はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【レビュー】ライカ監修カメラの「AQUOS R6」は1インチの大型センサーで自然なボケを生かした写真が撮れるスマホだ

 

どうも

 

今回はやってしまいました。

 

AQUOS R6です

 

 

 

世界初※の1インチセンサーを積んでしまったカメラ特化スマートフォン。AQUOS R6

 

f:id:hayaponlog:20210626083547j:image
このAQUOS R6のデザインを見てまず目が行くのはこの大型の背面カメラだろう。

 

センサーサイズは1インチ。

大きさだけなら市場で出てるスマホでは最大であり、高級コンデジなどとも大きさだけなら引けを取らないものとなっています。

 

今回カメラのチューニングにはライカが監修で入っている。

スマホメーカーとの共同チューニングでは中国のファーウェイの例が挙げられるが、それに続く形となります。


f:id:hayaponlog:20210626080415j:image

フォトジェニックな写真が撮れることで話題だったHuaweiのライカ監修上位モデル。

 

特にP20 Pro以降のモデルの従来の常識を覆すような作例はスマホの業界トレンドにも波及し、各社のカメラ性能がわずか数年で飛躍的に向上するものとなった。


f:id:hayaponlog:20210626083931j:image

ファーウェイのライカ監修機と

 

www.hayaponlog.site

www.hayaponlog.site

 

 

そのため、このAQUOS R6はセンサースペックとライカの監修からも発表時から「カメラ性能」への期待値がかなり高い機種と言える。


f:id:hayaponlog:20210626083618j:image

センサーは2020万画素の1インチセンサーを搭載。

同社曰く、スマホ向けのものではない※という。

センサーが巨大なゆえに、近年のスマホによくある多眼化は見送られた。


f:id:hayaponlog:20210626083631j:image

リアカメラには深度センサー(tofカメラ)も備える。

同社としては深度センサーはカメラとはカウントしてないため単眼スマホと言われているが、他社の基準に当てはめると2眼という見方もできる。

 

レンズは35㎜換算で19㎜と一般に超広角に近い画角となっている。

ライカのズミクロンを冠するレンズとなっている。

 

 

作例はこんなところ

デフォルトではデジタルクロップで24㎜相当の撮影となる。

全て撮って出しの無編集です。


f:id:hayaponlog:20210626075453j:image


f:id:hayaponlog:20210626075508j:image


f:id:hayaponlog:20210626075527j:image


f:id:hayaponlog:20210626075643j:image


f:id:hayaponlog:20210626075658j:image


f:id:hayaponlog:20210626075714j:image


f:id:hayaponlog:20210626075726j:image


f:id:hayaponlog:20210626080501j:image


f:id:hayaponlog:20210626080524j:image

 

ライカを冠するファーウェイのスマホに比べると極端な主張はないが、昨年のAQUOS R5Gから大きく進化したのがうかがえる。

 

特にセンサーが1インチと大型なこともあって良くも悪くもボケみがスマホとしては強めとなる。

 

正直、昨年の私に「この写真らをシャープのスマホで撮りました!」なんて言ったらまず信じないだろう。思った以上の出来で驚くばかりだ。

 

特にファーウェイのライカ監修機に近い色が出るのは驚きましたね。

 


f:id:hayaponlog:20210626075758j:image


f:id:hayaponlog:20210626075815j:image


f:id:hayaponlog:20210626075850j:image


f:id:hayaponlog:20210626075903j:image

特に夜間撮影がダメダメだった前作からは飛躍的に向上している点は注目したい。

 

AQUOS R6夜景モードについては手持ちモードではだいたいシャッタースピードが1秒ほど、3脚モードでは4〜32秒をシーンに応じてオートで切りかえてくれる。

 

また、3脚モードは自動で切り替わるものになってます。GoogleのPixelなどと同じですね。

 

 出てくる色的にはファーウェイのP20 ProやP10あたりの機種に近いといったところだろうか。

 


f:id:hayaponlog:20210626075933j:image


f:id:hayaponlog:20210626075953j:image

また、AQUOS R6ではズーム性能はさほど高くない。

この辺りはテレ端(デジタルズーム144mm相当)となるが、さすがにディティールも潰れかかるようなものになっている。

 

