか、Galaxy S5 Activeなんかでは発熱の影響かノーツ抜けが起こることがあるとのこと。


Intel

Atom Z3580搭載のZenfone 2
(RAM 4GBモデル)はノーツ抜けがややあるものの、基本的には快適な印象。

まだ64bit処理が最適化されてないので、さらなる性能向上が図られる可能性があります。


NIVDA系

Tegra K1を搭載するNexus 9は画面端の感度が一部悪い時もあるが、概ね快適。3D標準でもしっかり動く。
発熱もそこまで酷くなく、プレイに支障はない。


MediaTek

MT6595(1.8+1.3GHz Octa Core)搭載の
Lenovo X2では動作自体は快適。ハードウェア的に感度の悪い部分はあるが、プレイに支障が出るほどではない。発熱はあるものの、強制終了といったことはないそうです。



ここまでで分かったことが、防水端末は総じて動作が悪い。ということです。

Galaxyはほとんど非防水ですし、Nexus 6も防滴ではあるものの、防水とは言えませんし。

排熱効率が悪いというのがそのままゲームに影響してくるみたいですね。


なので、デレステを快適に高画質でプレイしたいなら非防水でSnapdragon 805端末またはGalaxy S6世代の端末辺りをオススメすることになります。

Nexus6 Y!mobile 64GB 白ロム ホワイト

新品価格
¥64,975から
(2016/6/9 11:27時点)




オススメのNexus 6


発熱も少なく大画面でプレイしやすい。
数少ないOPEN GL 3.1対応のAdreno 420を搭載してます。


iOS端末

iOS端末ではiPadがやや思ったように動かないというのが多いですね。

iPad Air 2は問題ないそうですが、Airやmini 3 mini 2では3D標準はやや重いとのこと。

A6XのiPad Retinaも3D軽量がやや重いと言う声があります。

これらは画面サイズからなる解像度の高さが原因かと思われます。

iPadでプレイする方はやや念頭に置いた方が良いかもしれません。



・開発者向けオプション(Android向け)



どうやらこのゲームも開発者向けオプションを弄ることで、少し快適になったりするそうです。

困った時の魔法の呪文のように


GPUレンダリングをON

HWオーバーレイを無効※

4×MSAAをONに※

これだけで少しは快適になるかもしれません。
また、HWオーバーレイと4×MSAAは再起動時にオフになるのでオンにしましょう。

※低スペック端末にはオススメしません。動作が劇的に重くなります。



・端末のサイズ


また、やりやすい画面サイズもだんだんわかってきました。


Nexus 7(7インチ)

Nexus 6(5.96インチ)

302KC(4.5インチ)

T-02d(4.3インチ)です。

この下にiPhone 5等の4インチ。

さらにはiPhone 4S等の3.5インチが入ります。

こうやって見るとやや4インチ台はやりにくい印象を持つかもしれませんが、本当にやりにくいのです。


特に4.3インチ以下。個人的な感覚ですが、指同士が当たるんですよね。

Android機では4.5インチ以下は少なくなりましたが、iOSではiPhone 5Sや5と言った4インチ端末もまだまだ現役です。

メイン機で使う方も多いので、アイコン周りのUIや判定周りは改善して欲しいところです。


また、iOS 6での動作を確認しているということはiPhone 4Sなどの3.5インチ端末でも動作検証をしてる…と思われるので何とかして欲しいところ。


画面解像度もiPhone 3GSの480×320はいいとしても、Retinaの960×640には対応して欲しいところです。

9/25 追記。960×640には対応したようです。


前回の記事で私がiPhone 6、6Plusを勧めた理由がこの指が当たるという点を考慮しての結果です。

その面、Android端末は選ぶ自由はいっぱいあります。
特に最近の機種はほとんどが5インチ以上ですので、やりにくいという事は少ないでしょう。


4インチ台と言うとXperia Z3 CompactやXperia A4とかになりますね。

また、タブレット端末だとプレイ感覚は画面が大きい分やりやすいです。

個人的には5インチ~10インチくらいが1番やりやすいと思います。

4.5インチまで私は大丈夫ですが、個人差もあるので悪しからず。


また、Android版も1280×800、960×540、854×480、800×480と言った解像度には、まだうまく調整されてない部分があります。
私が確認した限りでは
2560×1440、1920×1080、1280×720では綺麗に表示されました。


デレステスクフェスなどと異なり、アプリ画面を全画面表示するようになってます。

(スクフェスはサイドカットで特定の解像度になるように調整してある。)
そのため、ちょっと特殊な解像度や低価格向け機種の画面解像度はジャギが乗る部分がありますかね。



その他


iOS版は脱獄端末での動作を確認。

iOS 9.0での正常動作を確認しました。

Android版もRoot取得済み端末での動作を確認しました。

また、Android 6.0での正常動作を確認しました。
スクフェスとかは動かないので珍しいかも。

また、同じ端末ならグローバルモデルの方が動作が快適との声が多いです。

XperiaやGalaxyでは海外ROMで動作が快適になる印象もあります。(原因不明)


Euphorid OSでの動作を確認しました。

CyanogenMod11での動作を確認しました。

また、オーバークロックカーネルの導入でNexus 7(2012)のオーバークロックでの動作を確認しました。

Windows Phone版が出るとの情報は今のところないです。ユーザーもいるので出て欲しいですね。

前回記事はこちらからどうぞ
アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ向けの端末選び


新しい記事はこちらから。決着がつきました。
デレステ向けの端末。その3

デレステ1周年おめでとう!記念記事です
その4


それでは今回はこの辺で(・ω・)ノ