はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがなにか書いています。

はやぽんログ!

【スマホレビュー】Xiaomi Mi6X 初音未来限定特装版 ついに手に入れた全世界5000台限定初音ミクスマホ その可愛さに誰もがみくみくにされ、惚れる

どもー 今回は


やってしまいました


こんなものを入手してしましました...



Xiaomi Mi6X 初音未来限定特装版


これはなにもの


中国国内で限定販売されましたXiaomiと初音ミクの公式コラボモデル 第2弾です
(第1弾はRedmi Note 4X 限定2万台 完売)

つまりみっくみくにされたXiaomiのスマホなんです。


中国国内での初音ミク人気はかなり高く、この間もMIKU WITH YOUというライブイベントが
北京、成都、上海の3都市で開催されました。

そして来年は香港にて久しぶりのMIKU EXPOも開催されることとなりました。


そんなこのシャオミクスマホですが、今回はどんなものかといいますと


キービジュアルは豆の素さん。

同社のMi6X(SD660/RAM 6GB/ROM 64GB)がベース。実用レベルで使える

なんと、限定5,000台の生産 そして、全機シリアルNo.が振ってあります。

箱が死ぬほど豪華。これだけで祭壇の花になる

今回もモバイルバッテリーとケースが付属。さらにシリアル付ドックタグも

お値段 2,099CNY(35,000JPY前後)


結論 安すぎ みっくみくにしてやんよ

と言わんばかりの価格設定



購入受付はXiaomiオンラインサイトのみ

6月末に突然の発表され、衝撃を受けました。

7月始めに受付開始したところ...予約サイトに約250万アクセスの予約受付があり、たまらずサーバーダウン
中国国内でも戦場となったため、日本での購入は絶望的かと思われました。
(もともとリージョンが中国本土でないと発送してもらえなかった模様)



その後もちょろちょろと日本にも流れてきたみたいで、いくつかはオークションや中古ショップに並んでいました。

オークションだと7~9万ほど、直輸入したイオシスさんでも7万中ごろという定価の2倍近いお値段がついています。


私のTwitterのフォロワーさんも続々と入手報告があったりと。ホントこの人たち何者


公式トレイラーより。かわいい




そんななか、私の元には台湾の友人を介して中国本土の友人が確保したという情報が入りました。


なぁんとぉぉ


持つべきものは繋がりです。ありがとうございます。

しかも受け取りはマジカルミライ大阪。オフ会で初期動作確認を含めて開封の儀をしましたらとても盛り上がりました。




というわけで...手元にきたミクさんですが


でかい!


過去のコラボスマホと比べてもでかい



Twitterのフォロワーさんに見せてもらったRedmi Note 4Xの特装版よりでかいのです。
*1



かわいいのだが。かわいい





しかも、ピアプロライセンス取得済み。クリプトン社公認のコラボモデルです。


いざ!開封!!



開封しましたら

??!

なんだこれ



え?これで祭壇になるのか。すごい。ミク廃のことを考えた設計だよ



上にあるプレートはシリアルが刻まれています。3957!ミクさん入ってる。



端末は下から



!!??



完全に貴重品というか。貢物ですよね。



これはモバイルバッテリー



本体はこっち。レーザーでミクさんとシリアルが描かれています。



デュアルカメラ、生体認証とトレンドはつかんでる



初期画面



Redmi Note 4Xのテーマも利用できる



歴代ミク関連スマホと並べてみて



スペックはこちら

SoC:Snapdragon 660
RAM:6GB
ROM:64GB

画面:6インチ 2160×1080 FHD+

カメラ:リア デュアル20+12MP
    フロント 20MP

バッテリー:3010mAh


特徴

実用クラスのスペック

そう。十分な実用クラスです。

時代遅れどころか、18:9ディスプレイ、AIデュアルカメラ、高精度な指紋認証とトレンドをしっかりつかんでいます。

その上、SoCはSD660。日本ではZenfone 4やOPPO R11に搭載されています。
実性能はKirin 960などに相当するものとなります。

前回のRedmi Note 4XがSD625であることを考えるとかなり性能が上がっています。


良い点

専用壁紙といったコンテンツがある

ミクさんがかわいい

ミクさんがかわいい

ミクさんがかわいい

私のはシリアルに39の文字列が入ってるのでミクさん

公式コラボ全天球カメラ RICHO THETA SC Type HATSUNE MIKUの母艦になる。




難点

ミクさんがかわいいため、丁寧に扱わなければならない

中国生まれのミクさんなので日本語がない(システムロケール含む)

Googleサービスはインストールされていない

間違ってEU ROM(グローバル)化してしまうとミクさんが実家に吹っ飛ぶ

基本的に保障がない




総評



これを導入した日本のミクファン...もといミク廃の場合は問題ありません



技適?え?MIKU EXPOの時に使うからええやろ

日本語ない?え?台湾とか普通に行くから中国語はなんとなく分かるし、最悪英語で使うわ

保障ないし、アクセサリーもない?え?台湾や香港、本土の小米之家で買えばいいんでしょ。

こんなこと言う人たちですので



そもそも、この「ミク廃」という人たちはXperia feat.HATSUNE MIKUという出た時点で世代遅れ、OSもアップグレードされず放置された子を大切に使ってきたミクさんへの愛あふれる者たちです。

私を含め「初音ミクへの愛」だけで端末を使ってきた方には説明不要です。


実はとある商社が輸入代理店となって限定ながら日本でも販売した例がありました。(高いけど)

そのおかげもあって、今日本には130台前後が入ってきているのかと思います。
(今年の8月31日時点では日本人オーナーは私含めて16人だったと記憶しています。)

Googleサービスの導入や日本語の導入手順もあるのですが、それはまた別の機会に。

てか、これを買う人は事前に調べていたりするのでは...


この機種を使うにオススメな方

難点を全て踏まえて使えるミク廃のみなさま

ガジェットマニア


それでは今回はこのへんで

*1:なお、これは中国限定販売のスマホがなぜか日本で見れた不思議な光景です。