はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【レビュー】研ぎ澄まされたサウンド「Ultimate Ears UE18+ Pro」はあらゆる音を鮮明に描くおすすめのイヤホンだ

どもー今回は

 
実は久々にイヤホンを買いました

なんと…私もこんなところにまで手を出してしまいました。
f:id:hayaponlog:20220106212224j:image
UE18+ Proってやつです。
スマホのレビューばかり書いてるとPro+と間違えます。
 
 
実は後継でケーブルとコネクタが新しくなったUE18+ Pro to Goというものも出てます。
 
 
 

UEのハイエンドモデル

 
Ultimate Earsと言えばUE10ProやUE900などでお馴染みのメーカーです。
 
実はカスタムイヤーが本業みたいなメーカーで、日本人アーティストも愛用するモデルもあります。
 
筆者が学生の頃は高嶺の花だったUE18 Pro...
 
の後継機ですね。
高嶺の花を摘んでしまいましたとさ。
f:id:hayaponlog:20220106212401j:image
 
 
 

UE18+ Proのポジションは?

 
 
UE18 Proというイヤモニが同社のフラッグシップになっていました。
 
後にUERRが登場し、そこで使われた「TureToneドライバー」をフラッグシップに持ってきてリチューニングしたのがUE18+ Proです。
 

f:id:hayaponlog:20220106212307j:image
構成は3Way 6BAの構成
 
同社のイヤモニとしてもUE Liveに次ぐ上位のポジションです。
 
 

カスタムイヤーのユニバーサル版であるUniversal Fit

 
UEの上位モデルはほぼすべてカスタムイヤーとなっておりますが、近年ではユニバーサル仕様のものもあります。
 
メーカーもユニバーサルになることによって音質の変化はほとんどない。
製造過程も同じだと明言していることもあり、カスタムイヤーとほぼ同等レベルとみても良いと思う。
 
そのため、カスタムとユニバーサルの値段に差が無いのも面白いところ。
 
また、ユニバーサルなので人に布教しやすいのは利点ですね。カスタムイヤーの沼に誘いたい。
 
ちなみにUE18+ Proのユニバーサル版が通常販売されてるのは日本市場のみです。
一部地域ではDrop版などと呼ばれるシェルプレートのカラーが異なるものが数量限定で販売されることもある。
f:id:hayaponlog:20220106212615j:image
UEの金文字はユニバーサルモデルのみのオプションで、通常モデルのCIEMにはないとされています。
 

UE18+ Proを聴いてみた

 
今回の試聴曲はこちら
 
 
アイドルマスターミリオンライブより 
DIAMOND JOKER
 
強い。
 
画面分割処理検証用に100回はプレイしたので親の声より聞いたDIAMOND JOKER
曲調はバチバチに高音域が効いてて、低域も強い。
DJイベントで流されたら人差し指を刺しながら最前まで駆け寄る曲ですね。
DIAMOND JOKER

DIAMOND JOKER

  • 伊吹 翼 (CV.Machico)、徳川まつり (CV.諏訪彩花)、四条貴音 (CV.原 由実)、所 恵美 (CV.藤井ゆきよ)
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 
Tokyo 7th Sisterより
ミツバチ/Le☆S☆Ca
 
作曲が田淵智也氏(UNISON SQUARE GARDEN)と強い曲。
 
出会いと別れを惜しみ3人それぞれがこれからの歩む情景を描いた楽曲です。
誰がキャスト交代とともにこんな曲を出せと言った!というレベルの名曲。
Le☆S☆Caは5人でLe☆S☆Caです。
ミツバチ

ミツバチ

  • Le☆S☆Ca
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 
Wakana Covers ~Anime Classics~より
Get Wild
 
