はやぽんログ!

毎月スマホを買う普通の人がスマホの事とか書いてます。

Huawei P50 Pro レビュー 5GもGoogleもないが、期待を裏切らない写真が撮れるスマートフォン

 どうも。この馬鹿はまたもスマホを買ってしまいました。今回は最強の4Gスマートフォン。Huawei  P50 Proのレビューとなる。

 

 

 

制裁下のファーウェイが起死回生で展開したカメラ性能重視のハイエンドスマホ

 

 ファーウェイのPシリーズと言えば、ライカとコラボしてカメラ性能を突き詰めたモデルとして有名なスマホだ。筆者もライカコラボ初代のP9からほぼ毎年フラッグシップモデルを買いあさり、常進化するカメラ性能に度肝を抜かれてきたものだ。これらは過去にレビューでまとめている。

 

www.hayaponlog.site

www.hayaponlog.site

www.hayaponlog.site

www.hayaponlog.site

 

 2019年以降は米国制裁の関係で翌年のP40シリーズこそ辛うじて出せたものの、Googleサービスは非搭載という足かせを被って失速。加えて、5G関連機器には半導体部品の出荷規制なども絡み、P50シリーズの発売は絶望的と言われた中で起死回生とも言うべきか。いや、良く出したものだ。

 

f:id:hayaponlog:20210822202457j:plain

今回はホワイトにしてみた。はじめての白系になるが、これはこれでかわいい。 また、来月には廉価モデルのP50も発売予定だ。
 

自然な色味で意識せずとも美しく撮れる。P50 Proスマホカメラの1つの完成形

 

 制裁が強化された関係でSoCなどのチップセットはもちろん、ソニーやサムスンのイメージセンサーまでも規制がかかったと言われるファーウェイ。P40シリーズまではソニーと蜜月に開発したRYYBセンサーを搭載していたが、今回は規制の絡みからか搭載は見送られた。

 

 それでもライカのクオリティを達成するといったソフトウェアのノウハウはしっかりと残り、スマホのカメラ性能を次の世代へもって行こうとしてる気概を感じさせる。

 

 また、ファーウェイが得意としていたコンピューテーションフォトグラフィーの分野でも大きく進化と発表会では触れられていた。XDR Fusion Proという画像信号復元システムを採用し、発表会では「光学性能の限界を超えた」とアピールするくらいの力の入れようだ。

 

 

f:id:hayaponlog:20210822203631j:plain

 

カメラ部はデュアルマトリクスという二つのレンズを連想させるデザインに。あまり他社でも採用例がない。

 

f:id:hayaponlog:20210822195541j:plain

レンズはライカのVARIO-SUMMILUXを冠するものにはなってるが、撮影した写真のウォーターマークにはLEICAの文字はなくなっている。ライセンスの絡みも噂される中で恐らく最後のライカを冠したスマホになるともいえる。

 

f:id:hayaponlog:20210822203522j:plain

P50 Proの画角は35mm換算で13-90mm相当となる。今までのモデルから比べるとやや望遠端が抑えられた形となるが、そこは高画素センサーでカバーしている。P50 Proでは以下の通りの4眼構成となっている。

 

1300万画素 f2.2 13mm 超広角

5000万画素 f1.9 23mm 標準

4000万画素 f1.8 26mm 標準(モノクロ)

6400万画素 f3.5 90mm 望遠

 

 ここからはいくつかの作例を。特記のないものは全てオートにて撮影している。

 

f:id:hayaponlog:20210822194620j:plain

f:id:hayaponlog:20210822194725j:plain

f:id:hayaponlog:20210822195037j:plain

f:id:hayaponlog:20210822195637j:plain

f:id:hayaponlog:20210822195902j:plain

f:id:hayaponlog:20210822201603j:plain

f:id:hayaponlog:20210822201638j:plain

f:id:hayaponlog:20210822201820j:plain







 

 P50 Proは発表会で述べられていたように「自然な色味」を表現していることが印象的だ。色味でいえば直近のP40シリーズよりは構成的にも近いP20 Proなどに近い。

 

f:id:hayaponlog:20210822194814j:plain

f:id:hayaponlog:20210822194922j:plain

 色味が崩れやすい場面でも自然なカラーバランスで撮影できる。特に2枚目は青い空の色が飛んでしまったりするのだが、そこはしっかり補正をかけてくるあたりさすがだ。

 

f:id:hayaponlog:20210822195942j:plain

f:id:hayaponlog:20210822200025j:plain

f:id:hayaponlog:20210822200055j:plain

 同社のスマホではP20 Pro以来の搭載となっていたモノクロカメラを搭載。専用センサーなだけあって、表現力の高さは目を見張るところがある。

 

f:id:hayaponlog:20210822200137j:plain

f:id:hayaponlog:20210822200219j:plain

 超広角カメラは換算13㎜相当とMate 40Proシリーズより広角端が広くなっている。Mate 40 Pro+で採用されたフリーフォームレンズが使用されてるかは不明だ。

