はやぽんログ!

ガジェット好きなアイマスPがミリシタの事とかスマホの事とか書いてます。

はやぽんログ!

【夜景撮影】iPhone 11 Proのナイトモードを他のスマホと撮り比べてみたよ!

どうも

 

今回は夜景モードを撮り比べしてみました


事の発端は、たまたま撮り比べしたものの中から

iPhoneはどれ?」と皆さんにTwitterでアンケートをとってみました

そしたら意外なまでに拮抗した結果となりました

 

 

投稿はこちら。

実に500人以上の方にアンケートに投票していただきました。ありがとうございます!

 

今回はこの4枚の中から皆さんにどれがiPhoneで撮ったものだか当てていただきました。


では正解を発表します。

正解は…

 

 

 

 

 

 

2枚目!




2枚目のこちらがiPhone 11 Proで撮影したものになります。

特徴としては


・ナイトモードながら色味はあっさりしている
・露出の補正が丁寧
・ノイズ処理が後発なだけに丁寧

 

良くも悪くもAppleらしいといえばらしい絵です。
従来モデルより大幅に進化していることからも単純比較は難しいものになっています。

ちなみに正解率は28%

4人に1人くらいでしょうか。

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

それでは他の写真も見ていきましょう




1枚目 Google Pixel 3

この中では唯一の2018年モデルとなりました。

特徴としては
・明るく出そうとする
・やや青みの強い絵になる
・ノイズ処理にやや粗が見られる(それでも十分)

となります。特に明るくするのが大きな特徴で、照明が白飛びしたりとこのような高コントラストの被写体では相性が悪いともいえる結果になりました。

こちらは23%とやや低い結果に

 

 

www.hayaponlog.site

 




3枚目 Huawei P30 Pro

夜景番長 ISO409600まで盛れるカメラお化けです。

特徴としては

・RYYBセンサーゆえに、黄色や緑が強い絵になる
・夜景モードはシャープネス強めのディティールが強いものになる
・色味はややこってりしたものになる。彩度が高い

 

となります。この4機種の中では最も特徴的な絵を出す機種になります。

橋の下の骨組みまでしっかり描写してるので、基本性能も恐ろしく高いです。

アンケートでも22%と一番得票数が少ないことからも、「これは明らかに違う」と分かった方も多かったかもしれません

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

www.hayaponlog.site

 

 




4枚目 Galaxy S10 5G

次世代Android機のグローバルスタンダード

特徴としては

・夜景モードではやや白が強い絵で出る
・露出補正が素晴らしく、カラー補正も入るので見た目はとてもきれいになる
・シャープネスの強い絵となり、「カリカリした」ような表現になる

今回は全体の28%で同率の得票数を獲得しました。絵としては最も自然に見えた一枚だと思います。

また、こちらの機種は5Gモデルとなりまして4眼カメラとなっております。国内版と仕様が若干異なるのは悪しからず。

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

www.hayaponlog.site

 

感想


今回、このような客観的な数字をみて感じたことは

iPhoneも夜景が強い他社のフラッグシップ機に並んだなぁと

これらの機種に比べて明らかに劣っていれば、すぐ見分けがつきます。

逆に明らかに変な補正が入っていればそれも見分けがつきます。

ただ、今回は4機種共に綺麗に割れたことからも

それを私だけがそう思ったのではなく、客観的にもiPhoneのナイトモードがすごいと思えるものなのだなぁと。

 

ちなみに、これら4機種全ての写真を当てた方もいらっしゃいます。

 

コメント頂いた方で2名 それ以外にもいらっしゃるかと思います。

 

もう大手評論家様でしょうか…さすがです。


ここからはちょっと番外編

 




これはSONY Xperia 1

白飛びも少なく、ディテールもしっかり出てますが、上記の機種にくらべるとちょっと暗い印象。

夜景モードのアップデートに期待ですね。

 

 

www.hayaponlog.site

 




こちらはAQUOS R3

やはり上記の機種たちに比べると惜しい。ディテールは出ているが、ノイズ処理は微妙なところ

 

 

www.hayaponlog.site

 




こちらはHuawei P20 Pro

昨年度肝を抜いたカメラ性能は健在といったところでしょうか。
くっきりながらRGGBセンサーなので空は黄色ではなく白が強いもがポイント

 

 

www.hayaponlog.site

 




こちらはSONY Xperia XZ2 Premium

AUBE搭載のISO感度51200まで盛れるSONYの隠れ変態機。
個人的にはXperia 1よりも夜景に関しては好印象です。結構盛れますが、このような被写体ではかなりノイジーになります。

 

 

www.hayaponlog.site

 

 




こちらはiPhone Xs MAX

昨年のiPhoneでありながら11シリーズとは決定的に違います。
スマートHDRのおかげで見たままに近い色になっています。

 

 

www.hayaponlog.site

 

 

さらに番外編

 



こちらはNokia Lumia 1020

 

2013年リリースの機種ながらディテールも潰れておらず、ノイズもさほど目立たない。

6年前のスマホと考えればかなり健闘してると思うり

 



こちらはGalaxy S7 edge

ややノイズは乗ってしまうが、ノイズ低減処理をすればまだまだ普通に戦える。

こちらも3年前のスマホとなります。

 

 

どうでしたでしょうか。iPhoneも夜景に関しては大幅に進化したと思います。

 



2倍ズームでの撮影はさらに大きく印象が変わります。

 

不満点はいくつかありますが、個人的には超広角カメラでも夜景モードが使えると嬉しいですね。



超広角での作例

今回のiPhoneは先にも書きましたが、夜景に強いといわれた機種たちと並ぶ性能を持っています。

特にナイトモードでの露光時間をマニュアルで調整できる点は大きく、この部分に若干の自由度があります。

 

iPhoneだからGalaxyやHuaweiに比べると写真は微妙…という感想もしばらくしたら聞けなくなるのかもしれません。

 

ちなみにこの場所…新潟の長岡大花火大会に来たことのある方ならピーンと来るかもしれない…あの場所です。

 







ポートレートモードはちょっと使いこなせればボケだったり料理にも使えたりします。

 

これを機に新型iPhoneを手にした方は色々と撮ってみると良いでしょう。

 

それでは