はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがなにか書いています。

はやぽんログ!

【スマホゲーム】【ガルフレ♪】ガールフレンド(おんぷ)向けの端末を考えてみた

どもー今回は

本日 15日のメンテナンスがやっとのこさ終了し、まともにプレイできるようになった
ガールフレンド(音)通称ガルフレ♪です。


リリースはiOS版、Android版共に12月1日でしたが、それから数時間後には「致命的な不具合」という理由で終了日時未定という異例のメンテナンスを取りました。

なので、私も検証できずに長引いてしまいました。

現在はAndroid版のみリリース。
iOS版はストア申請の関係から2.3日遅れるとのことです。

12月17日 17時にiOS版もリリースされたので追記しました。

また、iOS 7.1以降 Android 4.1以降が動作要件となっています。

ゲームシステムは「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」に近い印象です。
ただ、真ん中にミラーボールがでてくることがあり、そこをタップするとスコアが上がるシステムになっています。
また、3Dモデルは1体のためデレステのようにとてつもなく重いということは感じないでしょう。


ホーム画面まで3Dモデルが動作してボイス付きで喋ってくれるのは、元々恋愛ゲームであったことからのこだわりですかね。


そもそも、この元になったゲーム
ガールフレンド(仮)は今から3年前にリリースされた学園恋愛ゲームであり、累計ダウンロード数は500万を超えるベストセラーゲームです。テーマは「耳で萌える学園恋愛ゲーム」というもので豪華声優陣を揃えたのも話題でしたね。

例えば

THE IDOLM@STER水瀬伊織や楽園追放で
アンジェラ バルザックなどの数々の役を演じた釘宮理恵さん


魔法少女リリカルなのは高町なのは
のうりんで木下林檎などの数々の役を演じ、歌手としても活躍する田村ゆかりさん

などなど...他にも豪華声優陣が多く参加していま...他にも!?

うーん...

ラブライブ!南ことり役などを演じた内田彩さん

THE IDOLM@STER如月千早役などを演じた今井麻美さん

けいおん!平沢唯役などを演じた豊崎愛生さん

魔法少女まどか☆マギカ鹿目まどか役などを演じた悠木碧さん

初音ミクの声の持ち主である藤田咲さん

初代 初音ミク Project DIVAモーションキャプチャを勤め、神様のメモ帳でアリス役などを演じた小倉唯さん


などなど豪華な顔ぶれです。
*1


恐らくこのゲームが伸びた理由はテレビCMを放映した際にクロエ・ルメールの自己紹介がうまく聞き取れないことから話題になりましたね。
俗に言う(^p^)くおえうえーーるえうおおおwwwwwwwってやつです。

ちなみにこのゲームはブラウザゲームというカテゴリでもあるので、とにかく軽いです。
最低動作要件もAndroid 2.3/iOS 5.0ですので、標準ロムのGalaxy Sや初代iPadでも動作することになります。

またGoogle Chrome上でも動作するので、事実上ほぼすべてのプラットフォームでプレイできます。



と少しそれてしまいましたが、私が書くということは。はい、いつもの推奨端末です。

ですが、今回は試せた端末も少なく
あくまで推論になる部分もあるのでご了承ください。


ルフレ♪では
「高演出モード」「標準モード」「軽量モード」「最軽量モード」の4つに別れています。
それぞれ端末によって推奨環境が異なってきます。

また、最軽量モード以外では3Dモデルを動かすことになります。

iOS版の推奨端末はiPhone 5以降となっています。

iOS版は、メンテナンスに入る前にiPhone 5で試した時に「標準モード」でプレイできました。

※メンテナンス後はiPhone 5でも軽量モードでした。



iOS版は恐らく、A8端末(iPhone 6以降)は高演出モードでプレイできるのではないかと思います。

まぁ、性能よりも世代で分けた印象がありますね。
iPhone 6以降のA8 A8X A9 A9X搭載端末になりますかね。

A7、A7X端末(iPhone 5SiPad mini 2など)が標準モード

そして、A6、A6X端末(iPhone 5 iPad 4 Retina など)は軽量モード
ですが、標準モードも問題なく動くので大きな差にはならないと思います。

A5、A5X(iPhone 4SiPad Retina)では最軽量モードでした。

A5では軽量モードは問題なくプレイでき、iPad 2では標準モードも普通にプレイできました。

A4(iPhone 4)だと軽量モードでも譜面によっては重たくなります。
こちらは最軽量モードの方が良いでしょう。



Android

Android版推奨環境。基本的にはSnapdrsgon 800以上だが、Xpera Aの名前もある。つまり、Snapdrsgon S4 Proの端末なら十分楽しめるのだろう。

