はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【体験談】ドコモでスマホの単体購入(白ロム購入)をしたら1時間半以上かかった話

どうも

 

今回はドコモでスマホを買ったお話です。

 

 

 

久しぶりの端末単体購入をしたら1時間半以上も購入に時間がかかった!

 

 

今日はたまたま近所にiPhone SE 2020を移動機購入でも22,001円で購入できる量販店がありましたので、購入に至ったのですが。

 

なんと、時間がかかると言われたので「まぁ、30分くらいかな」という気でいたのですが。

 

 

何とかかったのは1時間半以上…どうして。前にソフトバンクやauでやった時はものの10分程度だったのに。

 

 

やってることは新規契約と同等だったドコモでのスマホ単体購入

 

 

スマートフォンを現金で買うだけ。

何で1時間半以上もかかるのか。

 

今回は契約なしでの本体のみ購入。

 

普通に考えれば店頭に置いてある商品を購入するのと何も変わらないわけであり、ものの数分で終わるはずです。

 

これは原因としてドコモの場合は端末のみの購入が回線の新規契約と手順や登録が同じというのが挙げられます。

 

 

ドコモの場合はどうもスマホ単体で購入するにも1度新規契約でシステム上に登録しないといけないみたいです。

 

このため、新規契約となってるので契約しないにも関わらずSIMカードがセットで出てきます。

(後述の解除手続きを行うのでカード自体は配られないが、1度なんらかの電話番号を発行してることには変わりない。)

 

システム上では新規契約という扱いになるため、スマホ単体の購入でも運転免許証等の身分証明証、支払い先情報登録のためのクレジットカードもしくはキャッシュカードの提示も必要になります。  

 

そのため、スマホを一括で購入する場合でも「回線契約審査」が入り、場合によっては審査で弾かれて購入できないということもあるようです。

 

また、新規契約という扱いのため18歳未満が購入するのはかなり難しいと思われます。

 

 

結果としてスマホを買うだけでも書面等への記入、システム登録、審査、端末の動作確認…でまぁ概ね並の店舗で予約しても30分はかかる構成です。

 

今回は量販店でしたのでそこそこ空いてたとは言えそれでも1時間近くかかりました。

 

 

無理のあるやり方でのドコモのスマホ単体販売

 

 

先ほどドコモでスマホ単体で買うには「新規契約と同じ登録」をしてると書きました。

 

では次に行われるのはなにかと言うと…簡単に言えば「プラン変更」です。

 

先ほど行われた新規契約で登録したものを、スマホ単体購入専用の登録に切り替えるというものですね。

 

そのため、書面も5G/Xi契約内容変更書みたいなものが出てきてこちらにも別途必要事項の記入が必要です。

 

この登録がなんだかんだ30分くらいかかります。

 

更には「まれに起こる」と説明されたのが、更新月の近くや場合によっては契約事務手数料や利用料金の日割り分が請求されてしまう可能性があるというものでした。

 

もし、このように引き落とされてしまった場合は予め指定した銀行口座に2ヶ月後に返金されるとのことで安心といえば安心ですが。

 

という訳で書面記入が5分くらい、待ち時間1時間半近く…晴れてiPhoneを購入出来ました。

 

要するにまとめると

 

1.商品を選ぶ

 

2.端末だけで買う場合もドコモのシステムに登録するため新規契約と同等の手順を取るため、購入とは思えない時間がかかる。

 

3.新規契約としたものを変更しスマホ単体で購入したことにするためのプラン変更の手順をとる

 

4.晴れて登録、処理が終わり現金等で支払いをして商品を持ち帰る。

 

 

まぁ〜〜めんどくさい。

 

 

ほかのキャリアはどうなのか?

 

ここまでドコモで買うとこのザマということを書きましたが、auやソフトバンクはどうなのか?という疑問が出ますよね。

 

本音を言うと、auやソフトバンクはものの10分程度でサクッと終わります。ドコモみたいに1時間以上待たされることは基本ないです。

 

というのもあちらはシステム登録に使うのが電話番号ではなく「端末管理番号」と言うので登録しています。

 

ドコモのような新規契約まがいの回りくどい事もしておらず、普通に店頭で商品を買うのとあまり変わらないものになりつつあります。

 

auやソフトバンクは端末管理番号とパスワードでマイページにも入れますし、そこからSIMロック解除の手続き等もできます。

 

仮に分割購入した場合はこのマイページで支払状況の確認も出来るそうです。

 

 

www.hayaponlog.site

 ソフトバンクでスマホ単体購入した時のお話です。

 

