はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【レビュー】最強のノイズキャンセリングを備えた「SONY WF-1000XM3」は現時点におけるマストバイなTWSイヤホンだ!

どうも

 

今回はうっかり買ってしまったイヤホンをご紹介です

 


f:id:hayaponlog:20200816224121j:image

SONY  WF-1000XM3です。

 

 

 

 

こいつは何?

 

 

SONYが送り出すノイズキャンセリング搭載のTWSです。

 

実はSONYさん。

今から4年ほど前にWF-1000XというTWSでは数少ないノイズキャンセリングを備えたモデルをリリースしています。

 

筆者も短期間使用しましたが、音こそ良かったものの電池持ちがあまり良くないのと、接続性があまりにも悪くて友人に譲ってしまった思い出があります。

 

そこから年月のたった昨年。

Apple AirPods Proと真っ向勝負できるハイエンドTWSとしてWF-1000XM3がリリースされました。

 

この「M3」というネーミング…SONYのトップがカメラ部門だった方に変わったことからこのようなネーミングになったと思われますね。

RX100とかと同じような感じです。

 

ちなみにWF-1000XM2はありません。


f:id:hayaponlog:20200816224459j:image

 

充電ケースにはマグネットで固定されるので端子ズレとかの心配はなさそうです。


f:id:hayaponlog:20200816224353j:image

充電ケースはUSB-Cでの充電が可能です。

 


f:id:hayaponlog:20200816224617j:image

 

本体はTWSとしては大型の部類に入ります。

小型のBluetoothヘッドセットのような感覚ですね。


f:id:hayaponlog:20200816224656j:image

AirPodsと比較しても本体部が大きいのが分かりますね。

 


f:id:hayaponlog:20200816225217j:image

 

結果としてケースも大型になっています。

これは微妙なところですね。

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

卓越した音質を実現したDSEE HX

 

当機種は6mmダイナミックドライバーと特別なものは設けておりませんが、ウォークマンでもお馴染みのアップコンバート技術であるDSEE HXを搭載しています。

 

そのため、TWSとしてはかなり音質面で優位に立てるものとなっています。

 

直近ではXperiaにも搭載されていたりしますね。

 

www.hayaponlog.site

 

 

 

TWSは左右独立という形状のため、大容量伝送可能なLDACやaptX HDはおろかaptXですら対応しているものは少ないです。

 

さらには、aptXのようなコーデックだと音切れが多発して使い物にならないと言った点もあり、高音質化はとても難しいものでした。

 

最初にリリースしたWF-1000Xは片耳に1回伝送してから反対側に伝送する仕組みだったために、音質こそ良かったものの音切れがすごく多発しました。

 

今作のWF-1000XM3では両耳に同時に伝送するものになっており、音切れはかなり改善しています。


f:id:hayaponlog:20200816225033j:image

このアクセスランプのある辺りにアンテナが張り巡らされており、接続性の改善に役立っている。

 

 

特にaptXと言ったコーデックが使えないiOSバイスにおいても音質差がさほどないのは大きな利点と言えるでしょう。

 

実際にiPhoneと接続した時にも「TWSとしては非常に音が良い」という感想でした。

 

サウンドクオリティなら現状世の中に出てるTWSの中ではトップクラスと言えるでしょう。

 

 

進化したノイズキャンセリング性能

 

f:id:hayaponlog:20200816225700p:image

専用のアプリにてノイズキャンセリングの設定が行えますが、これが非常に良くできています。

 

特にアダプティブサウンドコントロールという機能が優秀で、人が動いてるかどうか。

バスや電車に乗ってるのかを瞬時に判別し、最適なノイズキャンセリングを行うものになっています。

 

これに関してはアクティブノイズキャンセリングのパイオニアとしてのSONYらしさが生きており、ノイズキャンセリングをオンにしていながらも不快な高周波ノイズと言ったものを感じさせない音作りがされています。

 

外音が綺麗に消えてゆく感覚と言いますか。競合のAirPods Proよりも自然な処理だと感じましたね。

この分野に関しては往年のウォークマンと言い特筆する機能と言えますね。

 

 

電池持ちも文句無しのレベルに

 

電池持ちにかなりの課題があった初代から比べると大幅に伸びています。

 

普通に1日2時間程度の使用なら使わない時にケースに戻したりすることで、1週間はまるまる使えると思います。

 

また、10分で90%まで充電できる急速充電機能も備えており、ほんの数分で使えるようになるのは嬉しい点です。

 

難点は本体の大きさと防水非対応か

 

ノイズキャンセリングに高いバッテリー性能などを詰め込んだ結果、本体サイズは競合他社のものに比べると大型になっています。

 

イヤーピースでトリコンイヤーピースも付属こそしてますが、耳に完全に収まる部類のものに比べるとフィット感は劣ります。

 

本体も耳から大きく飛び出すので人によって好みが分かれるものになるでしょう。

 

 

防水非対応なのは人によっては惜しい点と捉えるでしょう。

完全防水まで行かなくても防滴クラスは備えてくれると安心という声も分かります。

 

現時点で最強のTWSのひとつだ


f:id:hayaponlog:20200816225146j:image

あらゆるメーカーからTWSが出てきてまさに世は戦国時代とも言えるこの市場。

 

その中でも現時点における最適解のひとつがコレとも言える商品です。

 

本体が大きいと言った声や、AirPods Proなどには接続性が劣る点もあります。

 

それでも、現時点でこれより音の良いTWS仕入れるとなれば、それそこMMCXアダプタタイプのものに数万クラスのイヤホンを付けると言ったものしか思いつきません。

 

なにより、このタイプにはノイズキャンセリングやマイク類の付加機能があるものは少なく、ヘッドセットになり得るものが少ない印象を感じます。

 

そんな中でもノイズキャンセリングという付加機能をつけながらもDSEE HXで接続デバイスにおける音質差をある程度改善したWF-1000XM3は、現時点におけるひとつの最適解と言えるTWSと感じました。

 

 

それでは