はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【ミリシタ】ミリシタがサポート外になる端末を搭載チップセットの側面から考えてみました。


どうも。

 
 
今回はミリシタのサポート外になる端末について追加情報が出ましたので、搭載してるCPU面から考えてみました。
 
サポート外になる理由の考察と、端末課金についてはこちらをどうぞ
 
 
※ここでは分かりやすくCPUという言葉を使います。
本来スマホにはCPUよりもSystem on Chipの略称であるSoCを使う方がニュアンス的にはあってます。参考までに
 
 
 

新規対象の端末を推測すると

 
 
 




追加された機種を見ると…なるほど。
 
今まで上がっていたものを搭載しているCPUで見るとこのようになります。
 
Snapdragon 800/801(MSM8974AA/AB/AC APQ8074)
Snapdragon 617(64bit)
Snapdragon 600
Snapdragon S4 Pro/Prime
Snapdragon 400
 
 
と主にQUALCOMM社のCPUを主体で出てきており、ここに挙げたのはほとんど32bitのものであることから
 
32bitの環境がサポート外になるのかなと想像がつきます。
 
 
ところが追加されたのを見ると
 
Snapdragon 410 (64bit )
Snapdragon 617 (64bit)
 
MediaTek Helio X10(MT6795 64bit)
MediaTek MT8176(64bit)
 
なんと、最初期のエントリーとミドル帯の64bit対応CPUと、MediaTek製の一部のCPUが加わりました。
 
そして、ミリシタのリストになんで日本未発売の変なスマホがあるんだ…というのは置いておいて。
そう、過去にもXiaomi MiPadとかいう文字が出てきたミリシタちゃんなので、多少の変な端末は大丈夫です。
 
でもこの「PPTV KING 7s」はLeTVのX520とかに似たエッセンスを感じるスマホだったりします。もちろん日本語なんて入ってません!
 
 
 
 

 Vulkan対応がカギか?

 
 
 
 
そう。64bit対応CPUでも動かない可能性がある機種が出てきたのです。
 
 
でも、これらには共通点がありました。それは
 
 
Vulkan API非対応
 
 
そう。搭載してるGPUがVulkan API非対応なのです。
 
ただ、507SHなどのVulkan API対応GPUを積んでいながらなぜダメなのか…と探ってみたら
 
507SHはなんと32bitモードでの動作でした。
 
つまり、64bit機ではありません。
 
MediaTek搭載機も共通してPower VRの旧式GPUを搭載しています。
 
そのため、Vulkan非対応となっています。
 
 
つまりAndroid版ミリシタのVer. 2.0.600以降の動作要件は
 
64bitかつVulkan対応GPU搭載機
 
 
となるとみて良いでしょう。
 
 
 

じゃあ、どんなのが対象外になるの?

 
 
それではどんなのが対象外になるのか少し書き出してみました。
 
 
 
Snapdragon 400/410
Snapdragon S4Pro
Snapdragon 600
Snapdragon 615/617※
Snapdragon 800/801
Snapdragon 805?
 
※64bitモードであれば動作可能
? 32bitだがVulkanは対応
 
 
Exynos 5410
Exynos 5420/5422
Exynos 5433※
 
※64bitだが、基本的に32bitモードでの動作
 
Huawei(HiSilicon)
 
Kirin 920/925
 
 
MT6795(Helio X10)
MT8176
※基本的にGPUをimagenationにしたものが動かないと思われる。ARM MaliのものはT720世代以降であれば動作します。
 
 
Tegra K1 32bit※
※32bitだが、Vulkanは対応
 
 
ぱっとお目にかかれるところでこんな所でしょう。
 
また、32bitモードで動いてるのは最初期の64bit機か、極端に少ないメモリの64bit機です。
 
特にメモリが2GB以下だと、64bit SoCでも32bitモードで動いてる可能性が高いです。
 
 
まぁ、そんな所でAndroid機を使ってる方はちょっと気にかけてもらえると幸いです。
 

 

www.hayaponlog.site

 

もうひとつかきました

 
それでは