はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【レビュー】進化した余裕のあるスマホ「OPPO Reno3 A」は日本向けに最適化された使いやすいスマホだ!

どうも

 

今回は12月にチラッと気になってたスマホを買ってみました

 


f:id:hayaponlog:20201207000139j:image

OPPO Reno3 Aです。

 

 

 

 

これはなに?

 

昨年日本でもヒットを飛ばしたOPPO Renoの後継機となります。

SIMフリー端末ながらもFeliCaや防水防塵など、日本のユーザーが求めていたものをしっかり取り込んでいたのがこのReno Aシリーズの特徴です。

 

 

スペックとか

 

SoC Qualcomm Snapdragon 665

メモリ 6GB

ストレージ 128GB

 

画面 6.4インチ FHD+ AMORED

 

カメラ

48MP(メイン)

8MP(超広角)

2MP(モノクロ)

2MP(マクロ)

 

フロントカメラ

8MP

 

バッテリー

4025mA/h

 

 

カメラ機能を強化した余裕のあるスマホ

 

このReno Aはスペック高めながらもお手軽な値段にFeliCaと防水防塵を備えたSIMフリースマホということで、昨年は大きなヒットを飛ばしました。

 

「余裕のあるスマホ」というキャッチコピーを多く聞いた方もいると思います。

 

そんな全作のReno Aで不満のあったカメラ性能がReno3 Aでは大幅に改善されています。

 


f:id:hayaponlog:20201207000756j:image

カメラ構成は4眼

4800万画素のメインカメラに超広角カメラ、モノクロセンサーとマクロレンズを備えたものになっています。

 

作例はこんな感じ


f:id:hayaponlog:20201207000249j:image


f:id:hayaponlog:20201207000302j:image


f:id:hayaponlog:20201207000322j:image


f:id:hayaponlog:20201207000447j:image


f:id:hayaponlog:20201207000457j:image

フラッグシップであるOPPO Find X2に肉筆するような絵を出したりすることもあって侮れない存在です。

 

 

www.hayaponlog.site

 


f:id:hayaponlog:20201207000511j:image

ただ、夜景モードはPixelなどとは異なりかなりコッテリとした絵になるので、ここは好みが分かれるところ。



f:id:hayaponlog:20201207001125j:image

確かにマクロも撮れますが、解像感はやや微妙なところ。

 

 

また、Reno Aではストレージが64/128GBとバリエーションがありましたが、このReno 3Aでは128GBに統一されています。

 

写真や動画をたくさん撮っても大丈夫なまさに「余裕のあるスマホ」と言えますね。

 

嬉しいFeliCa搭載で防水対応


f:id:hayaponlog:20201207000553j:image

日本で以前から求められてきた機能はそのまま受け継がれています。

 

実際日本メーカー以外だとAppleにGoogleとOPPOくらいしかSIMフリー端末でこれらを満たしてる端末はなく、その中でもOPPOは最安クラスで推移してました。

 

この手の端末は数が少ないので、選択肢が限られるだけにありがたいですね。

 

 

普段使いには文句のないスペック

 

メモリは6GBでストレージは128GBと普通に使う分には文句のないものになっています。

 

プロセッサーはSDM665とXperia 10IIなどと同じものが使われています。

確かに、SDM710を積んでいた前作に比べると若干スペックダウンしてるのが悩みどころと言えますね。

 

それでもSNSやブラウジングが主体の使い方なら不満になることは少なく、快適に使うことができます。


f:id:hayaponlog:20201207000657j:image

端末としても画面は6.4インチのAMOREDを採用。同等クラスが液晶パネルが多いだけに、コントラスト比では比較にならないくらい綺麗な画面です。


f:id:hayaponlog:20201207001337j:image

本体背面はガラス調のものに。

カラーもあってHuawei P30のようなフォルムですね。

 


f:id:hayaponlog:20201207001235j:image

 

本体のサイズ感も持ちやすくていいですね。177gとさほど重くないのもよし!


f:id:hayaponlog:20201207000633j:image

また、画面内指紋認証にも対応。位置はかなり下なのでやや使いにくいですが、認証速度は実用できるかなと思います。

 

顔認証とも併用できるのはいいですね。


f:id:hayaponlog:20201207001308j:image

イヤホンジャックもしっかり備えてます。


f:id:hayaponlog:20201207001632j:image

個人的には付属品が充実してるのも嬉しい点。

ケースやフィルムも付属してるので本体を買ったらそのまま使うことが出来ますし、ケーブルやチャージャーもしっかり同梱されています。

 

失速気味なのは競合が強すぎるから

 

昨年は独壇場とも言えたReno Aでしたが、今作はどうしても押され気味な感じがします。

 

確かにReno A3の39,800円という価格はFeliCa搭載で防水という側面から見ればかなり頑張ってると感じます。

 

 

ところが今年は

 

Google Pixel 4a

(SDM730でFeliCa対応 お値段4万円前後)

 

SHARP AQUOS Sense 4

(SDM720で防水防塵FeliCa対応 お値段3.5万円)

 

Xiaomi Redmi Note 9S

(SDM720でお値段2.5万円〜)

 

TCL 10 Pro

(SDM675でカメラ特化構成でお値段3万円前後)

 

という強すぎるライバルがいるのです。

特に日本地盤が強いSHARPのAQUOS Sense 4とはFeliCa搭載と防水防塵で真っ向から被るところもあってなかなか難しいところ。

 

 

正直カメラ性能に興味がないならAQUOS Sense 4の方が値段も安く性能も高いので勧めてしまう気持ちもわかります。

 

また、OPPOはColor OSという独自UIが被してあるので、非常に使い勝手に癖があります。

個人的にはFind X2 Proを使ってたのである程度慣れていましたが、普通のAndroid機から乗り換えると使いにくいように感じますね。

 

 

Y!mobileさんで大幅な値引きがされてる

 

実は大手の量販店さんだとこのReno 3Aは今時点で

 

新規契約で本体一括9980円

MNPで本体一括4980円

 

という強い割引がされています。

そのため、SIMフリーとして単体で買う以上に回線契約込みならRedmi Note 9Sよりも遥かに安い非常に魅力的なスマートフォンとなっているのです。

 

今回筆者はMVNOのLINEモバイルからMNPで転出し、本体を4,980円にて購入してます。

 

さらには前回のLG V60 ThinQを買ったときにMNP転出。その際に発生したポイントで本体を支払ってるので実質0円になってます。

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

そのため、Y!mobileと抱き合わせるなら現時点では最強のコスパを持つスマホとなっているのです。

 

 

最後に

 

カメラ性能と防水防塵、FeliCaをお手頃に両立するならこれ!

 

と言えるスマートフォンです。

 

下半期に出てきたスマホに比べるとウィークポイントが被ってきたりと、なかなかプッシュしにくい機種になってしまいました。

 

ですが、Y!mobileさんとのセットならFeliCa搭載SIMフリースマホとしては一気に最安まで躍り出るので、それだけでも購入理由になると思います。

 

まさにこのスマホは

 

・お手軽なSIMフリースマホが欲しい方

 

・防水防塵とFeliCaは外せないという方

 

・費用は抑えたいがカメラ性能は重視したい

 

 

という方にお勧めなスマホとなっています。

 

 

それでは