はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

Galaxy S22 Ultra レビュー Galaxy Noteの生まれ変わりな最強スマホを試す

 どうもこんにちは。今回はサムスンのGalaxy S22 Ultraのファーストインプレッションとかを書いてみたいと思う。

 

 

Galaxy Noteのエッセンスを加えたスマホの決定版がGalaxy S22 Ultra

 

 

  Galaxy S22 UltraはGalaxy Noteの生まれ変わりだ。 このスマホを一言で言うならこんな端末になるだろう。他のSシリーズとはデザインコンセプトが異なり、Sシリーズという名前が付いていながら、Galaxy Noteの系譜にある端末なのは誰の目から見ても明らかだ。


f:id:hayaponlog:20220407122009j:image

Galaxy S22 Ultraの特徴として、スライタスペンである「S-Pen」を本体に収容できるようになった点だ

 

 Galaxy Noteシリーズ最大の特徴とも言える機能をSシリーズながらも搭載している。従来機種同様にペンはカメラのリモートシャッターなどにも利用可能で、利便性については変わらないものとなる。


f:id:hayaponlog:20220407122034j:image

画面サイズも6.8インチと大型だ


f:id:hayaponlog:20220407122710j:image

今回レビューのグリーンはXperia 5IIIのものにも近い色だ。日本発売はなさそうなのが惜しいところ

 

www.hayaponlog.site

 

 

さらに撮りやすく、扱いやすく進化したカメラ性能

 

  このGalaxy S22 Ultraを語るうえで外せない点は光学10倍望遠を含めた4眼カメラだ。メインセンサーは同社の1億画素のものを採用しており、センサーサイズも1/1.31型と大型だ。 

 Galaxy S21 Ultra同様の「使いやすさ」に重点を置いた仕上がりはそのままに、さらに画像処理に磨きをかけた仕様となっていることを改めて感じた次第だ。


f:id:hayaponlog:20220407122051j:image

メインセンサーは1億画素のものを採用した4眼カメラ

 

www.hayaponlog.site

 

 撮影機能として、フォーカスエンハンサーやフレーミングガイドなど、サクッと簡単に撮れる機能が充実しているのが大きな特徴だ。高倍率ズーム時は枠線が出てきて、枠が黄色くなれば手振れ補正がかかる形だ。100倍ズームクラスでも強力な手振れ補正が入ることから、一般的な100倍ズームスマホよりも格段に撮影しやすくなっている。以下Galaxy S22 Ultraでの作例となる


f:id:hayaponlog:20220407122113j:image


f:id:hayaponlog:20220407122128j:image


f:id:hayaponlog:20220407122202j:image
  ここまではデフォルトの広角での作例となる。Galaxyらしい青が強めの色で、簡単に映える写真が撮れることが特徴だ。


f:id:hayaponlog:20220407122222j:image


f:id:hayaponlog:20220407122554j:image

f:id:hayaponlog:20220407122237j:image


f:id:hayaponlog:20220407122249j:image

  3倍望遠はモノ撮りやフードフォトで使うと効果的だ。「ちょっと寄りたい」という時には重宝する画角となり、様々なシーンで利用できる。また、焦点距離や被写体に応じてメインセンサーとフレキシブルに切り替わることから、撮影時のミスはかなり少なくなっていると感じる。


f:id:hayaponlog:20220407122306j:image


f:id:hayaponlog:20220407122325j:image

  10倍ズームは遠くのものを写したい時には便利だ。専用レンズなだけあって、iPhoneなどよりもくっきり仕上がる。デジタルズームの上限である100倍ズームは、以前よりも撮影しやすくなり、月などにもピントを合わせやすくなった。


f:id:hayaponlog:20220407122354j:image



f:id:hayaponlog:20220407122419j:image


f:id:hayaponlog:20220407122442j:image

超広角はダイナミックに情景を切り取れる。Galaxyの場合は広角端が広いのも特徴だ。



f:id:hayaponlog:20220407122454j:image
 暗がりでは見た目よりやや暗めに撮れる印象。オートで夜景モードになったが、色はそこそこ再現出来てる模様。近年のGalaxyの傾向としては「青が強く出る」というのが特徴的だ。特に空の青は特徴的で、晴れ間にこのスマホで撮ると簡単に情景映えする写真が撮れる。


f:id:hayaponlog:20220407122535j:image

 