 

 

6年前の1インチセンサー搭載スマホ?のご先祖様ことLUMIX CM10やファーウェイのライカ機と比べるとこんな感じ。

 

 


f:id:hayaponlog:20210626080239j:image

AQUOS R6 オート

f:id:hayaponlog:20210626084522j:image

HUAWEI P40Pro Plus ライカスタンダード

 

f:id:hayaponlog:20210626093019j:image

LUMIX DMC-CM10 インテリジェントオート

 

 

動画撮影に関しては手振れ補正がかなり優秀。OIS(光学式手振れ補正)はないものの、電子式の手振れ補正がかなり効いているのがわかる。

前作のAQUOS R5Gでは8K撮影もできたが、今回のAQUOS R6では非対応となった。

 

 

カメラだけじゃない。シャープが送り出す渾身のフラッグシップがAQUOS R6

 

1インチセンサーのカメラに注目が行きがちだが、画面性能なども大きく評価したい

 

ざっとスペックを書くとこんなところだ

 

SoC:Qualcomm Snapdragon 888

メモリ:12GB

ストレージ:128GB

 

画面:6.6インチ 2K+ Pro IGZO OLED

 

カメラ

リアカメラ:2020万画素 1インチセンサー

フロント:1300万画素

別途tofセンサーあり

 

バッテリー:5000mA/h

 

防水防塵、おサイフケータイ等あり

 

画面は液晶パネルを搭載し続けたRシリーズでは初のOLEDパネルとなっている。

ひとつ前のR5Gまでは全てIGZO液晶搭載のスマホであり、ある意味液晶パネルなのが長所でもありながら短所でもあった。

 

www.hayaponlog.site

 

 

画面解像度は2K+でおおむねトレンドを押さえつつも独自のものとしてPro IGZO OLEDなるものを搭載している。

 

特徴は可変リフレッシュレート対応で1~240Hzまでのフレキシブルに対応する点だろう。

 

Galaxy S21 Ultraにも似たような機能があるが、こちらのほうがよりフレキシブルと言える。

こちらの機能としては省電力にも寄与し、これにはIGZO液晶で培った制御機構などが盛り込まれているそう。

 


f:id:hayaponlog:20210626083735j:image

画面は6.6インチと大型。

発色もよい自社製のOLEDパネルを搭載


f:id:hayaponlog:20210626083751j:image

フロントカメラのパンチホールはなんだかんだでAQUOSでは初となる。

 

画面輝度も比較的明るく、直射日光下でも文字がしっかり読めるものだった。

 

指紋センサーは画面内蔵のものとなる。

Qualcommが開発した2本の指で同時認証する「3D Sonic Max」をなんだかんだで世界初搭載しています。

 

二本指での認証でセキュリティ面が高められるほか、認証範囲が広く指1本での認証時でもストレスも感じにくい。

 

認証速度は爆速、感度がかなり良いので画面内指紋認証の感度の悪さという面で悩む方には朗報と言えるだろう。

 

 

 

プロセッサはQualcomm Snapdragon 888を搭載と今年のハイエンド機らしいところはしっかり押さえ、メモリも12GBと必要十分と言える。

 

 冷却機構も優秀で長時間のゲームも問題なく。

ハイエンドながらイヤホンジャックを引き続き備える点は評価したい。

 

スマホとして使ってみるとハイエンド機というのもあって動作にストレスは感じない。

Snapdragon 888は比較的発熱の多いチップセットと言えるが、チューニングが良いのかよほどのことをしない限り発熱で「熱い」と感じることは少ない印象だ。

 

よほどのことの例

原神を最高設定かつ60fps設定で30分以上連続稼働させる

PUBG mobileで最高設定かつ、FHD解像度で2マッチ(40分前後)連続でプレイ

ベンチマークソフトを30分間ずっと稼働させる

など

 

また、パラレル充電のほかにもXperia 1IIにも搭載されていたHSパワーコントロールに近いものも搭載されています。


f:id:hayaponlog:20210626080058j:image

バッテリーいたわり機能とも言える「インテリジェントチャージ」を搭載。

 

