はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【レビュー】2台目スマホにもアリ!「Apple iPhone 13 mini」はシネマティックモードが新しい手のひらに収まるハイエンドスマホだ

どうも。

 

今年もりんご狩りの季節がやってきました。


f:id:hayaponlog:20210925161730j:image

今年はiPhone 13 miniにしてみましたのでファーストインプレッション的な何かです。

 

 

 

小さいボディにパワフルなスペックを兼ね備えたiPhone 13 mini

 

昨年発売されたiPhone 12 mini

日本では「小型でコンパクトかつ5G対応のハイエンドモデル」として多くのメディアなどで取り上げられました。

 

一方、世界的な売上ではあまり良くないとされ、後継は出ないという噂も多くありました。

 

そんな中で出てきてくれたのがこの13 miniなのです。


f:id:hayaponlog:20210925162142j:image

本体サイズは極めて小型と言える。

ベゼルレスで5.4インチというサイズはハイエンドスマホとしてはかなりの希少種と言える。

 


f:id:hayaponlog:20210925161801j:image

特徴的なのはカメラ配列。なんと斜めに配列されている。

これは1.7μmの画素ピッチを持つセンサーが積まれたことに由来する配置と言えるだろう。

 

実際、この大きさは昨年のiPhone 12 Pro Maxに積まれたものと同じものだ。

 

さらにはセンサーシフト式の手ぶれ補正機構も搭載。

標準モデルでもカメラ性能が強化された形となった。


f:id:hayaponlog:20210925161945j:image

さらにパワフルになったApple A15チップを搭載。

このサイズながら性能はApple A12X相当と3年前のiPad Proにも引けを取らないスペックとなっている。実際早い。


f:id:hayaponlog:20210925190409j:image

画面解像度もFHD+と呼ぶべきものだろう。

5.4インチという画面サイズもあってものすごく高精細だ。OLEDなので発色も問題ない。

 

Pro Motionのような120Hz動作には非対応だが、このサイズでやってしまうとバッテリー持ちも悪くなるのでトレードオフというところだろうか。

 


f:id:hayaponlog:20210925190446j:image

iPhone 13 miniは意外とバッテリー持ちがいい印象を受けた。

明らかにiPhone SEよりは良いですし、なんなら体感的にはiPhone 12 Proとさほど変わらないのでは?というくらいだ。

 

 

カメラ性能の高さとシネマティックモードが新しいiPhone 13mini

 

個人的にもビビッときたのはシネマティックモード

 

動画撮影時にピント合わせと背景ボケをAIが行うもので、誰でも映画のような仕上がりで撮影が可能というものだ。

 

このような撮影はXperia 1シリーズにあるCinema Proでも撮影ができるが、このような処理をオートでやってしまうという。

 

実際に使ってみると。確かに面白い。

ただ、私は1日使って機能自体に飽きてしまった。

 

やはりこの手のものは最初の面白さだけで終わってしまう。

人を撮ったりするのならまた感想は変わるんだろうなぁと。

 

ただ、XperiaのCinema Proのようなフルマニュアルに比べてると腰は重たくないので思い立って使うことはできるだろう。

使いこなした作品を見てみたいところだ。

 

f:id:hayaponlog:20210925170001j:image
f:id:hayaponlog:20210925170009j:image
f:id:hayaponlog:20210925165927j:image
f:id:hayaponlog:20210925165952j:image
f:id:hayaponlog:20210925165944j:image
f:id:hayaponlog:20210925165917j:image
f:id:hayaponlog:20210925170026j:image
f:id:hayaponlog:20210925165936j:image
f:id:hayaponlog:20210925170018j:image

カメラ性能は標準モデルでも普通に使えるレベルに。

 

今作ではフォトスタイル機能もついてある程度直感的なワードで出てくる色味に自由度を持たせることができるようになった。

 

さすがにカメラ特化のファーウェイ P50 ProやVIVO X60 Pro+といったスマホと比べるのは酷だと思うが、このサイズでコレだけ撮れれば十分すぎるのではないだろうか。 

 

www.hayaponlog.site

 

www.hayaponlog.site

 

ちなみに動画撮影はセンサーシフト式手振れ補正のおかげかiPhone 12世代のものよりも改善されています。

 

f:id:hayaponlog:20210925170108j:image

やはりiPhoneはレンズがサファイアガラス故なのかフレアやゴーストが目立ちやすい。

これはこれで上手く生かせれば面白いのだが。

f:id:hayaponlog:20210925181621j:image

夜景モードもしっかり使える。

なんか不自然なのはいつものことですね。

 

今回、iPhoneのProモデルを買わなかった理由とは?