 実のところ換算13㎜クラスの超広角カメラはGalaxy Sシリーズくらいの採用例にとどまる。ファーウェイのスマホではP30 Proで16mm、P40 Proで18㎜と超広角の画角では物足りなさもあったので大いに満足だ。

 

f:id:hayaponlog:20210822200340j:plain

1倍

f:id:hayaponlog:20210822200431j:plain

10倍ズームでもくっきりと写る。

 

 ズーム倍率は広角端からの換算でデジタル最大200倍となる。過去の機種と起算位置が違うので注意ですが、こっちのほうが正しい。望遠レンズは3.5倍 90㎜相当と前作のP40 Proなどの望遠端で125㎜よりは抑えられてるが、センサーには6400万画素という高画素のセンサーを採用している。

 高画素センサーを望遠レンズで使う点では「エアリーディスク径の関係で性能を生かしきれないのでは」という声もあるが、P50 Proではその光学的限界をソフトウェアでカバーするところで解決。前年のウルトラハイエンドP40 Pro+とも引けを取らないズーム性能には驚くばかりだ。

 

f:id:hayaponlog:20210822201149j:plain

 夜景モードもかなり優秀だ。特にP40やP30シリーズでよく見られた不自然に黄色がかったりする写りが改善され、より見た目に近い形で撮れるようになっている。

 

 

 力を入れているVIVO X60 Pro+やAQUOS R6も夜景モードは善戦してるといえる。ここまでくれば好みの差だろう。

 

www.hayaponlog.site

 

 動画撮影も手ぶれ補正がしっかり効いて使いやすい。ただ、1080p 60fpsの設定では超広角カメラでの撮影はできないので注意してもらいたい。

 

f:id:hayaponlog:20210822205648j:plain

 前モデルであるP40 Pro+からの比較では、正直惜しいところがかなり改善されているといった印象だ。RYYBセンサーという高感度重視のセンサーだった反面、色表現ではやや難があるものでした。

 P40シリーズは色情報を補完するセンサーも積まれていはいたが、夜景モード使用時などでは黄色がかることがあった。今回のP50 Proではその辺のカラーバランスが改善され、 「目で見た色に近い」表現が可能になっている。ファーウェイのやや彩度高めのチューニングが苦手という方も手に取ってもらえるような商品と言えるだろう。

 

目で見たものに近いという表現は感覚的には近年のXperiaにも通ずるところを感じた次第。

 

www.hayaponlog.site

 

 

f:id:hayaponlog:20210822210038j:plain

 日本で販売されたもうひとつのライカスマホことAQUOS R6との比較では、正直P50 Proの方に軍配が上がる場面が多かった。AQUOS R6がいくら1型のセンサーを積んでいたとしてもソフトウェアはまだまだこれからといったところで、正直ソフトウェアまわりに関してはパイオニアとも言えるファーウェイでは相手が悪いとも言える。

 

 それでも、明るい場面では肉筆するような写真が撮れたりと被写体によってはあとは好みの差というレベルまでは達している。AQUOSに関しては今後の改良に期待したいという所でしょうかね。

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

カメラ以外もしっかり進化したP50 Proにせまる

 

 もちろん、カメラ性能以外も順当にアップデートされた形だ。核となるSoCはHiSilicon Kirin 9000もしくはQualcomm Snapdragon 888となる。どちらも今年のモバイル業界をリードするハイエンドチップセットだ。

 

 発売地域などでチップセットが違うのかと思いきや、9月以降は中国版でも順次Snapdragon版に切り替わるのではないかという情報もある。昨年のMate 40シリーズから細々とハイエンド機に積まれたKirin 9000の在庫もそろそろ潮時なのだろうか。

 

 

f:id:hayaponlog:20210822205035j:plain

画面性能は6.6インチ フルHD+解像度の有機ELパネルとなる。120Hzのリフレッシュレートにも対応し、この辺りはMate 40シリーズを踏襲してると言えるだろう。

 

f:id:hayaponlog:20210822204538j:plain

 個人的にはフロントカメラがセンターパンチホールとなったのがうれしいところだ。P40シリーズのあのバカでかいパンチホールは画質は良くてもどうも気に入らなくて…それでも同世代のものに比べるとカメラ部はやや大きめと言える。

 

f:id:hayaponlog:20210822204703j:plain

 P50 Proではステレオスピーカーを搭載。Mateシリーズとの住み分けなど、いろんな理由からステレオスピーカーを搭載していなかったPシリーズだけに今回のスピーカーはうれしい限りだ。

 

f:id:hayaponlog:20210822204252j:plain

 OSは近年のHuawei機では標準搭載となるHarmony OS 2.0 を搭載する一応AndroidベースのカスタムUIとなるので、既存のアプリ自体は動作するが残念ながらGoogleサービスは非搭載となる。

 中国ではHarmony OS 2.0 搭載の端末や家電が続々と発売されおり、これらとの連携の強さを売りとしている。スマホでも別の端末のカメラアプリを制御してマルチアングル撮影を可能にするなどのパフォーマンスが公表されており、今後の進展にも期待したところだ。

 ちなみにP50 Proの動作自体は、Kirin 9000搭載とあって快適そのものだ。

 