Karafinaのボーカルを担当されてたWakanaさんソロ名義のアニソンカバーアルバムより。
原曲は「シティーハンター」でおなじみのGet Wildです。
 
ストリングスアレンジとなってる上にWakanaさんが歌うとなればそれはそれは超絶お上品なGet Wildとなっています。
 
 
アスファルトタイヤ切り付ける車が石畳を馬車の車輪が切り付けるくらいにはお上品
Get Wild

Get Wild

  • Wakana
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 
スロウリグレット/田所あずさ
 
いつものです。
スロウリグレット

スロウリグレット

  • 田所あずさ
  • アニメ
  •  
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

 
f:id:hayaponlog:20220106212329j:image
プレイヤーはNW-WM1Aです。
 
 

音がいいって幸せですね

 
このクラスは一聴して別格だということを分からせられます。
 
さすが定価は2000ドルくらす。
並みの折りたたみスマホより高価なだけはあります。
 
端的に言うと音の定位はモニターを言うだけあってハッキリしていて、かつ分解能もUERR以上と文句なし。
 
あらゆる音が今までにないくらいの鮮明さで広がります。
 
さらには空間表現というか、サウンドステージが広いですね。
 
腰の座るしっかりした低音域があって、透明感あるボーカルが綺麗に合わさっていく。
楽器類の解像感は恐ろしいくらい高いですね。
さすがプロ向けイヤモニと言わんばかりです。
UERRとの違いは音の近さとサウンドステージの広さでしょうかね。
UERRは完全なモニタリング特化のイヤモニということもあって、楽器やボーカルの距離はかなり近いです。耳元の横からやや後ろ側で楽器が、頭の真ん中でボーカルがという形で鳴ります。
 
サウンドステージとしてもUEのイヤモニの中ではやや狭めの印象を受けます。
 
ギターやベースの音を拾う、自分の声のモニタリングと言う意味なら圧倒的にUERRの方がやりやすいと言えます。
 
 
一方UE18+ Proは音が大体平均的に散らばったような形となります。
 
ボーカルの定位はほぼUERRのまま全体的にサウンドステージがぐっと広がって、楽器の角がやや取れたようなサウンドになります。
 
そのため音の刺さりは少なめなUERRよりさらに少ないです。
 
同等クラスのWestone ES60と比べると、ES60の方がより全体的にバランスがいいかなと感じます。
 
ただ、サウンドステージの広さや楽器ひとつひとつの鮮明さはUE18+ Proに部があるようにも感じますので、使い分けると良いかなと思いました。
 
同じユニバーサルイヤモニの系譜であるFitEar to Go 334ともまた違う。
334がやや中域にフォーカスを当ててるのに対して18+Proは全域が滑らかかつ極度な解像感で疲れさせない不思議な魅力があります。
 
ただ、BA6機積んでる関係か比較的音量はとりにくい部類のイヤホンとなる。
 
イヤモニと言えば高能率で遮音性が高いことからそこまでボリュームを上げなくても音量が取れるが、UE18+ Proだとむしろボリュームを上げたくなるのだ。
上げても心地よいというか、体にしみるように入ってくる。
UERRでも感じたがなんとも言えない不思議な感覚だ。

 

UE18+ Proはオススメか?

 
私としては「とりあえず買っておけ!後悔はしない」と言いたいところではありますが、正直これをいきなり皆さんにいいぞ!と言ってお買い上げできる代物ではありません。
 
私もいくら安く買えたといえど、普通の人からすればかなり外れた感覚です。
 
定価はここを見て…ください。
ここまでになればリスニング機だとIER-Z1などのウルトラハイエンド機や、他社を含めたカスタムイヤーも視野に入れられるものになります。
 
正直コスパ云々のものではありません。
 
 
それでもひとつ言えるのは、アーティストがライブで聴いてる世界というのが少しは体感できるかなというところです。
 
ある意味完成されたバランスで、オールジャンルに対応できる素晴らしいイヤホンだと思います。これ買えば普通の人はもうイヤホンはこれ以上いりません。
 
と言うことで久しぶりに個人的リファレンスを追加した形となりました。
 
もうイヤホンを買うことは無いでしょう。
 
それでは