 動画撮影も切り抜き処理は入るものの、非常に優秀な手ぶれ補正が備わっている。普段使いでは文句なしの撮れ具合と言える。

 その中でもGalaxy S22 Ultraの特徴はメインセンサーの高画素を生かした劣化の少ないロスレスズーム。10倍望遠を搭載したことによるズーム時画質の向上と、3倍の補完倍率を持つ扱いやすさと言えるでしょう。

 

 

カメラ以外も高いレベルでまとまってるGalaxy S22 Ultra

 

 Galaxy S22 Ultraはのバランスの良さが魅力のスマートフォンというべきだ。カメラ性能は高いが、それ以外の機能もしっかり備わっている。一部機能特化のスマートフォンはハードウェア的にもバランスが悪い機種が全体的に多いなか、全方面に強いのはやはりGalaxyだ。

 

 Galaxy S22 Ultraは6.8インチの2K解像度を持つAMOREDパネルを搭載。LTPO技術を用いてリフレッシュレートは1〜120Hzで可変する仕様となっており、これによって省電力化を達成している。加えて、画面輝度がものすごく高いものになっており、有機ELパネルでありながら屋外での視認性も良好だ。

 

 核となるプロセッサは発売地域によって異なるがQualcomm Snapdragon 8 Gen.1または、SAMSUNG Exynos 2200の2つが存在する。どちらもハイエンドチップと呼ばれる高性能なものになっており、フラッグシップに恥じない性能の高さと言える。

 ドコモやauで発売が予定されているモデルはミリ波対応の関係もあってSnapdragon 8 Gen.1を採用している。性能には大きな差がないと言われているが、画像処理の性能差やゲームへの最適化などの点でSnapdragon版が優位と言われている。

 レビューしてる機材はSnapdragon 8 Gen.1を採用しているだけあってパフォーマンスに不満はない。近年出ている重量級なゲームでも余裕の動作だ。筆者としてはSnapdragon 8 Gen.1端末はXiaomi 12 Proに続いて2機種目だが、満足のいくパフォーマンスである。

 

www.hayaponlog.site

 



f:id:hayaponlog:20220407122842j:image

 本体スピーカーはステレオ構成となる。サウンドについてはAKGチューニングとなっており、スマホのスピーカーにしては音質も良い。前作より本体の厚みが増した関係か、音量自体も大きくなっている。

 

 電池持ちはGalaxy S21 Ultra比較で若干劣るかという印象だ。Snapdragon 8 Gen.1採用で消費電力が上がっていると考えると妥当と言える。

 Galaxyと言えば「One UI」というカスタムUIを採用している。競合するAndroidスマートフォンよりもカスタム度が高いものになっており、中国メーカー機とiPhoneのいい所どりをしたようにも見える。この辺りの完成度の高さもあって非常に満足度の高い仕上がりだ。

 

全方面で妥協なきスマホ。手に取って欲しいGalaxy S22 Ultra



f:id:hayaponlog:20220407122928j:image

 Galaxy S22 Ultraというスマホ。個人的には「最強の全部載せスマホ」の決定版と言えるものだ。

 各社スマートフォンにおいても「選択と集中」を図って得意分野を強化する中、スマートフォンの覇者とも言えるサムスンから発売されたのは「究極の全部載せ」と言える端末だった。

 

高輝度大画面パネル

卓越したカメラ性能

妥協のないハイエンドスペック

スライタスもしっかり使える独自性

 

 上記のように多少なりギークな要素はあれど、これに勝るものは少ない。先程、日本でも正式に発売が決まったので、これから目にする機会も多くなるはずだ。

 ハイエンドモデルにふさわしいスペックを持ち、日本版はおサイフケータイにもバッチリ対応。スペック的にもローカライズにおいても文句の無い仕上がりのスマートフォンだ。

 Galaxy S22 Ultraは〇〇の機能がすごいスマートフォンではなく、全ての評価点が高い上でカメラ性能とスライタスペンが特徴のスマートフォンと評価するのが妥当だ。この辺りは前作となんら変わらない気もしますが…

 一部で話題のソフトバンク系VoLTEもアップデートで対応したようだ。海外モデルを選ぶ幅が広がるが、技適の無い端末なので使う時は自己責任でお願いしたい。

 もっとも、この辺は今後もじっくりレビューしてみたいと思う。それでは。Galaxy S22 Ultraのファーストインプレッションでした。