 試しに普段からプレイしているミリシタを起動させてみた。

ノーツ音がずれてしまうが、タイミングとしてはほぼ完ぺきともいえる。

 

5G通信とGoogleに非対応なのがあまりにも惜しいハイエンドスマホとなったP50 Pro

 

 米国の制裁の関係でP50 Proでは引き続きGoogleサービスは使用できない。特に今作は5G対応機器には部品の供給すら制限をかけるよう強化された背景もあって、5G対応も見送られた。

 ファーウェイとしてはP50 Proでは、2枚のSIMカードを同時通信させる。また公衆Wi-Fiなどを併用することで5G Sub-6規格クラスの通信速度は維持できると明かすが、5Gを推し進めるイノベーティブカンパニーとしては苦渋の決断と言えるだろう。

 そのため、どれだけカメラ性能が良くても他の足かせがあまりにも大きい端末となってしまった感は否めない印象だ。

 

 

f:id:hayaponlog:20210822204408j:plain

 

 確かにデュアルSIMデュアルアクティブのような挙動を確認できた。通信速度はキャリアアグリケーションなどに非対応な海外スマホとさほど変わらないように感じた。日本のように5Gの拡充が遅れてる地域では4Gのみでも意外と困らないのではと思ったところだ。

 

 

ファーウェイのカメラの進化を見届けてはや6年。P50 Proを買ったことには後悔はない

 

 ライカコラボ前のP8は本当にありふれたスマートフォンのひとつだった。日本では販売こそされなかったが、バリエーションモデルのP8 MaxとP8 Liteが発売され話題を呼んだ。

 カメラに関してはRGBW対応センサーこそ積んではいたが特別性能がすごい訳ではなかった。

 

 翌年のP9でライカとタッグを組んだデュアルカメラ、2018年のP20 Proでのトリプルカメラに数々のAI処理と言った点は間違いなく市場に衝撃を与えたものだ。

 その後もスマートフォンのカメラという分野においては常に業界とトレンドの最先端を走り続けたメーカーだけに、今年発売のP50 Proではもう「安心感」を覚える出来栄えとなっている。事前情報の不安要素は何だったのだろうかと忘れさせてくれる。そんなクオリティだ。

 

スマホカメラの現時点での究極系の1つを示していると言っても過言はないだろう。

 

f:id:hayaponlog:20210822205430j:plain

 こう見えて意外と過去のシリーズも保有している筆者である。どのモデルもそれぞれの個性があって面白いものだ。

 

 ただ、近年の情勢的にGoogleサービスが使用できない上に、次世代通信規格5Gにも非対応となる。そんな実用的に使いにくいスマホを約11万円という決して安い値段でないだけに普通のユーザーには申し訳ないが勧めにくいのが現実だと言えるだろう。

 また、今後は自社生産のKirinからQualcommのチップセットに切り替わるのではという報道もある。そのため、今後市場にも出てくると思われるQualcomm版P50 シリーズは現状唯一のX60モデムを搭載してない可能性のあるSnapdragon 888となるためいろいろ未知数である。

 

 特に、ファーウェイのスマホが行っていた高度な画像処理はKirinチップセットだからこそ出来ていた側面があるだけに、この分野が劣ってしまうような結果になってしまうと惜しいところだ。

それでもこの情勢下でファーウェイがハイエンドスマホを出せただけでも奇跡に近いだろう。

 

 

f:id:hayaponlog:20210822205307j:plain

 時を近くしてファーウェイのサブブランドから独立分社化したHonorからハイエンドスマホであるHonor Magic 3シリーズが発表されている。

 こちらはカメラ構成こそP50シリーズに近いが、画面解像度が高い点やカメラ特化の構成ながらSONY製のセンサーを搭載したりとP50シリーズよりもプレミアムなモデルとなっている。どちらかと言えばMate 40シリーズの後継に近い側面もあり、ある意味Mate 50シリーズという見方もできる。

 

 最上位のMagic 3 Pro+も発表され、カメラお化けみたいなスマホみたいになっている。お値段はヨーロッパの付加価値税込みで約19万円とLEITZ Phone 1もびっくりのプレミアムスマホだ。

 

 ただ、ファーウェイの発表会で触れたようなソフトウェアの話は多くは語られず、搭載チップもSnapdragonであることからこちらも正直未知数と言える。グローバル発表された端末のため、5Gにも対応しGoogleサービスが搭載されてる点などでアドバンテージはあるので、こちらを選ぶのも悪くないだろう。

 

 個人的にMagicを見送ってP50 Proを購入したのは、やはりKirinチップセットの存在だろうか。それとずっとPシリーズを買い続けたファンとしてやはり買わないと後悔するという念が働いたからと言える。

 

スマホのカメラにはスマホらしい進化の道がある。

改めてそう思わせられたスマホだ。

 

 意識することなく綺麗に撮れるのはスナップシューターとしては最適解の1つともいえる。また重量も200gを切ることから、画面サイズからしても比較的軽量なのもポイント高いといえるでしょうか。

 

それでは。P50 Proのファーストインプレッションでした