画面点灯時は給電しない、バッテリー満充電を90%に抑えるなど、バッテリーを劣化させにくい工夫がなされているといえます。

 

 

AQUOS R6の心配点としては普通に使う分の不満はないが、今までにない高輝度にハイフレームレート対応なので素子の劣化(焼き付きやドット抜け)が心配な要素と言える。

 

このAQUOS R6でOLEDモデルは4作目となるので、初期のころにあった画面の耐久性も含めて改善されているのかと思います。

 

 

 

カメラ性能は先にも述べたが、スペック表に見えないところの利点に「単眼ゆえの親和性の高さ」が挙げられる。

アプリ内カメラは基本的に「メインカメラ」しか対応しておらず、多眼化故に使いにくかったりアプリによっては相性が悪いものもある。


f:id:hayaponlog:20210626080204j:image

Googleカメラも単眼でフル活用が可能。

 

Pixelのようなカメラを同居させることも可能だが、超広角カメラしかない仕様なので歪みの補正は別途Lightroomなどの現像ソフトで対応するとよいだろう。

 

いくつか惜しいところもあるが、今後に大いに期待できるAQUOS R6

 

そんなAQUOS R6ではあるが、惜しいところもない訳ではなく

やはり現時点のカメラの使いにくさや本体のアンバランスさがあるのは否めない。

 

カメラに関してはあの薄さに1インチセンサーを詰め込むというある種の「無理」をしており、レンズの光学性能的にはあまり良いと言えないのが現実だ。

 

さすがに端は歪むし、画質の低下や周辺減光もあるといえる。

f:id:hayaponlog:20210626080701j:image 

f:id:hayaponlog:20210626080724j:image

特に夜景モードでは周辺減光やフレアが目立った。

必要に応じてLightroomなどのアプリで補正すると良いだろう。

 

カメラに関しては画質はいいものの、マニュアルモードの使い勝手の悪さやクセについては好みが別れるだろう。


f:id:hayaponlog:20210626081404j:image

シャープらしいグリッドラインの豊富さは魅力だが、マニュアルモードの使い勝手の悪さは惜しいところ。


f:id:hayaponlog:20210626080849j:image

マニュアルモード 

シャッタースピード 5秒/ISO50

 

マニュアルモードでシャッタースピードはこれ以上の時間で撮ることできないが、スマホのマニュアルモードって普通の一眼カメラよりレンズが明るいので同じ感覚でやると白飛びするんですよね。

 

なので、これで逆にいいのでは?という見方もできます。


f:id:hayaponlog:20210626082159j:image
マニュアルモード内にある

色あい

明瞭度

コントラスト

 

の項目を変えると適度に色味を変えて撮れる。

モノクロ撮影も可能だ。


f:id:hayaponlog:20210626081923j:image


f:id:hayaponlog:20210626081936j:image


f:id:hayaponlog:20210626082014j:image

これはこれで面白く、特定のフォトスタイルのプリセットとして保存出来たら撮影の幅も広がる。

次回作やアップデートに期待しよう。

 


f:id:hayaponlog:20210626082739j:image

またデフォルトカメラのHDRの効きが弱く、現時点では逆光といったシチュエーションでは不向きなところも惜しい。これはこれで見た目に近いが周辺減光もあって暗めな印象もある。


f:id:hayaponlog:20210626083013j:image

一応Googleカメラである程度の補正はかけられるが、色が飛んでしまうことも多くありました。

 

この辺りもアップデートや次回作に期待という所でしょうか。

 

スマホとしては「簡単にかつ綺麗に撮れる」がモットーですので、マニュアルモードメインにて撮るような方は素直にXperia 1シリーズや中級クラスのコンデジを使いなさい!がド正論ですね。

 

また、最大望遠が6倍(広角端換算7.5倍)とカメラ特化ながら控えめな点も惜しいところかと。

 

競合他社のデジタル50倍とは言わないが、せめてデジタル10倍くらいあったほうが競合へのイメージやひとつ前のAQUOS R5Gとの比較の面でもよかったようにも感じます。

 