 

最後に:色々無理があるドコモの白ロム購入

 

一昨年からの「キャリアのスマートフォンも契約なしでの購入ができるようにする」という総務省のお達しが入り、どこのキャリアでも契約なしでスマホやタブレットを購入することができるようになりました。

 

ただ、auやソフトバンクは以前は購入できなかったため専用の登録となったものの、ドコモの場合は言わゆる「※白ロム購入」ができなかった訳ではなくメニューにないだけのイレギュラー対応で可能と言えるものでした。

 

実際に2年前の契約なしでの購入義務化の前にキャリアショップで白ロム購入された方の記事も残っています。

www.orefolder.net

 

他のキャリアが規制後は単体購入しやすい環境や仕組みを整える中、ドコモは旧来の仕組みに無理やり当てはめて登録してるというものに。それは時間がかかったりするわけです。

 

そもそも別で引き落としが発生するかもしれないと事前説明する時点で、もう既存システムに無理やり組み込んだ無理のあるものだと言うのが薄々感じ取れます。


f:id:hayaponlog:20210801085600j:image

ちなみにドコモでこのような端末単体購入をするといわゆるネットワーク利用制限が「-」となるものになります。

 

これは端末がドコモのシステムに登録されてないことになり、この状態では中古買取店などでは買い取ってくれない、もしくは買取価格が下がる場合があります。

 

今回買ったiPhoneは一応SIMロック解除はできましたが、Android端末ではなかなか厄介なものです。

 

ちなみに有識者の情報だと「分割購入」とした場合はネットワーク利用制限がちゃんと△になり、これを一括払いすると〇になって良いなんて話も。

 

これだと端末管理番号で登録してないドコモは何でこの端末を管理してるのか…手っ取り早いのは発行した番号を休止扱いにして、請求時に休止分料金は値引きされる的なものだろうが。

 

てか、一括購入ではドコモのシステムに端末を登録してないのなら新規契約とかの回りくどいことしなくて良くね?と言うのが感想ですね。

 

 

ここまで書いててTwitterでも色んな意見をいただくのですが、何よりこの端末単体購入

 

残念なことにオンラインでできるのは現時点ではauと楽天モバイルのみです。

それ以外のキャリアは店頭での購入となります。

一応ドコモオンラインショップでも白ロム購入は可能みたいですが、かなりのイレギュラー対応となるそうです。

 

仮にもオンラインで買えても店頭のような割引はつかないので、キャリア専売などのものでない限り買う意味がありません。

 

例えば今回購入したiPhone SE (64GB)は

 

ドコモ:57,024円

 

SIMフリー:49,280円

 

購入店:22,001円

 

仮にオンラインで本体だけ買うのであれば、SIMフリー版を買うのが賢明ですね。

店頭事務手数料やいわゆる頭金もありませんので。

 

また、ドコモの場合は回線契約審査を通す関係で※特価BLとも言われる人たちを弾いてるのではないか?と言う考えも出来ますね。

不正購入をさせないための策なのかもですが。

 

 

正直ここまで書いてきて、行政は自分らで規制ばかり言ってくるだけでそれが使いやすいのかどうかについてはほとんど触れてこない。

 

好きな端末をキャリアに縛られないで買えるようになるには、やはり量販店に並ぶ普通の商品と同等の手軽さで買えるのが望ましい。

 

auやソフトバンクが力を入れて単体購入でも買いやすくしてる中、ドコモは回りくどいやり方でとても手軽に買えるとは言えない。

 

こういう消費者にとって使いにくい所に切り込んで監督指導するのが行政としての務めでは無いかと思う。

値下げ値下げばかり言ってキャリアや代理店にばかりに無理難題や負担を押し付け、仕組みなどの根本的な部分を放置してるのはよろしくないと思いますね。

 

 

それでは今回はこの辺で。

スマホ単体をお得に買うには修羅の道のようです。

 

 

 

※白ロム:いわゆる回線契約がない状態のことを指す。

一般的にSIMカードの入ってない端末のことを指すもので、回線契約、分割が残る状態のものは灰ロム(利用制限△)、利用制限のかかってるものは赤ロム(利用制限×)と言われることもあります。

ちなみにドコモでは「白ロム購入」でも通りますが、auやソフトバンクでは「移動機購入」と伝えると良いでしょう。

 

※特価BL:特価ブラックリストのこと。通常の契約は通るが値引きの強い商品を過去に複数台購入してる等の場合、契約ができない状態のこと。