まぁ、デュアルコアXperia VLも推奨端末入りしており、しっかり動くみたいなのでデュアルコア端末ユーザーも安心ですね。

Xperia Aが2つあるが、恐らくひとつは性能が同等のXperia Z(SO-02E)だと思われます。


これもあくまで推測なのですが、分かれ目はおおよそ分かりました。

高演出モード


これは6コア以上のCPUの機種だと思われます。Nexsu 6P、Galaxy S6 edge(共にオクタコア)ではこれになるのでほとんど間違いないかと。
一般的にはSnapdragon 810や808
Exynos 7420などが当てはまるかと思います。ただ、機種によっては異なることもあるので情報不足です。

ただ、P8 liteに搭載されているKirin 620 (1.2GHz 8コア)やSnapdragon 615 (1.5GHz 8コア)のようなミドルハイCPUだと、どのように出るのか分からないのが現状です。


標準モード

これは1.6GHz以上のクロック周波数を持つクアッドコアCPUですかね。
Nexsu 6(2.7Ghz 4コア)でもこれになるので、高演出モードとの差はコア数だと読めました。また、Nexsu 7(2012) オーバークロックTegra 3(1.6Ghz 4コア)でこの状態になったのでこれもほぼ確実でしょう。

一般的にはSnapdragon 805 801 800 600
Tegra 4 3(AP33)などが当てはまりますかね。

ただ、64bitクアッドコアTegra K1などではどのようになるのか分からないので、こちらも情報が少ないです。

軽量モード

これは1.5Ghz以下クロック周波数を持つクアッドコアCPUですね。
推奨端末のXperia Z(1.5Ghz 4コア)やDIGNO T(1.2Ghz 4コア)、Nexus 7 2012(1.3Ghz 4コア)ではこれでした。

一般的にはSnapdragon S4Pro 400 410
Tegra 3(AP30)

また、今のところはQualcomm社以外のCPUでは分からない点も多し。


最軽量モード

一応デュアルコアCPUです。
一般的にはSnapdragon S4 Puls S3
OMAP 4430 4460やExynos 4202になりますね。

ただ、T02d (Snapdrsgon S4 Puls 1.5Ghz 2コア)では軽量モードも普通に動作します。
やろうと思えばXpera acro HD(Snapdrsgon S3 1.5Ghz 2コア)でも何とかなります。

ただ、NW-F880(OMAP4430 1Ghz 2コア)や
NW-Z1000(Tegra 2 1Ghz 2コア)だと軽量モードでも厳しいですね。

また、Galaxy S CM12(Android 5.0.2 カスタムROM)でも動作しました。
さすがに、Exynos 3110(1.4Ghz 1コア)では厳しかったです。ですが、デレステの時のようなフリーズの連鎖はなかったです。

これによってメモリ512MB端末でも動作することを確認しました。


気になったこと


とにかく発熱します。充電しながらのプレイは発熱によるネットワークロスト(サービスの
強制停止)が起こる可能性があります。
また、フルクロック動作のためコア数が多いほど発熱する印象です。

また、2A USBチャージャーに端末をつないでおきながら、充電が間に合わない不思議現象も起こったりしました。

画面サイズはデレステほど関わってこないと思います。スクフェスに慣れていれば苦ではないと思います。



現状の不具合

Android 6.0、6.0.1端末でカットイン中にメイン音量が切れてしまうことがある

ロングトーン時に音切れが起こることがある

Intel系CPU端末(ASUS ZenPadなど)ではうまく起動しないことがある

・ゲームプレイ中に発熱警告が出る

タブレット端末でタップ感度が悪くなることがある

・画面解像度の低い端末で文字潰れが起こることがある


と言ったことが現バージョンで報告、また実際に確認しています。


その他

iOS版は脱獄済端末での動作を確認しました。
Android版はroot取得済端末
カスタムROM導入済端末での動作を確認しました。
また、Android 4.0での動作を確認しました。




総評


デレステと違い、大きく性能を問われることは無いですね。ただ、快適に3Dモデルを動かしたいなら

iOS端末ならA6(iPhone 5など)以降は基本的にオススメです。

Android端末ならSnapdrsgon 600(Galaxy S4など)以降を搭載している端末をオススメします。

メモリは1GBでもなんとかなりますが、余裕を持って2GB以上はあった方が良いかと思います。

iOSiPhone 5以降の端末なら楽しめます。
iOS版は、Android版のような極端な不具合は少ないと思うので、私自身そちらの復旧を早期に待ち望んでいます。



追記
Xperia Z4では軽量モードとなりました。恐らく発熱等を考慮した結果なのだと思いますが、現在のフラッグシップモデルに近い性能を持ちながらもこのような結果になるので単純に端末スペックだけで決まってるわけではなさそうです。

現状ではMediaTec製SoC搭載端末やHuawei製端末では見当もつかない状態です。動作報告等あればよろしくお願いします。


それでは今回はこの辺で(・ω・)ノ

*1:登場キャラのCVを見てアイドルマスターシリーズ参加声優が多いと感じるのは私だけではないだろう