これに関しては他メーカーよりも画素数を落として画素ピッチを広げてより多くの光を取り込める仕様となっているため、どうしても画素数がものをいうデジタルズームでは劣るものとなる。


f:id:hayaponlog:20210626082548j:image

これもレンズの絡みだが、最短焦点距離は10cmとスマホとしては思った以上に被写体に寄れない。

モノ撮りなどで対象を大きく写したいときは2倍ズームを使い分けると良いだろう。

 

合わせてフォーカスが迷子になりやすい点、バッテリーが5%以下になるとカメラの動作が制限されると言った点がある。

 

そんな中においても「カメラ」で存在感を出してくるスマホなのは間違えなく、同社が以前から主張していた「なんとなくハイエンドスマホを買う時代は終わった」というものにこのAQUOS R6は見合ったものになっていると思います。

 

 

カメラ以外だとバッテリー持ちが5000mAhあるとは言えど、正直フルで使うと1日持つか怪しいところだ。

 

これはSnapdragon 888搭載機全般的に電池持ちが良くないイメージだ。

ただ、省エネ機能も多く搭載し、アップデートで変わったモデルもあるので悲観しすぎることはないだろう。

 

他には4K60fpsでの撮影が長時間できない(大体10分程度で熱落ち)といった点もある。

これに関してはFHD画質で撮影する等の対策をすればよいだろう。

 

また、ゲームなどに関しては熱落ちという現象はほとんどない。

原神の高画質/60fpsモードで20分ほど使ったらサーマルスロットが効いてクロックが落ちるような挙動はあったが、極端な処理落ちやアプリ強制終了は手持ちのものでは確認できなかった。

 

まぁ、ちょっと惜しい点もありますがカメラと映像体験にこだわる。そんなこだわりのある層にむけたフラッグシップスマホだと感じます。

 

 

最後に

 

まさかAQUOSにここまでのものを見せられるとは。予想外でした。

 

 

なんかこう。ファーウェイのP9やP20 Proが出た時の衝撃と言うんでしょうか。同じようなものを感じます。

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

カメラ強化のスマホと言えばHUAWEIにBBKグループ、Xiaomiと中国メーカーが強い印象を感じます。

 

特にライカを冠したファーウェイのハイエンド機や、Vivo X60シリーズ、日本での発売の決まったOPPO Find X3シリーズもファンからは好評です。

 

近年ではXiaomi Mi10/11Ultraのようにハードウェアに注力したモデルも増えてきました。

 

そのようなカメラ性能は「打倒ファーウェイ」「打倒サムスン」をかかげるようなメーカーとも対等に勝負できる実力をシャープが手に入れてきたというのが大きいかなと思います。

 

その上で液晶でないと難しいといわれた「高フレームレート」「高輝度」のどちらにも対応して、満を持してフラッグシップに乗せてきた点も大きい。

 

旧来のAQUOS RシリーズがOLEDを積まないのは、液晶でないとこれらの需要にこたえることができなかったためであり、そこを克服したからこそのものだろう。

 

 

今回のAQUOS R6はドコモとソフトバンクより発売となる。

ドコモ版は11.5万円という値段の安さが魅力となるだろう。

 

www.hayaponlog.site

 来月にはこのAQUOS R6をベースとしたライカ版のLETIZ PHONE1も発売となる。

 

まだまだ写真が中心のレビューですが、今後深くこのAQUOS R6の魅力をさぐっていきたいと思う。

 

f:id:hayaponlog:20210626092838j:image

キャリアモデルながら内箱のデザインが凝ってるのも気合を感じられて良いですね。

f:id:hayaponlog:20210626092907j:image

うーん。この違和感。これがなくなるくらいに浸透してくれると嬉しいですよね。

 

とりあえずシャープがこんなものを出して来れるのはある意味好調の証拠ですし、これに倣って他メーカーも面白いアプローチのスマホが出てくるのか期待したいですね。

 

 

それでは

 

 

※世界初の1インチセンサー搭載スマホはパナソニックのLUMIX CM1/CM10であるが、前者は国内では2000台限定での販売となっている。

 

またスマホではなく「コミュニケーションカメラ」として販売されているため、特性的には「カメラのおまけにスマホ機能がついている」という認識。

 

※SONYの1インチセンサーアクションカム「RX0」のものが使われてるのでは?と話題になった。