はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【レビュー】ソフトバンクから発売の折りたたみスマホ「Motorola razr 5G」はサブディスプレイとデザインに魅了されるスマートフォンだ

どうも

 

razr 5Gを買ってしまったのでそのファーストインプレとか買いてみようと思います。

 

 

 

これはどんなスマートフォン?


f:id:hayaponlog:20210329124438j:image

 Motorolaがリリースした縦折りタイプの折りたたみ(フォルダブル)スマホです。

 

実は、海外ではeSIMオンリーの4G版が展開されてましたが、昨年スペックアップをした5G版が登場しました。

 

今回はその5G版がついに国内でも展開された形となります。

 

 

特徴的なデザインに魅了された

 

正直、Galaxy Z Flipという同等のセグメントを持つ端末を持っているので、買う意味あるのかな??というところだったのですが…

 

 

www.hayaponlog.site

 

以前からフォロワーさんに揺さぶられ、ヒンジの音とか気になるのもありましたが、結局最後は携帯電話研究家の山根博士の熱いプレゼンを見てしまったがために購入意欲が爆上がり。

 

まぁ、こうなりました。

 

なので、購入理由の8割くらいがデザインです。

なんと言ってもカッコいい。無骨なんですよ。


f:id:hayaponlog:20210328225906j:image

まず箱からかっこいい。えぐい。なんてこと


f:id:hayaponlog:20210329124935j:image


f:id:hayaponlog:20210329124947j:image

テープのデザインやパッケージの作り込みから気合いを感じます。

 


f:id:hayaponlog:20210328225922j:image


f:id:hayaponlog:20210328230029j:image

開封したからこれだよ。かっこよすぎませんか。

しかもこのスタンドはバスレフになってて本体スピーカーの音量を多少は大きくできるなんて言うものです。


f:id:hayaponlog:20210328230048j:image

基本的にはかつて販売されていたフィーチャーファンであるrazrシリーズを踏襲しており、随所にその様子がわかるところとなっています。


f:id:hayaponlog:20210329124515j:image


f:id:hayaponlog:20210329124544j:image

ヒンジ周りのデザインも凝っており、所有感を満たすものになっています。

 

 

Galaxy Z Flipにはないサブディスプレイが購入の決め手

 

まず言えるのはサブディスプレイの存在。

 


f:id:hayaponlog:20210328230125j:image

Galaxy Z Flipには通知用のサブディスプレイがある程度だったが、こちらはちゃんとした画面となっています。

 

もちろんアプリの起動も可能で、筆者が試した限りではリズムゲームのミリシタですら動いたことから、多くのアプリがこの画面でも動作すると思われる。

 

主に画面を閉じた状態でも通知の表示、着信内容の確認、動画視聴、メールやSNSのクイック返信、セルフィーのプレビュー画面と言ったことができる。

 

 

要するに縦に折れるGalaxy Foldと言うのが近いと言えるだろうか。

 

電源ボタンは本体左上で、展開時には使いにくいポジションだが、そこは本体背面の指紋センサーでカバーできる。

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

開いて大画面はやっぱり正義

 

Galaxy Z Flipを使ってるからこそこの魅力は重々承知しており、やはり縦長となるスマートフォンをコンパクトに折りたためるのは大きいと言えます。

 


f:id:hayaponlog:20210329124639j:image


f:id:hayaponlog:20210329124629j:image

 

閉じて小さく、開いて大きく。

やっぱりこの片手に収まるのがいいのです。

 


f:id:hayaponlog:20210329124231j:image

このrazr 5GはBOE製のパネルを搭載してると思われ、Huawei Mate X2同様にヒンジ部に滴型に変形させてヒンジにしまい込むように折り畳む機構となっています。

 

そのため展開時には折り目が目立ちにくいという利点を持っており、Galaxy系との差別化を図られています。

 

ただ、この機構のためGalaxy Z Flipのような90度曲げた状態で保持すると言ったことはできないですし、メカ機構ゆえに折り曲げ時は若干軋む音がします。

 