 

例年通りならカメラハードウェアが強化された上位モデルに手が伸びるのだが、ここ最近はそうはならないのが個人的なところだ。

 

正直、筆者は世間一般的にスマホと言われる端末を常に用途別に5〜7台は持ち歩いている。

 

カメラ性能の高いやつ、動画を見るのに快適なやつ、ゲームするのが快適なやつ…

 

それぞれ使い分けている。


f:id:hayaponlog:20210925185151j:image

各々に魅力があるからこそ使っていたくなるものだ。

 

もちろん、iPhoneも常に持ち歩いている1台にはなるが、用途で言ってしまえば電子ウォレット。

つまるところ「財布」なのである。


f:id:hayaponlog:20210925162946j:image

今まで使ってたのはiPhone 12 Pro

正直、財布にProのスペックは必要なかった。

 

何なら今ウォレットとして使ってるiPhone 12 ProをiPhone 13 miniに変えるだけで持ち歩く重量が50gも軽くなるわけだ。

 

そして何より、iPhone SEよりも小さいことが挙げられる。ポケットへの収まりも良いのだ。


f:id:hayaponlog:20210925162045j:image

コンパクトと言われたiPhone SEよりもさらにコンパクトな1台だ。

財布として使うには最高だろう。

 

www.hayaponlog.site

 

 

ちょっとコンビニに買い物に行くだけくらいならこのスマホ1台あれば事足りてしまうのだ。

 

なのでスマホを複数持くような人には一番ちょうどいいスマホなのではないかな?と思うところでありますね。

 

 

スペック的には前作のApple A14でも十分に満足してたところもあって、これ以上のスペックが現状は必要としてないところもある。

試しにミリシタを。全く問題ない動作だ。

iPhone 13 miniはメモリ4GBだそうだが、メモリ6GBのiPhone 12 Proと比べて動作感はほぼ変わらないと言える。

 

また、iPhone 12 ProにあったLiDERもまだまだ対応コンテンツが少ないことからも今回はProモデルではなく1番小さいモデルにしました。

 

あとはiPhone 13 Proではカメラ性能を重視とは言いますが、それでも打倒Appleを掲げる中国メーカーをはじめとしたAndroid陣営もカメラ性能は特に重視しています。

筆者が持つスマホと比較するとiPhone 13 Proでも満足しない点が多いと予想している。

 

昨年みたいにiPhone 12 Proを買ってもほとんどカメラは使わなかったオチになりかねないのだ。 


f:id:hayaponlog:20210925163041j:image

確かにiPhone 13ProのPro Res撮影やApple Pro RAWフォーマットでの撮影などの魅力的な機能はあるが、しょせん財布にしかiPhoneを使えない筆者にとっては宝の持ち腐れである。

 

それなら割り切ってしまえというのが今回の選択にもなってますね。

 

 

最後に、iPhone 13 miniというスマホはポケットに2TFlOPSを忍ばせられるハイエンドスマホ

 

iPhone 13 miniというスマホ。

特別何かを削ったわけではないスマホながら「ハイエンドFeliCa載せコンパクト」という我々日本人がかつてから求めてきたものが具現化されてると言えるだろう。

 

この手のスマホはニッチで、ASUSのZenfone 8がFeliCaを載せたことでコアユーザーを獲得してることからも一定数の需要があるのは間違えないと言えるだろう。

 

普段使いでは困らないカメラ性能

面白いネタにもなるシネマティックモード

改善されたバッテリー持ち

全く困らないプロセッサースペック

 

そして何より、片手に収まるハイエンドコンパクトと言うのが最高の利点と言えるだろう。

 

さて。見出しにも書いたポケットに2TFLOPSとは何だろうか。

 

実は、このスマホに積まれてるApple A15のグラフィックス性能がだいたい2TFLOPSと言われています。

 

一昔前のゲーム機やゲーミングPCなんかよりも遥かに高い性能になっており、それがポケットの中で動くというロマンそのもののようなスマホに感じます。

 

最先端の性能と今どきのカメラトレンドをこのボディで体感できるのがなによりもiPhone 13 miniの魅力と言えるだろうか。

 

 

正直、iPhone 11や12を使うユーザーから見たら乗り換える必要はないかもしれないと思ったのが今回のiPhone 13シリーズを使った感想だ。

 

シネマティックモードとちょっと良くなったカメラ以外の進化点はさほど大きくない。

 

スマホにカメラ性能を求めるなら日本国内でもGalaxyやAQUOSにXperiaのハイエンドが比較的容易に買える環境にある。

 

なんなら今年発売されたこれらの機種に比べてもiPhone 13シリーズは特別優れてるとは言えない。それはProモデルでも同様だ。

 

カメラや画面性能、メーカー独自機能などから先に挙げた機種を買った方が幸せになれるパターンもあるはずだ。

 

それでは。ファーストインプレッションでした。