はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【レビュー】スペックは低いが安心感は高い「Galaxy A21」はお得にドコモで買えるスマホだ

どうも

 

以前に買ってたスマホのレビューとなります。


f:id:hayaponlog:20210420114958j:image

今回はGalaxy A21です

 

 

 

これは何?

 

ドコモさんにて発売されているサムスン製のエントリー向けスマートフォンです。

 

スペックが低い分、価格も22,000円と控えめでその手の方なら1度は手にしたことがあるモデルかと思います。

 

 

Galaxy A21のスペックとか

ざっくり書くとこんなところです。

 

SoC:Exynos 7884B

メモリ 3GB

ストレージ 64GB

 

画面 5.8インチ HD+

 

カメラ

フロント:500万画素

リア:1300万画素

 

バッテリー:3600mA/h

 

防水防塵、おサイフケータイ対応

 

Galaxy A21はドコモにて発売ののエントリー向けスマートフォン

 

実は昨年春にGalaxy A20というモデルがドコモとauから発売されていましたが、そのモデルをベースに一部性能がアップしたものになります。

 

特にリアカメラは800万画素→1300万画素

ストレージは32GB→64GBと倍になっており、A20よりも使いやすくなっています。

 

ちなみにお値段は22,000円となっています。

 

勘のいい方ならお分かりかと思いますが、一括1円需要のためにあるようなスマホだったりします。

 

 

ちなみに日本版のGalaxy A20/A21は概ねグローバル版のGalaxy A10に準拠しており、海外版のGalaxy A20シリーズとは別物であることに注意して欲しい。

 

海外版のGalaxy A20に当たるのは、日本ではauよりGalaxy A30としてリリースされています。

 

分かりにくいですね。

 

Galaxy A21は安いながらも防水おサイフケータイをしっかり積んだスマホ

 

このGalaxy A21は2万円台前半という価格ながら、日本固有機能でもあるおサイフケータイや防水防塵をしっかり搭載したスマホになっています。

 

また、本体も比較的コンパクトでありこの価格帯域に多い中国メーカーあるあるの大画面機ではないのも特徴です。


f:id:hayaponlog:20210420115030j:image
f:id:hayaponlog:20210419162734j:image

画面はティアドロップノッチを備えたフルディスプレイモデルとなっています。

 

ベゼルが太いのは液晶パネルかつ、安価なモデルだからかと思いますね。


f:id:hayaponlog:20210419164611j:image

防水なので多少の水濡れなども安心して使える。

 

本体は樹脂製となっており、価格相応の作りと言える。

 


f:id:hayaponlog:20210420120114j:image


f:id:hayaponlog:20210420120208j:image


f:id:hayaponlog:20210420120222j:image



f:id:hayaponlog:20210420120545j:image

何枚か撮ってみましたが、まぁ価格の割には頑張ってると思います。

 

性能は低めでコスパは悪いが、ドコモでサポート付きでケースを含めて買える安心感は捨てがたい

 

 

正直Exynos 7884Bというプロセッサーはどれほど高性能というわけではありません。

 

性能的に近いのはGalaxy FeelやHuawei P10 Lite辺りのモデルで、2〜3年前のミドル帯と呼ばれるクラスです。

 

現在のモデルではRakuten miniが近いかなと思います。

 

新機種になったからと言ってスペックが向上したというのはほとんど無く、基本的にはGalaxy Feel辺りを使ってたユーザーの乗り換えとかが多いみたいです。

 

そのため、基本的にハイエンドしか使わないようなユーザーはターゲットに置かれてなく、基本的には「はじめてスマホを使う層」や「今まで使ってたスマホで満足していた層」がメインターゲットです。

 

 

 

ちなみに22,000円という価格で3年以上前のHuawei P10 Lite程の性能しかないの?と思うのもまぁ分かります。

 

ソフトバンクのRedmi Note 9T 5Gはコスパモンスターなので除外ですが、安くて性能高い機種もありますし、SIMフリー機を見てみればRedmi 9TやOPPO A73といったハイコスパモデルも多くひしめいています。

 

 

www.hayaponlog.site

 

その中でも防水防塵とおサイフケータイの両方を備えたモデルは無く、かつキャリアの手厚いサポートを受けられる端末もそう数はありません。

 

また、XiaomiやOPPOのスマホにはない「カンタンモード」もしっかり搭載されており、ソフトウェア面でも玄人向けの前者より使いやすいものになっています。

 

そのうえでキャリア契約込ならほぼ高確率で1円で買えるお手頃さもあって売れてるのかなと思います。


f:id:hayaponlog:20210420115818j:image


f:id:hayaponlog:20210420115836j:image

安いながらもイヤホンジャックとストラップホールを備える点は特筆できると言えるだろう。

 

また、ドコモショップで純正のケースやアクセサリーも揃えられるのでこれも利点と言えるでしょう。

 

 

Galaxy A21をまとめると

 

 

ドコモで買えるお手ごろでとりあえず使いたい機能がまとまったスマホと言えるでしょうか。

 

車に例えれば「高速道路はきついけど、仕事場や近所のスーパーに行くくらいなら問題ない軽自動車」というようなスマホです。

 

そのため性能は控えめですが、安価な上に今までのスマホやケータイにあった機能がしっかり使える点は魅力と言えるでしょう。

 

なので、これをハイエンド機しか使って来なかった方が「このスマホはスペックが低いので何もできない」というのは間違えではないと思いますが、比較対象がまるで違うのでナンセンスだなと感じるところです。

 

今まで一括1円でGalaxy S8やS9を使ってたから、また1円でこのスマホに乗り換えようかな!となるとスペックが大幅に下がります。

 

そのあたりが注意ですね。

 

 

今ならお安く購入して、楽天モバイルといった安価に運用できるキャリアで使うのも良いと思いますね。

 

SIMロック解除も即日でできるようになりましたので。

 

それでは