そこに関しては使い方で選ぶと良いだろうかと。

基本的に展開しての使用がメインならどちらを選んでも大差はないと思います。


f:id:hayaponlog:20210329124853j:image

razr 5Gではこのような使い方はできない。

 

折りたたみスマホを使ってみて

 

まだまだ2日ほどしか使ってませんが、ファーストインプレとしては「もう少し完成度が欲しいな」という印象はあります。

 

この折りたたみスマホでははやりGalaxyがソフトウェア面でリードしており、比べてしまうと惜しい点も意外とありました。

 

例えば、UIがプレーンAndroidなので画面分割が呼び出しにくい点など、大画面時で少々ソフトウェアには物足りなさは感じました。

 

ハードウェアとしては、画面の切り掛けが大きいが故にステータスバーで多くの面積が使われてしまう点、Thin(アゴ)の部分がデザインや設計的にも大きく出ておりスワイプジェスチャーや文字入力がやりにくい点だろうか。

 

そのため、6.2インチの大画面ながら実行範囲は6インチくらいとやや惜しい結果に。

Thinのデザインも含めてやや画面が小さく見えるのも相まってると思います。

 

そのような難点がありながらもZ Flipにはない実用可能なサブディスプレイや、完全に折りたためる点と言ったところもありそれぞれ一長一短と言えるところ。

 

スペックとしてはSnapdragon 765 5Gにメモリは8GBとLG WINGやPixel 5に近いものになっています。

そのため、スペック不足感は感じられず過敏に動作します。

写真はこんな感じで比較的綺麗です。シングルカメラなのがやや惜しいですが、デザインを取ればまぁこうなりますよね。

 

ソフトバンク版ってどうなの?

 

 

実は今回、けしからん店舗の割引を受けた結果なんとオープンマーケット版よりもお安く買えてしまう結果となりました。

 

この機種、auのZ Flipではできないと言われたMNPの割引が効いたりして値段の高さはさほど感じないところも罠です。

 

実際のところ、SoftBank版ではeSIMが塞がれたシングルSIM仕様で料金も若干高いとか言う「誰が買うのかこのクソ仕様」というものです。

 

蓋を開けると型番はグローバル版同様のXT2071-4でSoftBank独自の型番は振り分けられていません。

 

 

その理由はなんとソフトウェアでeSIMを潰してるというもの。それでもデュアルSIMの痕跡が大きく残っており雑さまでを感じる。

 

Redmi Note 9Tの時の作り込みはどこへ行ったw

 

www.hayaponlog.site

 

 

あまり大きな声では言えないが、ごにょごにょすれば使えるんじゃね?なんて気もしなくはない。

 

 

まぁ、SoftBankで買う利点は店頭のポイント還元や割引を併用してお安く買うのを狙う点、ケータイ保証を確実につけられて満額負担してくれる点でしょうかね。

 

あとは2年後に確実に半額で引き取ってくれる点。

Galaxy Z Flipを見てわかるように2年後に半額で売れるかと言われると…ねぇと言うところですので。

 

最後に

 

 Motorolaが送り出したもうひとつの縦折りタイプの折りたたみスマホであるこの機種

 

Galaxy Z Flipの時に言った「日本ではこっちが流行るのでは?」というのが形になりそうです。

 

もちろん価格面とかのハードルはありますが、今回は日本おけるフォルダブル端末としては初のオープンマーケット展開もあってかなり攻めた形となっています。

 

サブディスプレイによる閉じた時でも使える使い勝手の良さ

 

往年のデザインを彷彿とさせるレトロながらも現代的なデザイン

 

人と違うスマホを持ちたい方

 

にオススメできる「カッコいい」スマートフォンです。

 

 

最近好調の Motorola

海外展開のedgeシリーズやMoto modsスマホも展開して欲しいなも思うところです。

 

次回はGalaxy Z Flipとの比較とか使ってみた良さとかを書ければなと思います。

 

www.hayaponlog.site

 

 

それでは